処々てくてくテケテケ

HOME   TWITTER   FACEBOOK

1ページ4ページ中

smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED AL - #1

2013.09.30 | ○ Teku*-Kasha*

Teku*-Kasha*
「 smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED AL - #1 」




Seesaa - smc DA 16-45mm

※写真をクリックすると別室ブログのページを開きます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まだ離陸まで1時間ちょいあるのでデッキに出て離着陸する飛行機でも・・・
じゃなくて、離着陸する飛行機を見学している人々を眺めて時間を潰します。
ここは鹿児島空港、遠方に覗いているのは霧島連山です。

JetStar機後方右が高千穂の峰、左のキントン雲の下が韓国岳。
先年大噴火を起こした高千穂の峰の左隣に見える新燃岳は今はおとなしい。

連休だったせいかひっきりなしに人がやって来ます。
今は午後3時、丁度 JetStar 機が着陸したところ。
・・・
おっと、なにやら一人の男の子が走って来ました。
何かあったのかな、どうしたんでしょう?





続きは、別室ブログページ 「 smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED AL - #1 」 へどうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

smc FA 50mm F1.4 - #3

2013.04.07 | ○ Teku*-Kasha*

Teku*-Kasha*
「 smc FA 50mm F1.4 - #3 」




Seesaa - smc FA 50mm F1.4 - #3

※写真をクリックすると別室ブログのページを開きます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


お殿様の居住空間は天守閣と勘違いしている人も多いのですが、
実は本丸御殿や二の丸御殿などがそうです。
・・・
写真は4年前。その前年春に再建された熊本城本丸御殿です。
整然としたストライプ模様の本瓦屋根も見事です。
手前に見える付け足された下足室の下屋部分が無粋ですが、
御殿自体は本格木造の素晴らしい建物でした。

詳細はこちらの公式HPでどうぞ。
○ 熊本城公式ホームページ

ところで今に残る現存御殿は天守より少なく、4城しかありません。
高知城、川越城、掛川城、二条城です。
熊本城の本来の御殿は西南の役で消失しました。
歴史好きの方はご存知かもしれません。
・・・
そう言えば、先の大戦で米軍空襲により消失した名古屋城本丸御殿も現在再建中。
楽しみです。 ○ 名古屋城本丸御殿


前回は眼にも眩しい「 雅 」 処理に邁進した反動から、
今回は 「 銀残し 」 処理に近い画を意図している。
・・・
DxO FilmPack にクリエイティブ・プリセットなる出来合いの処理があるのだが、
その中の一つ 「 Garage 」 なる処理が 「 銀残し 」 に近い。
総じて彩度が落ちるのは他ソフト同様なのだが、
緑の発色が記憶にある昔昔に観た映画のそれに近いような気がする。






続きは、別室ブログページ 「 smc FA 50mm F1.4 - #3 」 へどうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

smc FA 50mm F1.4 - #2

2013.03.23 | ○ Teku*-Kasha*

Teku*-Kasha*
「 smc FA 50mm F1.4 - #2 」




Seesaa - smc FA 50mm F1.4 - #2

※写真をクリックすると別室ブログのページを開きます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


時期が時期だけに桜かと思われたかもしれませんが、梅です。
今年の梅は例年より半月程遅れて咲きました。

例年であれば梅と桜の開花の間隔はほぼひと月なのですが、
今年の桜はと言えば、1週間から十日ほど早く咲き始めており、
これじゃぁ梅も桜もびっくりしていることでしょう。



その梅、桜もだが順光で撮ると花弁が無様に肉厚に写ってしまい興醒めになることが多い。
よって、なるべく逆光もしくは半逆光で撮るようにしている。

当然ながら逆光ではカメラが「うわっ明るすぎだろ!」と暗く写そうとするから
露出を+補正しなければならない。
この時は木の影ながら奥の花弁に光が差している状態で、補正値は+1.0 である。






続きは、別室ブログページ 「 smc FA 50mm F1.4 - #2 」 へどうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

smc FA 50mm F1.4 - #1

2013.02.16 | ○ Teku*-Kasha*

Teku*-Kasha*
「 smc FA 50mm F1.4 - #1 」




Seesaa - smc FA 50mm F1.4 - #1

※写真をクリックすると別室ブログのページを開きます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


スナップも被写体を斜に捕らえてばかりしていると、
ついつい気も緩んで、
その挙句焦点の定まらない締まりのない画ばかりを量産なんてことにもなりますから、
折りあらば自らへの戒めも兼ね、
初心を思い出して水平垂直を意識し被写体に正対するわけです。

・・・

新川を渡る名鉄列車はすぐ横にある駅を発車したばかり。まだスピードはのっていません。
橋の中央に設けられたメンテ用のハシゴに狙いを定めます。

今こうやって見返すと、
コンマ数秒遅らせて乗務員用ドアにハシゴが合えば面白かったよなぁとも反省。



「 水平を取る 」 ことを 「 陸を取る 」 とも言う。古来よりの大工用語である。
「 陸 」 は 「 ろく 」 と読み、つまり 「 ろくをとる 」 と言う。
時に、この 「 陸も取れない 」 こと・ものが 「 ろくでなし 」 と不良品、惹いては不良者と蔑まされることとなる。
・・・
珠にはいいもんである。
モニターに映し出した時に 「 水平がバシッと取れていた写真 」 を見るだけでも気分がよくなる。
スナップは撮る時にダラダラと時間は掛けちゃダメ。正面に来たと感じたら被写体に正対、
そしてファインダーを覗く。

もちろん 「 構えたら水平!だった 」 が理想だ。






続きは、別室ブログページ 「 smc FA 50mm F1.4 - #1 」 へどうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

smc FA★ 24mm F2 AL - #3

2013.01.18 | ○ Teku*-Kasha*

Teku*-Kasha*
「 smc FA★ 24mm F2 AL - #3 」




Seesaa - smc FA★ 24mm F2 AL - #3

※写真をクリックすると別室ブログのページを開きます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


白い車が直ぐ横の角を曲った際、グラフィカルな模様が一瞬浮かび上がったのです。
・・・
一度は通り過ぎたんですけどね、脳味噌に焼きついた残像に呼び戻されました。
柔らかな日差しの中に、リアフェンダーについた傷は一時だけ艶かしい顔を覗かせます。



カバンの中にあるクリアファイルなりノートなりをレフ代わりにフェンダー側面に当てて撮影。
これ以上ない無理な格好で撮っている。他人には見れれたくないものだ。
・・・
私もその一人なのだが、「 FA★24mm F2 AL 」 については皆が叩き過ぎ(笑)の感もありで、
となると、今更ではあるけれども必要以上の叩き過ぎには反発もしたくもなろうというもの。
またしばしば 「 開放での写り具合 」 を聞かれたりもするので、ここに新たなページを設けることにしたわけである。






続きは、別室ブログページ 「 smc FA★ 24mm F2 AL - #3 」 へどうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

QLOOKアクセス解析