処々てくてくテケテケ

HOME   TWITTER   FACEBOOK

1ページ13ページ中

宮崎駿はどさくさに紛れて「風立ちぬ」を作ったのだろうか?

それは、昨日の新聞夕刊の一面でありました。

ジブリ 宮崎駿監督 「改憲 もってのほか」
3面には氏の意見寄稿の抜粋も、あ〜たらこ〜たら。

・・・・・・
・・・・・・

別にいいんです、私は。右だろうが左だろうが。
・・・
中国や韓国と違って、日本は言論の自由は担保されます。
でもね、こういう真剣に論じなければいけない議題に
確かな論証も無しに思いつきの様なヘラヘラ気分でモノ言っちゃいけませんねぇ。

夏休みに向けての日教組推薦映画とか
中国、韓国での上映への商業的戦略の仕込み、伏線てなところか。
もちろん、勘ぐりだが。
・・・
しかしながら著名人の口車に乗せられる一般人は多いんだから、
アキラメナイデ!
「ただのアニメ作家のジジイです」じゃ済まないんじゃないかな。

いっそのこと社民党を応援されたらどうだろう、今でしょ。 消滅してしまいます。


・・・・・・
・・・・・・

・・・・・・
・・・・・・

・・・・・・
・・・・・・

さてと、右 / 左はともかく、
何時まで経っても引っ掛かって気になるのは、氏が
選挙をやれば得票率も投票率も低い、
そういう政府が
どさくさに紛れて
思いつきのような方法で憲法を変えようなんて、もってのほかです
なんてヌケヌケと言ってしまってることで、これはいけません。

どさくさぁ!?!

・・・・・・
・・・・・・

例えば、私なんて韓流ドラマは勿論、ジブリと言えどアニメにも興味など無い人間。
・・・
そんな私なんかからしたら、
宮崎氏の 「風立ちぬ」なんて映画も、どさくさ である。

使いたかったんだろうけど、
「どさくさ」なんて言葉を適当に使っちゃぁダメ!
底が知れちゃう。







JinxJinx
Rory Gallagher

曲名リスト
1. Big Guns
2. Bourbon
3. Double Vision
4. The Devil Made Me Do It
5. Signals
6. Jinxed
7. Easy Come Easy Go
8. Nothin' But The Devil
9. Ride On Red, Ride On
10. Lonely Mile
11. Loose Talk

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

アマゾンか?HMVか? in Wildest Dreams


Wildest Dreams


WildestDreams
※クリックで拡大
K10D + Sigma10-20mm/F4-5.6  - 20mm F11
Jpeg の圧縮し過ぎで空の諧調が崩れているけれどこれ以上の容量にするつもりがないのでこのまま。





小宮山厚労相が、もう 「 たばこ増税 」 などと吹いている。
やることをやらずの早々弱者増税言及、これは無為無策の極みである。
何もせず国民から金を巻き上げて生活できてしまった観念、馬鹿に付ける薬はない。

・・・・・・
・・・・・・

ところで、いつもお世話になっていた Amazon ではあるけれど、
日本に納めていなかった法人税、国税庁から突かれて納めたのかと思っていたら、
法的には問題なしということで未だモンモン状態だと言う。

○ Wikipedia - Amazon.co.jp : 法人税の追徴課税

いやぁ、アマゾンさん、幾らなんでもそいつぁないぜ!
・・・
で、アマゾンより不便だけど、なるべくHMVで情報を拾うことにしたいと思う。


 - 私の場合、音楽CDのジャケや曲目情報に便利なのでブログに貼っているのだが、
 - それは、それがたまたまアフェリエイトなるツールだったということ。
 - 確かに ・・・ この5年ほどで1,500円位は稼がせてもらったかもしれないが。



何のかんの言ってアマゾンは早い安い便利である。
日本にこんな早い安い便利サービスは無かった。それは断言できるだろう。
・・・
よって判断は人それぞれだ。 吸いたい奴は吸うし、吸いたくない奴は吸わない。








 
 
Joe Sample / Rainbow Seeker : 虹の楽園

 - 1978年録音 ○ SHM-CD

ソロ・アーティストとしてのサンプルの名声を確立した1枚。「メロディーズ・オブ・ラヴ」を筆頭に、クルセイダーズでの演奏とは一味異なるリリカルな世界を満載。 ジョー・サンプル(key) スティックス・フーパー(ds) ロバート・ポップス・ポップウェル(b) シド・シャープ(strings) ガーネット・ブラウン(tb) アーニー・ワッツ(sax fl) ポウリーニョ・ダ・コスタ(per) ディーン・パークス、デヴィッド・T・ウォーカー、レイ・パーカーJr.、バリー・フィナティ(g) 他

 - 1 Rainbow Seeker / 虹の楽園
 - 2 In All My Wildest Dreams / 野性の夢
 - 3 There Are Many Stops Along The Way / 道草
 - 4 Melodies Of Love / メロディーズ・オブ・ラヴ
 - 5 Fly With The Wings Of Love / 飛翔
 - 6 As Long As It Lasts / 愛は限りなく
 - 7 Islands In The Rain / 雨の島影
 - 8 Together We'll Find A Way / 旅立ち

今でもラジオを点けていれば、この8曲のうちのどの曲かが、
必ず番組ジングルとかナレーションの後でピョロロロロンと鳴っている。
・・・
そんな、知らず知らずのうちに誰もが耳にしているアルバムである。

今聴くと、3,7曲目辺りの如何にも70年代後半〜80年代風シンコペ・リズムは、
古臭さを感じざるを得ないが、全体を包むリリカルな空気そのものは色褪せていない。

世間的には4曲目の 「 Melodies Of Love 」 が人気らしいのだが、
私の最もお気に入りは上に挙げた 「 In All My Wildest Dreams 」 である。
・・・
それは・・・そうだな、子供の頃の夏の川べりで
飛び交うホタルを掴み取ろうと眼の前の空気を右の手で、左の手でまさぐっていた、
そんな感覚の David T. Walker のギターに尽きる。

 - David T. Walker ? こちらをどうぞ。
 -  ○ Official David T. Walker Japan Website
 - 
 - 素晴らしいインタビュー記事のページもある。抜き出してみる。
 -  ○ Talk To T. vol.1
 -  ○ Talk To T. vol.2
 -  ○ Talk To T. vol.3

夜も更けた時簡にこれが聴こえてくるともういけない。
手にしたお湯割り焼酎をそっとテーブルに戻し、新たにグラスに氷とウィスキーを。
つまみは丸ごとのキューリにあら塩だな。

In All My Wildest Dreams !
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

笑ってコラえて! ダーツ 6 たび

ん? 7たび?8たび? ・・・ だったかな。

 - ま、何度目だったかなんて、もはや誰にもわかりゃしない。

米の報道官もコラえ切れず笑ってしまった というぐらいの たびたび ぐあい。

 ○ Google ニュース検索 「 日本首相交代 米報道官 」

・・・・・・
・・・・・・

これに関しちゃ、今更どうしようもないのかなぁ。
・・・
年一回で夏恒例、どのテレビ局もやりたがる24時間バラエティ番組の一つと思うしかない。

 - 毎年中継しているのは NHK だな。つまり、NHK のバラエティ番組と断定してよい。

すなわち、・・・   [ 永田町、町内ダーツ大会 ]

胸にバッジ付けた人たちがキャッキャキャッキャとダーツ投げて遊んでるだけ、税金で。

 - 日本では昔から 「 白羽の矢が立つ 」 なんて言い方もある。
 -  ○ 語源由来辞典 : 白羽の矢が立つ

う〜ん、DNA に刷り込まれていてどうしようもないのかなぁ。

これって、「 テレビ好きに付ける薬はない 」 ってことを意味してる?

・・・・・・
・・・・・・

かなわんなぁ。


  


● Sunny Afternoon - Raymond Davies

The tax man's taken all my dough
And left me in my stately home
Lazing on a sunny afternoon

And I can't sail my yacht
He's taken everythin' I've got
All I've got's this sunny afternoon

  Save me, save me, save me from this squeeze
  I've got a big fat momma tryin' to break me

  And I love to live so pleasantly
  Live this life of luxury
  Lazing on a sunny afternoon
  In the summertime, in the summertime, in the summertime

My girlfriend's gone off with my car
And gone back to her ma and pa
Telling tales of drunkenness and cruelty

Now I'm sitting here
Sipping at my ice cold beer
Lazing on a sunny afternoon

  Help me, help me, help me sail away
  Well, give me two good reasons why I ought to stay

  'Cause I love to live so pleasantly
  Live this life of luxury
  Lazing on a sunny afternoon
  In the summertime, in the summertime, in the summertime

  Save me, save me, save me from this squeeze
  I've got a big fat momma tryin' to break me

  And I love to live so pleasantly
  Live this life of luxury
  Lazing on a sunny afternoon
  In the summertime, in the summertime, in the summertime
  In the summertime, in the summertime


空洞化したニッポン。

お父ちゃんはどんどん外に出て行って、
そのうちに息子や娘もどんどん外に出稼ぎに行くようになって、
ニッポンすっからかんになっても夏の陽だけは降り注ぐんどぜう。

 - もとい、降り注ぐんだぜい。

ああlそんな気だるい夏の日の午後でも楽しくダーツやりてえようって歌です。


フェイス・トゥ・フェイス+7フェイス・トゥ・フェイス+7
1966 - The Kinks

曲名リスト
1. パーティー・ライン (MONO)
2. ロージー、家にこないかい (MONO)
3. ダンディ (MONO)
4. 僕の心に深く (MONO)
5. セッション・マン (MONO)
6. 6月の雨の日 (MONO)
7. 田舎の家 (MONO)
8. ワイキキの休暇 (MONO)
9. 豪華邸宅売ります (MONO)
10. ファンシー (MONO)
11. リトル・ミス・クイーン (MONO)
12. とても美しい (MONO)
13. サニー・アフタヌーン (MONO)
14. アイル・リメンバー (MONO)
15. 僕はウヌボレ屋 (MONO) (ボーナス・トラック)
16. 危険な街角 (MONO) (ボーナス・トラック)
17. 黒い霧を消せ! (MONO) (ボーナス・トラック)
18. ミスター・プレザント (MONO) (ボーナス・トラック)
19. ディス・イズ・ホエア・アイ・ビロング (MONO) (ボーナス・トラック)
20. ミスター・リポーター (未発表曲) (ボーナス・トラック)
21. リトル・ウィメン (未発表バック・トラック) (MONO) (ボーナス・トラック)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今となっては、キンクスのアルバムを一つ一つ揃えるっていうのも少々酷。
なので、これくらい曲も詰まっていればベスト盤のほうがエコ!どぜう。

 - もとい、エコ!だぜい。

Ultimate CollectionUltimate Collection
Kinks

曲名リスト
1. You Really Got Me
2. All Day and All of the Night
3. Tired of Waiting for You
4. Everybody's Gonna Be Happy
5. Set Me Free
6. See My Friends
7. Till the End of the Day
8. Dedicated Follower of Fashion
9. Sunny Afternoon
10. Dead End Street
11. Waterloo Sunset
12. Death of a Clown
13. Autumn Almanac
14. Susannah's Still Alive
15. Wonderboy
16. Days
17. Plastic Man
18. Victoria
19. Lola
20. Apeman
21. Supersonic Rocket Ship
22. Better Ship
23. Come Dancing
24. Don't Forget to Dance

1. David Watts
2. Stop Your Sobbing
3. Dandy
4. Mr. Pleasant
5. I Gotta Move
6. Who'll Be the Next in Line
7. I Need You
8. Where Have All the Good Times Gone
9. Sittin' on My Sofa
10. Well Respected Man
11. I'm Not Like Everybody Else
12. Love Me Till the Sun Shines
13. She's Got Everything
14. Starstruck
15. Shangri-La
16. God's Children
17. Celluloid Heroes
18. (Wish I Could Fly Like) Superman
19. Do It Again
20. Living on a Thin Line

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


・・・・・・
・・・・・・

もうずぅ〜〜と言ってるんだけど、日本も 早く 大統領制 に移行しなさい。

 - 国のトップは国民が直接選ぶべきどぜう。 もとい、選ぶべきだぜい。

今すぐ、永田町のおもちゃ箱からダーツを取上げたい!!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

デフレ、円高に財政不安、震災、電力不安にペーパー管 ・・・ ノープロブレム、一人100万円支給で魔法の薬!

こう言っちゃ何だが、もし私が首相でも 16% 位のの支持率取るのは簡単だ。
少なくとも日本国民の 16% はアンチ原発の人たちだ。安牌、票の計算ができる。

 - 「 脱・原発!だぁ 」 ・・・ おめでとうございます、16ポイント獲得です。
 - 管直人首相、そこにしか延命策がなかったことは国民にバレバレであった。

・・・・・・
・・・・・・

今朝の朝刊には 「 戦後最高値 75円台 」 の文字が躍っている。
・・・
時々のネコパンチと「 注視しちゃうぞ 」 の泣きタンカしか為す術はなかったのか。
その管政権は予想通りに失われた20年を死守し続けてしまった。
もはやこの日本はデフレの海の真っ只中で沈没寸前である。

 - 出戻る先の実家がこれまた場当たり的な嘘方便主義で
 - 今や「紙屑マニフェスト」如きは朝飯前、
 - 「 子ども手当存続ビラ 」 に 「 小沢復権待望 」 と空手形の乱発が治まらない。

この20年で日本の製造業雇用者は 1/3 減ったそうである。
メーカーの油断、並びに雇用構造の転換等があるとは言え、衝撃の数字である。

 ○ JB Press : M&Aで形勢逆転を狙う日本企業のぎこちなさ
 ・・・ 日本の電機メーカーは過去10年間で、従来押さえていた外国市場の3分の1をその他アジア諸国のライバル企業に奪われたという。
 また、日本の製造業の雇用者数は1992年の水準より3分の1も減っている。・・・

※ 上記、JB Press 記事より抜出

そこに襲ってきた 3/11

 - これについては致し方ない。 否、むしろこれで日本国民は一つになれるはずだった。

確かに皆が力を合わせてジワリとアクセルを踏み込もうとしていたのを感じていた。

・・・・・・
・・・・・・

ところが何を思ったか、ここで 急ブレーキを掛けてしまった人間 がいたのだ。
それがよりにもよって 16% に眼が眩んだ我が国の首相 だから堪ったもんじゃない。

 - お蔭で、したたかに顔面を打ちつけて怪我を負った人は数え切れぬ程いるだろうし、
 - 数ヶ月、数年後にムチ打ちの症状に苦しめられる人も多数出てくるはずだ。
 - ・・・
 - ブレーキを掛けることに異議を唱えているわけではない。
 - 急ブレーキは危ない、事故の元だぞ!と言っている。

一方で 「 五十音順の頭は? 」 に、「 ぞ 」 の字しか浮ばない助っ人大臣さん。
・・・
20年デフレに注視しちゃうぞ円高大震災、そこに 16% に眼が眩んだ電力不安があって、
そこに口を開けば 「 ぞ 」「 ぞ 」「 ぞ 」「 ぞ 」 ではゾゾゾゾ〜と身の毛も弥立つではないか。

 - 復興増税? 期間を限って? 
 - そんな半端なことは止めといたほうがいい。

・・・・・・
・・・・・・

・・・・・・
・・・・・・

・・・・・・
・・・・・・

そこで思ったのだ。大きなポイントが3つあるので長くなる。

 - 3段ロケットと考えて貰っていい。


ロケット1段目 
 ● 国民一人当たり 100 万円を支給する。

今しかない。日銀は円を刷り、政府はそれを日本国民に100万円ずつ支給する。
・・・
心配ない、現在の日本の 人口は1億2700万人。高々 127 兆円 に過ぎぬ。
東北復興に 20 兆〜円 必要とも言われているから、切り良いところで 150 兆円 刷ろう。

 - 米 FRB はリーマンショック後に危機前の3倍にまでドルを増刷していると言う。
 - 現残高が 2兆8700億ドルらしい、単純に2兆ドル、80円 / ドルだと160兆円増刷だ。

日本国籍で一人身なら100万円、二人家族なら200万円、四人家族なら当然400万円だ。
・・・
一所懸命に円を買って下さる方には本当に申し訳ないなぁ、・・・
実弾 150 兆円がドサッと日本国内に溢れ出る。

・・・・・・
・・・・・・

円高にデフレ、何とかしたい。お父ちゃん企業が外に出て行くのも何とかしたい。

 - 残った三ちゃんだけで日本を背負っていくには無理がある。
 - お父ちゃんは一度外に出て行ったら、もう戻ってこない。
 - お父ちゃん追って出稼ぎか?

だが多分懸念されているだろうが、急ブレーキも危ないが急アクセルも危ない


ロケット2段目 
 ● 消費税を15%に引き上げる。

10%も上がるのか!きついなぁ ・・・ とお思いでしょうね、きっと。
・・・
でもちょっと話を聞いて。先に支給された100万円のこと。
実は この100万円、10%増えてしまう消費税数年分の前金 であったわけ。

 - 株の世界じゃ、空売りなんて飛び技も有りだからねぇ。
 - ・・・
 - そりゃあ何年分かっていうのは人によって異なるよね。
 - 例えば、年150万円消費する人は15万円の増税。100万円は6.6年分という計算になる。

個人の側から見てしまうと、150兆円の増刷と消費税増税分の関係が見えにくい。
が、これを国の歳入の側から見るととても判りやすくなる。
・・・
消費税による税収はほぼ10兆円 / 年 で推移している。
つまり消費税が15%になれば、増収は単純計算で20兆円 / 年だ。
増刷された 150兆円は 7.5年で償却 される計算になる。

 - 7.5年目からは財政再建 に使われる。

ところで消費税は国民の消費だけに掛かっているわけではない。
上の 「 7.5年で償却 」 には100万円の支給に与っていない商取引分が加味されている。
即ちこれは、一消費者として支給された100万円は、
確実に7.5年分以上の前金価値があるということを意味している。

 - かつては GDP の6割が個人消費と言われていた.
 - が、現在は5.5割、下手すれば5割と言うような数字かもしれない。

また1段目で100万円支給を日本国籍者に限ったことの説明も要るだろう。
これは支給分を 7.5年かけて払い戻すという責務を負うものだからなんだね。

・・・・・・
・・・・・・

ちなみに、国と地方の債券発行残高が約 1000兆円、GDP は約 500兆円。

 - GDP 2年分もの借金。「 そのうちに円は暴落 」 と言われる所以だ。

この財政再建、待ったなしの土俵際であるのだが、
増税 」 とセットで為さねばならぬのは 「 歳出削減 」 である。必至。


2段目点火スイッチ
 ● 議員削減、公務員人件費2割削減。

消費税15%は 「 議員定数削減と公務員人件費2割削減 」 の決定を以て実行される。

 - この「 増税 」 と 「 歳出削減 」 のセットで日本沈没を回避できる。

いざとなれば、スト権を与える代わりに強制的に一律給与2割削減!だ。
・・・
要は議員さんと役人さんにその気がなければ、
お父ちゃんたちは外に出て行ったまま帰ってこないし、
残された三ちゃんたちは「座して死を待つ」と腹を括らされるしかない。

 ○ Google ニュース:消費税10%でも18兆円赤字

・・・・・・
・・・・・・

ブレーキ掛けることしか頭に無い人や、
アクセル踏むことしか頭にない人や、
クラッチ踏み込んだまま思考停止してしまったペーパードライバー。

どこかにバシッと ヒール&トゥダブルクラッチ を決めてくれる人はいないもんかね?
・・・
誰か、ガツ〜ン と踊ってくれよ! ヒヤウィゴゥ、ツイスタンシャウ!


 

うわぁ〜 ・・・

♪ シェィキナベイビィナァゥ ツイスタンシャァ〜ゥ
♪ カモンカモンカモンカモンベイビィナァゥ カモナワキノナァ〜ゥ

こんなにたどたどしくも切羽詰った ♪カモンカモンカモンカモン は初めて聴いたな。
思わず、零れ落ちないようにと掬うように両の手の平を差し出しちまったよ。
・・・
初めてウォーターベッドの上で揺れた時みたいな感覚 ♪ シャァ〜ゥ と、
兎に角どこにも力の入らない ♪ ナァ〜ゥ も癖になっていかんわ。

国民みんなで踊らにゃ損そんってことだぜ、やっぱ。
早く、ロケットを打ち上げてっ! イェィ!


ウクレレ・ミステリー・ツアーウクレレ・ミステリー・ツアー
U900

曲名リスト
1. Blackbird
2. Twist And Shout
3. Here Comes The Sun
4. Yellow Submarine
5. In My Life
6. Birthday
7. Till There Was You
8. Good Night

1. Twist And Shout
2. Till There Was You
3. London Bridge Is Falling Down

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

酔っ払い運転の助手席 ・・・ Oh Yes I Can

奈落の底に落とされたと云うのに、我が国日本の 酔っ払い政治 は止まらない。
・・・
兎にも角にも、管を捲いてお山の天辺にしがみついての我が管首相の 酔っ払い運転 振りは、
ハード・ランディングこそ我が運転の証 とばかりの傍迷惑さ。

 - やってる 感はかなりあるだろう、御本人は。

人生の先輩である David Crosby にでも教えを請いに行ってきたらどうでしょね?

● Drive My Car - David Crosby

It was one of those nights when you drive
Right by your own street
And you wonder who's running
Your hands and your feet

And your car becomes a capsule
Sometimes you can hide
Last night I just needed
I needed to ride

  I wanted to drive my car didn't really care how far
  I wanted to roam alone
  I wanted to drive my car didn't really care how far
  I wanted to roam alone

I was not out looking for honeys
Oh, I noticed them like usual but not as strong
And the distance between me and my pavement
Seemed to get a hundred yards long

I still feel the wind on my elbow
But I'm driving by the seat of my pants
I keep on tryin' to tune in, tune in on the radio
Trying to tune me out of my trance

  I needed to drive my car didn't really care how far
  I wanted to roam alone
  I wanted to drive my car didn't really care how far
  I wanted to roam alone

< interlude >

At least a car goes where you steer it
Sometimes that's the only thing that does
So I get in it and I drive it just to hear it
And remember this feeling that there was

  I needed to drive my car didn't really care how far
  I wanted to roam alone
  I wanted to drive my car, I <drive, drive, drive>
  I wanted to roam alone
  
  I wanted to drive my car I don't care how far
  I wanted to roam alone


 


音圧もう一つ。なので、ライブ・バージョンも。


 


時は 1989 年、日本社会バブル真っ只中。
ビヨン・ボルグの白シャツ(笑)とこの再起 David Crosby の CD を西武大津で買った。
・・・
ハード・ランディング処方によって日本社会がズブズブと沈んでいくまでに残り2年。

・・・・・・
・・・・・・

ブランドさえあるのかどうかの白シャツは当の昔に行方不明だが、CDはまだ手元にある。

 - Oh Yes I Can.



Oh Yes I CanOh Yes I Can
1989 - David Crosby

曲名リスト
1. Drive My Car
2. Melody
3. Monkey And The Underdog
4. In The Wide Ruin
5. Tracks In The Dust
6. Drop Down Mama
7. Lady Of The Harbor
8. Distances
9. Flying Man
10. Oh Yes I Can
11. My Country 'Tis Of Thee

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

QLOOKアクセス解析