処々てくてくテケテケ

HOME   TWITTER   FACEBOOK

1ページ3ページ中

音の芋づる#15 : Without You / Nilsson >>> Should I do it / Pointer Sisters

2013.01.08 | ○ 音の芋づる
#1 : Abbey Road / Beatles >>> How Dare You! / 10cc
#2 : Art For Art's Sake / 10cc >>> Skateaway / Dire Straits
#3 : Skateaway / Dire Straits >>> Crawlin' King Snake / John Lee Hooker
#4 : Crawlin' King Snake / John Lee Hooker >>> Any Way The Wind Blows / J.J. Cale
#5 : Any Way The Wind Blows / J.J. Cale >>> A Thousand Kisses Deep / Leonard Cohen
#6 : A Thousand Kisses Deep / Leonard Cohen >>> 遠距離やろ?ウチら / 藤井組
#7 : 遠距離やろ?ウチら / 藤井組 >>> 俺ら東京さ行ぐだ / 吉幾三
#8 : 俺ら東京さ行ぐだ / 吉幾三 >>> Are You Ready For The Country / Neil Young
#9 : Are You Ready For The Country / Neil Young >>> 君は天然色 / 大滝詠一
#10 : 君は天然色 / 大滝詠一 >>> Cold, Cold Winter / The Pixies Three
#11 : Cold, Cold Winter / The Pixies Three >>> Jingle Bells / Michael Buble & The Puppini Sisters
#12 : Jingle Bells / Michael Buble & The Puppini Sisters >>> I'm Gonna Make You Love Me / Diana Ross & the Supremes Join the Temptations
#13 : I'm Gonna Make You Love Me / Diana Ross & the Supremes Join the Temptations >>> Reach Out / 彩恵津子

・・・
#14 : Reach Out / 彩恵津子 >>> Without You / Nilsson






アルバム 「 Nilsson Schmilsson 」 と次作 「 Son Of Schmilsson 」 の
プロデューサーは Richard Perry

とは言え 「 Son Of Schmilsson 」 は、
ベースの Klaus Vormann を残して他は総入替えの様。
皆、あちらへこちらへと忙しかったんだろう。


リチャード・ペリーは'60年代後半に
Fat's DominoElla Fitzgerald の再起作でそこそこ当てたらしいのだが、
その名を確実にしたのは Barbra Streisand
'71作 「 Stoney End 」 と 「 Barbra Joan Streisand 」 の成功だろう。
・・・
勿論 Nilsson も。そぅしてあの Carly Simon'72年作 「 No Secrets 」 と続くわけだ。

バーバラ・ストライザンドとニルソンの繋がりが?だが、
これはおそらく Randy Newman 繋がりだろうし、
カーリー・サイモンへはニルソン人脈のように思える。


・・・・・・
・・・・・・

カーリー・サイモンの 「 You're So Vain 」 は
ミック・ジャガーがコーラスで参加とプロデュース力も見せ付けるが、
ドラムが Jim Gordon にベースが Klaus Voormann と
「 Nilsson Schmilsson 」 のリズム隊横滑りなのはフフフではある。
・・・
では、「 You're So Vain : うつろな愛 」 をどうぞ。
・・・と行きたいところなんだけど、昔に一度書いているんでパス。

ゴリゴリ'ドイツ人だなぁ'ベースのクラウス・フォアマンの
ゴロゴロなイントロがとっても印象的!なのでこちらでどうぞ。

○ 貴方はノラ猫 ・・・ ゴロゴロスリスリ

その後も何作かカーリー・サイモンをプロデュースすると同時に、
Ringo StarrArt Garfunkel の諸作は彼がやっていたと記憶する。
・・・
お気づきのように、ヴォーカルものに力を発揮する人である。
他もあるんだろうが、そうこうしているうちに私の鬼門'80年代へと突入し、
私のレコード棚から彼の名が消える最後のアルバムの一曲がこれだった。






● Should I Do It - Layng Martine,Jr.

I swore when he hurt me so
I wouldn't see him anymore
But today he called my name
Oh, I could feel the same old flame

Should I do it, should I fall?
Should I do it after all?
Is it crazy, is it right?
I really wanna love him tonight

Should I do it, should I play?
Can I help it anyway?
When I feel him hold me tight
I'm gonna turn on like a light


I know when we're in his car
I couldn't go just so far
I wanna give him everything
So when I hear the telephone ring, yeah

Should I do it, should I fall?
Should I do it after all?
Is it crazy, is it right?
I really wanna love him tonight

Should I do it, should I play?
Can I help it anyway?
When I feel him hold me tight
I'm gonna turn on like a light


Oh, I'm so lonely and he's so fine
Maybe I should swallow my pride
Just one, one, one more time, yeah

< Interlude >

I really got to know
Should I do it, should I fall?
Should I do it after all?
Is it crazy, is it right?
I really wanna love him tonight

Should I do it, should I play?
Can I help it anyway?
When I feel him hold me tight
I'm gonna turn on like a light

Should I do it? Should I do it?
Should I do it? Should I do it?
Should I do it? Should I do it?
Should I do it? Should I do it?

曲もそうだが、髪や服装もまんま'80s ですな。


Priority/Black & WhitePriority / Black & White
1979 & 1981 - The Pointer Sisters

曲名リスト
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

'80年作を抜かして'79と'81の 2in1。
・・・
私にとってポインター・シスターズは、'70年代だ。特に前半に尽きる。
'79年作 「 Priority 」 はまだ R&B色を濃くしているんだけれど、
'81年作に至るともはや当時の 「 Black Contemporary 」そのもの、
日本で飛び交っていた言葉 「 ブラコン 」 と口に出せばピッタリの
くたくたぺたぺたリズムとピーヒョロロなシンセ音が耳に付き始める。

・・・・・・
・・・・・・

アルバムの曲リストが無いので書いておこう。
ついでに作者も書いておいた。両アルバムの色の違いが明確になるはずだ。
・・・
Priority
1 Who Do You Love - Ian Hunter
2 All Your Love - Bob Seger
3 Dreaming as One - David Palmer / William D."Smitty" Smith
4 Turned Up Too Late - Graham Parker
5 Happy - Mick Jagger / Keith Richards
6 Blind Faith - Joe Egan / Gerry Rafferty
7 Don't Let a Thief Steal into Your Heart - Richard Thompson
8 (She's Got) The Fever - Bruce Springsteen
9 The Shape I'm In - Robbie Robertson
・・・Bonus Truck・・・
10 Nothin' But a Heartache - Michael McDonald

Black & White
1 Sweet Lover Man (Now) - Jerry Ragovoy / Lenny Roberts
2 Someday We'll Be Together - Russ Ballard
3 Take My Heart, Take My Soul - Micky Denne / Ken Gold
4 Slow Hand - John Bettis / Michael Clark
5 We're Gonna Make It - Anita Pointer / June Pointer
6 What a Surprise - Trevor Lawrence / Anita Pointer / June Pointer
7 Got to Find Love - David Lasley / Willie Wilcox
8 Fall in Love Again - Rev. Patrick Henderson / Wornell Jones
9 Should I Do It - Layng Martine, Jr.
・・・Bonus Truck・・・
10 Holdin' Out for Love - Tom Snow / Cynthia Weil
11 What a Surprise - Trevor Lawrence / Anita Pointer / June Pointer

・・・・・・
・・・・・・

一応ベスト盤も手元にあるので聴いてはみたのだが、
いやはや'80年代以降のポインター・シスターズは地獄の責め苦であった。
つくづく私は'80年代洋モノとの相性が悪いのを再確認した。
・・・
いっとき「よく'80年代をやり過ごせたもんだ」と頭を捻っていたのだが、
'80年代の音は邦モノの方が上だったから何の不思議でもないのであった。

・・・

元々仕込んだまま放っておいたのもここまで。
さてと、この後どこへ芋づるかな。



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

音の芋づる#14 : Reach Out / 彩恵津子 >>> Without You / Nilsson

2013.01.06 | ○ 音の芋づる
#1 : Abbey Road / Beatles >>> How Dare You! / 10cc
#2 : Art For Art's Sake / 10cc >>> Skateaway / Dire Straits
#3 : Skateaway / Dire Straits >>> Crawlin' King Snake / John Lee Hooker
#4 : Crawlin' King Snake / John Lee Hooker >>> Any Way The Wind Blows / J.J. Cale
#5 : Any Way The Wind Blows / J.J. Cale >>> A Thousand Kisses Deep / Leonard Cohen
#6 : A Thousand Kisses Deep / Leonard Cohen >>> 遠距離やろ?ウチら / 藤井組
#7 : 遠距離やろ?ウチら / 藤井組 >>> 俺ら東京さ行ぐだ / 吉幾三
#8 : 俺ら東京さ行ぐだ / 吉幾三 >>> Are You Ready For The Country / Neil Young
#9 : Are You Ready For The Country / Neil Young >>> 君は天然色 / 大滝詠一
#10 : 君は天然色 / 大滝詠一 >>> Cold, Cold Winter / The Pixies Three
#11 : Cold, Cold Winter / The Pixies Three >>> Jingle Bells / Michael Buble & The Puppini Sisters
#12 : Jingle Bells / Michael Buble & The Puppini Sisters >>> I'm Gonna Make You Love Me / Diana Ross & the Supremes Join the Temptations

・・・
#13 : I'm Gonna Make You Love Me / Diana Ross & the Supremes Join the Temptations >>> Reach Out / 彩恵津子






日本語は全てに母音 「 あ、い、う、え、お 」 が含まれていますから、
この母音の発声が美しいことこそは本当に大事だと改めて感じます。

例えば、
私が、一時代に誰彼となく賛美していたあのユーミンを苦手なのはそのせいです。
特に小節の最後は母音を伸ばして曲を成り立たせますが、
その母音が濁りに濁って強調されるのには閉口するばかりです。
彼女ほど母音の汚い歌い手もいねぇなぁ、と。
・・・
こんなこと飲み屋じゃ大っぴらにゃ言えません。
なんてったて大勢の敵を作ってしまいますからね。


フェイドアウトしながらスゥ〜と大気の中に溶け込んでいく歌声、
♪ Without Love, Without You 〜
いつまでも心地よく耳元に美しい 「 母音 」 が纏います。

・・・・・・
・・・・・・

♪ Without You

「 Without You 」 か ・・・ あぁ、もうこれしか浮ばない!





● Without You - Tom Evans / Pete Ham

I can't forget this evening
Or your face as you were leaving
But I guess that's just the way the story goes
You always smile but in your eyes your sorrow shows
Yes, it shows

No, I can't forget tomorrow
When I think of all my sorrow
When I had you there but then I let you go
And now it's only fair that I should let you know
What you should know

I can't live if living is without you
I can't live, I can't give any more
I can't live if living is without you
I can't give, I can't give any more


No, I can't forget this evening
Or your face as you were leaving
But I guess that's just the way the story goes
You always smile but in your eyes your sorrow shows
Yes, it shows

I can't live if living is without you
I can't live, I can't give anymore
I can't live if living is without you
I can't live, I can't give anymore

当時はまわりに洋楽を聴く奴なんて殆どいなかったから、
最初にラジオで聴いた時はてっきり女の人だと思ったんだよなぁ。
・・・
で、隣の組のK君がシングル盤を買って来て、おやまぁ!

えぇ正に、上の YouTube の写真のね。

ちなみにその頃私が買ったシングルは 「 Badfinger : Day After Day

・・・・・・
・・・・・・

ニルソンは 「 Everybody's Talkin' / 噂の男 」 なんてヒット曲でも有名だったのだが、
当時の私にそんな知識はない、「 ウィザウチュー、いい歌だなぁ 」 と思うのみ。
・・・
の、「 ウィザウチュー 」 はニルソン自作ではなく実は他人曲のカバーなんだな。
けど、「 ♪ 〜 he story goes 」 の 「 story 〜 goes 」 がオリジナルの一音上がりに対し、
ニルソンは二音上がりで唄っている。

例えば、「 ド〜レ 」 が 「 ド〜ミ 」 に。

これでサビへの繋がりが一段とスムーズになっているし、
更にそのサビに於いては1オクターブ上を唄うというとんでもなさで、
悴んでいた歌が手の平を太陽に力いっぱい差し出したような拡がりを見せている。
・・・
ニルソンのアレンジ力によって名曲の仲間入りをしたといっても過言じゃあない。
まぁ歌唱力なり声域の広さあってのアレンジなのだが、アッパレだ。


Nilsson SchmilssonNilsson Schmilsson
1971 - Harry Nilsson

曲名リスト
1. Gotta Get Up
2. Driving Along
3. Early in the Morning
4. The Moonbeam Song
5. Down
6. Without You
7. Coconut
8. Let the Good Times Roll
9. Jump into the Fire
10. I'll Never Leave
11. Si No Estas Tu (Spanish Version of "Without You")
12. How Can I Be Sure of You
13. The Moonbeam Song (Demo Version)
14. Lamaze
15. Old Forgotten Soldier (Demo Version)
16. Gotta Get Up (Demo Version)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ミュージシャンのクレジットを見てみれば、
Drums が Jim Gordon に Jim Keltner 、bass が Klaus Voorman に Herbie Flowers、
Guiter にChris Speding、Piano に Gary Wright 等と
こりゃ当時のジョン、ジョージ人脈と丸被りで、思わず笑みがこぼれる。
・・・
声質からも察せられるのだが、
その声量に合せたアルバムに於ける少々過剰なサウンドプロダクションを思うと、
彼は結構ミュージカル好きなんだろうな。
ランディ・ニューマンほどひねくれちゃいないが似た質感がある。
いっそのことアルバム一枚、ランディ・ニューマンづくしでもやりゃよかっ・・・
・・・
あ、前の年に作ってたか。

・・・・・・
・・・・・・

私の買った 「 Badfinger : Day After Day 」 も非常に美しい曲で、
殊更シンプルなジョージのスライドのフレーズが
流れるようなメロディをより高みに昇華させるスパイスとなり、聴き惚れの一品。
・・・
Without You 」 ももう少し練りこめば、自分たちで高みに行けただろうになぁ。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


追記:例の安価5枚組みも出ておりますね。今見てみたら、¥1,867円。安っ!
「 Nilsson Sings Newman 」 は外れてるけど。

Harry Nilsson (Original Album Classics)Harry Nilsson (Original Album Classics)
Harry Nilsson

曲名リスト
1. Gotta Get Up - Nilsson Schmilsson
2. Driving Along - Nilsson Schmilsson
3. Early In The Morning - Nilsson Schmilsson
4. The Moonbeam Song - Nilsson Schmilsson
5. Down - Nilsson Schmilsson
6. Without You - Nilsson Schmilsson
7. Coconut - Nilsson Schmilsson
8. Let The Good Times Roll - Nilsson Schmilsson
9. Jump Into The Fire - Nilsson Schmilsson
10. I'll Never Leave You - Nilsson Schmilsson
11. Si No Estas Tu - Nilsson Schmilsson
12. How Can I Be Sure Of You * - Nilsson Schmilsson
13. The Moonbeam Song * - Nilsson Schmilsson
14. Lamaze * - Nilsson Schmilsson
15. Old Forgotten Soldier * - Nilsson Schmilsson
16. Gotta Get Up * - Nilsson Schmilsson

1. Lazy Moon - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
2. For Me And My Gal - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
3. It Had To Be You - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
4. Always - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
5. Makin' Whoopee! - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
6. You Made Me Love You - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
7. Lullaby In Ragtime - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
8. I Wonder Who's Kissing Her Now - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
9. What'll I Do - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
10. Nevertheless (I'm In Love With You) - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
11. This Is All I Ask - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
12. As Time Goes By - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
13. I'm Always Chasing Rainbows * - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
14. Make Believe * - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
15. Trust In Me * - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
16. It's Only A Paper Moon * - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
17. Thanks For The Memory * - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
18. Over The Rainbow * - A Little Touch Of Schmilsson In The Night

1. Daddy's Song - Aerial Ballet
2. Good Old Desk - Aerial Ballet
3. Don't Leave Me - Aerial Ballet
4. Mr. Richland's Favorite Song - Aerial Ballet
5. Little Cowboy - Aerial Ballet
6. Together - Aerial Ballet
7. Everbody's Talkin' (From "Midnight Cowboy") - Aerial Ballet
8. I Said Goodbye To Me - Aerial Ballet
9. Little Cowboy - Aerial Ballet
10. Mr. Tinker - Aerial Ballet
11. One - Aerial Ballet
12. The Waiting Of The Willow - Aerial Ballet
13. Bath - Aerial Ballet
14. Sister Marie * - Aerial Ballet
15. Miss Butter's Lament * - Aerial Ballet
16. Girlfriend * - Aerial Ballet

1. The Puppy Song - Harry
2. Nobody Cares About The Railroads Anymore - Harry
3. Open Your Window - Harry
4. Mother Nature's Son - Harry
5. Fairfax Rag - Harry
6. City Life - Harry
7. Mournin' Glory Story - Harry
8. Maybe - Harry
9. Marchin' Down Broadway - Harry
10. I Guess The Lord Must Be In New York City - Harry
11. Rainmaker - Harry
12. Mr. Bojangles - Harry
13. Simon Smith And The Amazing Dancing Bear - Harry
14. Waiting (Non-LP Single Version) * - Harry
15. Rainmaker (Mono Version) * - Harry
16. Wasting My Time * - Harry

1. Take 54 - Son Of Schmilsson
2. Remember (Christmas) - Son Of Schmilsson
3. Joy - Son Of Schmilsson
4. Turn On Your Radio - Son Of Schmilsson
5. You're Breakin' My Heart - Son Of Schmilsson
6. Spaceman - Son Of Schmilsson
7. The Lottery Song - Son Of Schmilsson
8. At My Front Door - Son Of Schmilsson
9. Ambush - Son Of Schmilsson
10. I'd Rather Be Dead - Son Of Schmilsson
11. The Most Beautiful World In The World - Son Of Schmilsson
12. What's Your Sign? * - Son Of Schmilsson
13. Take 54 * - Son Of Schmilsson
14. Campo De Encino * - Son Of Schmilsson
15. Daybreak (Single Version) * - Son Of Schmilsson
16. It Had To Be You (Jam Session) * - Son Of Schmilsson
17. * Bonus Track not on original album

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

音の芋づる#13 : I'm Gonna Make You Love Me / Diana Ross & the Supremes Join the Temptations >>> Reach Out / 彩恵津子

2013.01.04 | ○ 音の芋づる
#1 : Abbey Road / Beatles >>> How Dare You! / 10cc
#2 : Art For Art's Sake / 10cc >>> Skateaway / Dire Straits
#3 : Skateaway / Dire Straits >>> Crawlin' King Snake / John Lee Hooker
#4 : Crawlin' King Snake / John Lee Hooker >>> Any Way The Wind Blows / J.J. Cale
#5 : Any Way The Wind Blows / J.J. Cale >>> A Thousand Kisses Deep / Leonard Cohen
#6 : A Thousand Kisses Deep / Leonard Cohen >>> 遠距離やろ?ウチら / 藤井組
#7 : 遠距離やろ?ウチら / 藤井組 >>> 俺ら東京さ行ぐだ / 吉幾三
#8 : 俺ら東京さ行ぐだ / 吉幾三 >>> Are You Ready For The Country / Neil Young
#9 : Are You Ready For The Country / Neil Young >>> 君は天然色 / 大滝詠一
#10 : 君は天然色 / 大滝詠一 >>> Cold, Cold Winter / The Pixies Three
#11 : Cold, Cold Winter / The Pixies Three >>> Jingle Bells / Michael Buble & The Puppini Sisters

・・・
#12 : Jingle Bells / Michael Buble & The Puppini Sisters >>> I'm Gonna Make You Love Me / Diana Ross & the Supremes Join the Temptations





力を入れなくても、況してや血圧上げてシャウトしなくても
芯のある声がスゥ〜と伸びていって大気の中に溶け込んでいく。
そんなダイアナ・ロスの声が、私は好きであった。

ほら、それはまるでヤマハの開発した電動自転車 PAS に乗っているみたいな。

しかし私の大嫌いな'80年代ミュージック・シーンは、
そんなダイアナさえも老化させてしまったからね、やりきれません。

・・・・・・
・・・・・・

数少ない例外を除いて大嫌いな'80年代洋楽から遠ざかった私が聴いていたのが、
遅ればせながらの邦楽ポップ・ミュージックでありました。




貼り付け禁止だったのが残念だが、音はこちらのほうがよい。
○ YouTUbe - Reach Out : 彩恵津子

● Reach Out - 詞:ちあき哲也 / 曲:織田哲郎

切らないで Darlin', Reach Out
たそがれが 怖いの
すれ違う 日々に Good Bye
この島へきたけど
とぎれがちな よそよそしい声も
いたいほど 懐しいひと

ばかげてる そうね Far Away
気をひいて みたくて
目の前の愛は Far Away
自分しか見えない
灼けたテラス 砂まじりの風に
そういえば 燃えすぎた夏

Baby Hang On In いいえ いいのよ
もっとなじれば いとしい罰だわ
Let Me Hang On You 知っていたなら
こんなまねまで あなたの思いを
Missin' You So... Please...
Reach Out For Me


< Interlude >

口にしない あの何かの影も
冷たさと 決めつけていた

Baby Hang On In...
ごめんなさいね 恋に恋した
女の身勝手

Let Me Hang On In...
今はヨットが まねく海より
あなたに 抱かれて
Make It Again... Oh, Please

Baby Hang On In...
Never, Ever Leave Me Alone
Who Can Live Without Love?
帰るわ 明日こそ

Let Me Hang On You...
Never Ever Say It's Too Late
I Can't Live La Without You
あの日のつづきを

Baby Hang On In...
Never, Ever Leave Me Alone
Who Can Live Without Love?
La La La......

Let Me Hang On You...
Never Ever Say It's Too Late
I Can't Live Without You
Without Love Without You

確か御本人もFM番組の中でダイアナ・ロス数きを公言されていたはずで、
これはもう誰が聴いても YAMAHA PAS です。
・・・
ゆったりと想いが耳元でたゆたうように唄い出されるAメロですが、
曲半ばからはサビだけが幾重にも幾重にも畳み掛けられていきます。
その伸びやかに重ねられる想いをどうしましょう ・・・ Reach Out、
これはまさしく YAMAHA PAS 以外の何物でもありません。
足をブルブル息をゼイゼイ云わせずとも坂道を駆け上がります。


彩恵津子 ゴールデン☆ベスト彩恵津子 ゴールデン☆ベスト
彩恵津子

曲名リスト
1. ウイスパーノット/Whisper Not
2. ALL I NEED
3. Don’t Say It
4. 永遠のモーニング・ムーン
5. リアウインドゥのパームツリー
6. エヴァーラスティング・ドリーム
7. セカンド・バージン
8. くちびるの受難
9. サイドシートの夏
10. 雪のバレンタイン
11. 雨に描いたリグレット
12. ピグマリオン
13. リバーシブルで恋してる
14. リーチ・アウト/Reach Out (日本語ヴァージョン)
15. リーチ・アウト/Reach Out (英語ヴァージョン)
16. 澪つくし

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

何ということでしょうか、全てのアルバムが廃盤の憂き目にあっている様で。
しかしながら、昨年に1〜4作目までのアルバムから抜き出してのベスト盤が。
それが上CD.
・・・
ちなみに手元にあるLP,CDを参照に出自アルバムを書き出しておくと、

1. ウイスパーノット/Whisper Not - 1st Reach Out
2. ALL I NEED - 2nd All I Need
3. Don’t Say It - 2nd All I Need
4. 永遠のモーニング・ムーン - 4th PASSIO
5. リアウインドゥのパームツリー - 3rd Delication
6. エヴァーラスティング・ドリーム - *Single
7. セカンド・バージン - 3rd Delication
8. くちびるの受難 - 3rd Delication
9. サイドシートの夏 - 1st Reach Out
10. 雪のバレンタイン - 3rd Delication
11. 雨に描いたリグレット - 3rd Delication
12. ピグマリオン - 4th PASSIO
13. リバーシブルで恋してる - 3rd Delication
14. リーチ・アウト/Reach Out (日本語ヴァージョン) - 1st Reach Out
15. リーチ・アウト/Reach Out (英語ヴァージョン) - *Single ウイスパーノット B面
16. 澪つくし - None


となり、私が彼女の最高作とも思う 「 3rd : Delication 」 の比率が多いことには、
やはりな、皆そうなんだ・・・ガッテン、ガッテン。我、至福なりです。

ベスト盤ジャケの右下が 「 3rd : Delication 」 で、ジャケ写の出来もいい。

時にハネ過ぎのベースに鬱陶しさを感じもするけれど、時代が時代。
そこにおもねったダイアナ・ロスの老化振りに比べ、
それを軽やかに纏わり越えて行く彼女の歌声に拍手したい。
・・・
暗黒の'80年代に彼女がいて、本当によかった。救われたね。

稀に見る歌声、CD復刻は必須だと思うけどなぁ。テイチクさん。

※ 実は記事を書いて暫く経つんだけど、その後 iTunes にてアルバム群を発見。
他テイチク時代のアルバムもページ下にリンクがある。

○ 1st Album - Reach Out : 彩 恵津子
・・・
ちなみに、当時私がこのアルバムを聴いている横で10人中9人が色めきたった
○ 3rd Album - Delication : 彩 恵津子
はこちら。

・・・・・・
・・・・・・

おっとそうだ、英語バージョンも気になるに違いありませんよね。ね。

Reach Out(English Version)


画面はブラックアウトしたまんまですが、他よりこの方が音がいい。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

音の芋づる#12 : Jingle Bells / Michael Buble & The Puppini Sisters >>> I'm Gonna Make You Love Me / Diana Ross & the Supremes Join the Temptations

2013.01.03 | ○ 音の芋づる
#1 : Abbey Road / Beatles >>> How Dare You! / 10cc
#2 : Art For Art's Sake / 10cc >>> Skateaway / Dire Straits
#3 : Skateaway / Dire Straits >>> Crawlin' King Snake / John Lee Hooker
#4 : Crawlin' King Snake / John Lee Hooker >>> Any Way The Wind Blows / J.J. Cale
#5 : Any Way The Wind Blows / J.J. Cale >>> A Thousand Kisses Deep / Leonard Cohen
#6 : A Thousand Kisses Deep / Leonard Cohen >>> 遠距離やろ?ウチら / 藤井組
#7 : 遠距離やろ?ウチら / 藤井組 >>> 俺ら東京さ行ぐだ / 吉幾三
#8 : 俺ら東京さ行ぐだ / 吉幾三 >>> Are You Ready For The Country / Neil Young
#9 : Are You Ready For The Country / Neil Young >>> 君は天然色 / 大滝詠一
#10 : 君は天然色 / 大滝詠一 >>> Cold, Cold Winter / The Pixies Three

・・・
#11 : Cold, Cold Winter / The Pixies Three >>> Jingle Bells / Michael Buble & The Puppini Sisters





シスターズと申しましても赤の他人ではありますから、ドゥービー兄弟と同じ言い回し。
・・・
にて、ここからいろいろと連想するも、
結局はシュープリームスの名前が強く脳内に蔓延って仕方ないため無理をしません。

・・・・・・
・・・・・・

女3人と言えば 「 姦しい 」 のが時代を超えた万民認識であることは、
その字によって深く深く証明されています。

この漢字を創造した御人のうろたえ振りがそこはかとなく伺い知れて笑みが零れます。

そんな 「 姦し3人娘 」 と言えば、'60年代〜'70年代のソウル界がその宝庫だけれど、

中には、キャンディーズとか少女隊とか、
今ならパヒュームだとかが先に思い浮かぶんじゃね?という人も多かろうと思いますが、
音楽事情に疎い私にはそのような知識の蓄えがございません。
ちなみに、わらべとかもその歌が何だったかホトホト記憶が真っ白なのが現実です。


そこにゲスト♂ヴォーカルが絡む歌を記憶の底に探ると、これは外せません。
では、どうぞ。





● I'm Gonna Make You Love Me - Ken Gamble / Jerry Ross / Jerry Williams

I'm gonna do all the thing for you
A girl wants a man to do
Oh, baby (Oh, baby)
I'll sacrifice for you
I'll even do wrong for you
Oh, baby (Oh, baby)

Every minute, every hour
I'm gonna shower you with love and affection
Look out, it's comin' in your direction

And I'm , I'm gonna make you love me
Oh, yes I will , Yes I will
I'm gonna make you love me
Oh, yes I will , Yes I will


Look here
My love is strong, you see
I know you'll never get tired of me
Oh, baby (Oh, baby)
And I'm gonna use every trick in the book
I'll try my best to get you hooked
Hey, baby (Hey, baby)

And every night, every day
I'm gonna say
I'm gonna get you, I'm gonna get you
Look out boy, 'cause I'm gonna get you

I'm gonna make you love me
Oh, yes I will , Yes I will
And I'm gonna make you love me
Oh, yes I will , You know I will


- Every breathe I take -
- And each and every step I make -
- Brings me closer, baby -
- Closer to you -

- And with each beat of my heart -
- For every day we're apart -
- I'll hunger for every wasted hour -


And I ... Every night and every day
I'm gonna get you, I'm gonna get you
Look out, 'cause I'm gonna get you

I'm gonna make you love me
Oh, yes I will , Yes I will
I'm gonna make you love me
Oh, yes I will , Yes I will


I'm gonna make you love me
Oh, yes I will , Yes I will
I'm gonna make you love me
Oh, yes I will , Yes I will

YouTube をあたると数はヒットするのだが、オリジナルのバージョンは思うほどないのね。
その辺もっとわかりやすく分類できないのかな?YouTube!
・・・
当時の超売れっ子女性グループ、男性グループの夢の競演。
このヒット曲のヴォーカルは、
エディ・ケンドリックスにダイアナ・ロス、そしてオーティス・ウィリアムスだ。
・・・
どちらが主か従かなんてことは全くなしで双方に対等な音作りなのだが、
元もとのアルバムタイトルは、
Diana Ross & the Supremes Join the Temptations 」 である。

ダイアナ・ロス&シュープリームスとテンプテーションズ(紙ジャケット仕様)ダイアナ・ロス&シュープリームスとテンプテーションズ(紙ジャケット仕様)
1968 - ダイアナ・ロス&シュープリームス

曲名リスト
1. トライ・イット・ベイビー
2. アイ・セカンド・ザット・エモーション
3. エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ
4. 君に愛されたい
5. ジス・ガイ
6. ファンキー・ブロードウェイ
7. アイル・トライ・サムシング・ニュー
8. 太陽のあたる場所
9. スウィート・インスピレーション
10. ゼン
11. 見果てぬ夢

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

競演アルバムを、上記曲を含め 「 カバー曲で 」 なコンセプト自体がとても活きている。
・・・
「 I'm Gonna Make You Love Me 」 の邦題が 「 君に愛されたい 」 となっているけれど、
そんななまっちょろい気持じゃなくて、もっとポジティブだよな。
止め処なく溢れてきてしょうがない強い意志が見て取れる。

・・・・・・
・・・・・・

さて政権も変わったし年も改まったことだし、
「 武士は食わねど高楊枝 」 なんて自虐感に満足して悦に入るような観念はサッサと放り捨て、
2013年は 「 据え膳食わぬは男の恥 」 的に日本社会もガツガツ行ってくださいね。

Guts! Guts!


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

音の芋づる#11 : Cold, Cold Winter / The Pixies Three >>> Jingle Bells / Michael Buble & The Puppini Sisters

2012.04.22 | ○ 音の芋づる
#1 : Abbey Road / Beatles >>> How Dare You! / 10cc
#2 : Art For Art's Sake / 10cc >>> Skateaway / Dire Straits
#3 : Skateaway / Dire Straits >>> Crawlin' King Snake / John Lee Hooker
#4 : Crawlin' King Snake / John Lee Hooker >>> Any Way The Wind Blows / J.J. Cale
#5 : Any Way The Wind Blows / J.J. Cale >>> A Thousand Kisses Deep / Leonard Cohen
#6 : A Thousand Kisses Deep / Leonard Cohen >>> 遠距離やろ?ウチら / 藤井組
#7 : 遠距離やろ?ウチら / 藤井組 >>> 俺ら東京さ行ぐだ / 吉幾三
#8 : 俺ら東京さ行ぐだ / 吉幾三 >>> Are You Ready For The Country / Neil Young
#9 : Are You Ready For The Country / Neil Young >>> 君は天然色 / 大滝詠一

・・・
#10 : 君は天然色 / 大滝詠一 >>> Cold, Cold Winter / The Pixies Three

          



前回、音の芋づるを書いたのは夏の日差しもクソ暑い 7/29 のことでした。
・・・
その時によりにもよってクリスマス・ソングなんぞ選んだためもあって、
次回は街がクリスマス色に染まった頃を見計らって ・・・ などと考えたのが大間違い、
何時ものようにすっかり忘れていて!!!今日に至ったと相成ります。

・・・・・・
・・・・・・

な訳で、予定を変更し女の子三人組 The Supreams の Love Child に持って行き、
今日の最大売れっ娘 Adele - Rollin In THe Deep へと流れようかなとも考えましたが、
なんだか至極全うすぎてちっとも面白くない。

 - この1年、Adele の2nd はよく聴いています。よく出来てる。聴いていて疲れない。
 - 一緒に買った 1st は '90年代に雨後の筍のように出てきた北欧系病弱ヴォーカル傾向で、
 - 2nd を出す前に、これは確実に '60~70年代ソウルの音を研究したなと感じます。

そう、面白くないので、昨年のクソ暑い最中に朦朧脳味噌で描いていた当初案どおり、
もう本当に季節外れではありますが ・・・ 音の芋づる#11ですっ!
・・・
いいんじゃないでしょうか、旬なんてとうに崩れ去った社会でありますしね、では、どうぞ。


 


もう既に御存知のように、The Pixies Three は高校時代の女子友3人組、
一方今回の The Puppini Sisters は音楽学校の女子友3人組です。

 - 級友3人組の女の子グループって、いそうでいてなかなかおりませんからね。

うわぁ〜〜〜、なんだかビッグバンドジャズのコンサートなんてぇのに行きたくなりましたわね。

・・・・・・
・・・・・・

当該曲はないですけれど、クソ暑い夏を乗り越えたかだか半年後には必需品の、
これなんか用意しといたら楽しい年末になりそうな、如何でしょ。


 

HMV レビュー

Vivienne Westwoodのアシスタントでオペラの次世代スターを目指していた髪の色がブルネットの Marcella Puppini,クラシック音楽を学びジプシー・ジャズ・ヴァイオリン/南米ハープと歌を得意とする赤毛のStephanie O'Brien,天使のように歌いながらも同時に汚く罵るブロンドのKate Mullinsの3人がそれぞれジャズのパフォーマンス、作曲を学ぶためにロンドンのTrinity College of Musicに在学中の2004年に結成、2007年アルバム『Betcha Bottom Dollar』で全米デビューを果たしUS JAZZ CHARTで2位を獲得し、その後も2008年の2ndアルバム『The Rise And Fall Of Ruby Woo』でUS JAZZ CHART5位となり、その人気・実力とも不動となったセクシー3人組The Puppini Sistersの3年ぶりアルバムはスウィンギン&ロッキン,セクシーでエキセントリック)な楽しいクリスマス・アルバム。

30〜40年代に一世風靡したTHE ANDREW SISTERSと同時に80年代のマンチェスターを代表するバンドThe Smithsにも音楽的に影響を受けているThe Puppini Sistersがシルキーなガウンを身につけ、真っ赤な口紅を差し作った本クリスマス作品、あのMariah Careyの大ヒット曲"All I Want For Christmas"からMadonnaのカヴァー以上にセクシーな"Santa Baby",Wham!の定番"Last Christmas"からみんな大好きなクリスマス・スタンダードまでをノスタルジックさのみならず彼女たちならではのツイストを加えて披露。もはやレトロではなく、THE PUPPINI SISTERSがオリジナル。大人から子供まで楽しめること請け合い。

  1 Step Into Christmas (03:40)
  2 Santa Baby (03:24)
  3 Here Comes Santa Claus (03:01)
  4 Last Christmas (05:02)
  5 Let It Snow (03:25)
  6 White Christmas (03:18)
  7 All I Want For Christmas (03:21)
  8 Mele Kalikimaka (02:56)
  9 Winter Wonderland (02:24)
  10 O Holy Night (03:52)


 Christmas With the Puppini Sisters
 Puppini Sisters
 Christmas With the Puppini Sisters
 Amazonで詳しく見る by G-Tools




このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

QLOOKアクセス解析