処々てくてくテケテケ

HOME   TWITTER   FACEBOOK

1ページ2ページ中

公園ベンチのポロンポロン

2007.01.30 | ○ Photo⇔Music
チョンとアルペンハットを頭にのっけて、
初老のおっちゃんが両手はズボンのポッケに突っ込んで
モソモソと歩いて来たのである。

チラッと眼が合ったものの、気にする風でも無く・・・
おっちゃんは、そのまま流れるような動作で目の前のベンチに腰を下ろした。
冬の陽だまりに・・・
そう、疑うまでも無くそこは彼のいつもの指定席なのだろう。

K10D + SMC TAKUMAR 55mm/F1.8 今日も日課の日向ぼっこ
  K10D + SMC TAKUMAR 55mm/F1.8

1941年生まれの1971作であるから
丁度30歳にしてのファースト・アルバム。

しかし、既にこの時点で
「The Cyrkle」 「Simon & Garfunkel」 「Blood Sweat & Tears」 「Janis Joplin」
そして、おおぉぉぅぅ〜我が最愛の 「The Band」 等々、
錚錚たる連中の錚錚たるアルバムのプロデューサーである。

♪ フゥ〜 フゥ〜 ウゥ〜〜〜
  ウゥ〜 フゥ〜 フゥ〜〜〜

ストレートな音楽ばかり聴いている人は、戸惑うだろう (いや、戸惑うがいいさ!)
ズッコケル人がいても驚くに値せず、のアルバムではある。
一聴「調子っぱずれの・・・」 ・・・かもしれぬ。

John Simon's Album
John Simon's Album
1971 - John Simon

参加ミュージシャンの うじゃうじゃ を知りたい人はこちらのサイトもどうぞ。
◎ ARTISTdirect - John Simon : John Simon's Album

これほど 青く老練な アルバムもないので、愛聴している。

また後に何枚かアルバムが作られたのだが、
これほど 青く老練な アルバムではないので、疎遠にしている・・・
・・・のも白状しておこう。

● Davy's On The Road again − John Simon / Robbie Robertson

Davy's on the road again
Wearin' different clothes again
Davy's turnin' handouts down
To keep his pockets clean
All his goods are sold again
His word's as a good as gold again
Sez if you see Jean now ask her
Please - to pity me
Jean and I we moved along
Since the day - down in the hollow
When the mind went driftin' on
And the feet were soon to follow

Davy's on the road again
Wearin' different clothes again
Davy's turnin' handouts down
To keep his pockets clean
Sayin' his goodbyes again
Wheels are in his eyes again
Sez if you seen Jean now as her
Please - to pity me
Downtown in the big town
Gonna set you back on your heels
With a mouth full of memories
And a lot of stickers for my windshield
Shut the door cut the light
Davy won't be home tonight
You can wait till the dawn rolls in
You won't see our Davy again

目の前にピアノでもあれば、
何の気負いも無くポロンポロンと弾き始めそうなおっちゃんの
冬の公園、ベンチの陽だまり。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

壁紙:2月のカレンダー

2007.01.27 | ★ Calendar
ワハハハハ、残念ながら季節柄の「梅」ではありません。
季節外れの「柿」ですが・・・

共にぶっとい枝と、その先からこれがまたあらぬ方向へと折れ伸びていく細枝の、
シルエットにして尚映えるその反骨的な姿には
見る度に感じ入り・・・

と言う事で、年明けチョイ経ってチョイと気持ち緩んだ2月のカレンダーは、これで。

2007 February ガギグギジグザググギグギッ
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

K10D・Jpeg  トッテオキのフンワリ?

その昔、粒子の一つ一つまでもがより精密、シャープに写り込むような絵を求めて、
「35mmなんかじゃ無理だ!せめて645だ!」

の、

時期を無事に乗り越え(と言うか、アホらしくなって売っぱらったのだが・笑)

デジカメを使うようになり、落ち着いた今は・・・ボケ収差で、
最近は「どうやって色を滲ますか」に苦心惨憺(笑)
元来が、風景撮りの人間ではなかったのもその由か!

ところで、イギリス某巨大掲示板・・・
K10DのJpeg(デフォルト設定でのみテスト)が、
「シャープさが無い、ダイナミック・レンジが狭い(白トビ)」という事で、
IQ(Image Quality)に予想されたより低い点数が付けられた。

シャープさかぁ、最近のツルピカ液晶の影響もあるんだろうな。

まぁ、向こうのペンタ使いの意見は、
「RAW で撮れ!(私見、K10DのRAWは優秀 - *1)、
Jpegで撮りたいならBrightモードで撮れ!」
と防戦必死である。

が、それは至極尤もなことであって
その道具にデフォルト以外の設定が盛り込まれているならば、
自分の好みの設定にした上で、その道具の評価がなされるべきであろう。

選手の能力を引き出せないスポーツ監督・コーチは、即解任されるであろうし、
駒の持ち味を生かせないヘボ将棋を観戦する馬鹿はいない。

さて、「より精密、シャープに」については、きりがないので捨てたことは頭に述べた。
つまり、私にとっては某巨大掲示板のテスト結果などどうでもよい。

なら何故覗いているか?
ん〜〜、そうね・・・「K10D・Jpeg 攻防戦」の観戦てとこかしら。


そう、何を隠そう RAW撮り一発変換ボタン付き のK10D

*istDS + Flektogon 35mm/F2.4 K10Dに31mm付けて


若い時はラジオから流れてきても、
「(もちろん)ケッ!」 と感じていたのである。

ところが、である。
数年前に、ジョージ・ハリスン(私のフェイバリットである)死去のニュースを聞いた時に、
口ずさんでいたのは・・・・・・「Superstar」・・・・・・であった。
しばらく歩いた後に、それに気付いたのだ (オオッットォ!参ったなぁ!)

Singles 1969-1981
Singles 1969-1981
The Carpenters

● Superstar - Bonnie Bramlett / Leon Russell

Long ago and oh so far away
I fell in love with you
before the second show

Your guitar, it sounds so sweet and clear
But you're not really here
It's just the radio

 don't you remember you told me you loved me baby
 You said you'd be coming back this way again baby
 Baby, baby, baby, baby, oh, baby,
 i love you i really do

Loneliness is a such a sad affair
And i can hardly wait to be with you again

What to say to make you come again
Come back to me again
And play your sad guitar

 don't you remember you told me you loved me baby
 You said you'd be coming back this way again baby
 Baby, baby, baby, baby, oh, baby,
 i love you i really do




早速、CDを買いに行きました。
が、どうもCDの音はシャープさが強調され過ぎの感じ、
尖ってしまってヒリヒリと耳に痛い。

と言う事で、ハイッSACDでの買い直しをするはめに。

ささ、トッテオキの酒も用意してと・・・
そうね「やはり水のように飲める酒は格別に旨いねぇ」



*1 : 例えば、Digital Photography Review : EOS-40D レビューでの K10D との比較記事など参考になるかもしれない。
    ○ Canon EOS 40D Review: 26. Compared to...

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

きみの居場所、ヨウソロ

2007.01.25 | ○ Photo⇔Music
多分思い返せば,あれはお盆だったのだろうか。
それは、私を心から可愛いがってくれていたという私の祖母の初盆だったのだろう。

勿論、とっくの昔に亡くなった祖父の膝に抱かれていた私が見ていたのは、・・・
(思えば、それを覚えていることも不思議なことなのだが)

破れた、それもたかだか直径5,6センチの障子の穴から覗いていた 福助さん なのである。
私は、二間続きながら狭苦しい中に大勢の人が飲み食いしている中で、一人・・・
別に驚くでもなく騒ぐでもなく、じぃ〜〜〜と 福助さん を見ていたのを記憶している。

*istDS + Flektogon 35mm F2.4 隠れたつもり!?!
「元気にしてるみたいだね、ウン・・・よかった」



Mona Bone Jakon
Mona Bone Jakon
1970 - Cat Stevens

うん、確かにこのアルバムの全てに思い入れがあるわけではないのだが・・・・・、
(本当に・・・数年に一度だが一日中エンドレスで聴いている、笑)

● Cat Stevens - Lady D'arbanville

My lady d'arbanville, why do you sleep so still?
I'll wake you tomorrow
And you will be my fill, yes, you will be my fill.

My lady d'arbanville why does it grieve me so?
But your heart seems so silent.
Why do you breathe so low, why do you breathe so low,

My lady d'arbanville why do you sleep so still?
I'll wake you tomorrow
And you will be my fill, yes, you will be my fill.

My lady d'arbanville, you look so cold tonight.
Your lips feel like winter,
Your skin has turned to white, your skin has turned to white.

My lady d'arbanville, why do you sleep so still?
I'll wake you tomorrow
And you will be my fill, yes, you will be my fill.

La la la la la....

My lady d'arbanville why does it grieve me so?
But your heart seems so silent.
Why do you breathe so low, why do you breathe so low,

I loved you my lady, though in your grave you lie,
I'll always be with you
This rose will never die, this rose will never die.

I loved you my lady, though in your grave you lie,
I'll always be with you
This rose will never die, this rose will never die.
Cat Stevens * Lady D´Arbanville * 1970 *



初めて買って貰ったラジオ。
布団の中に持ち込んでは、、、、、コソコソと聴いていた深夜放送で、
そこから密かに流れてくる曲が・・・これだった。

その時受けたイメージは、今日の今日までズゥ〜〜〜とこびりついている。

「そうだね、多分死ぬまで消えることはないのだろうね」

「ん? そうだね、別に構わないよ」
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

水面のサザザザザザ

2007.01.21 | ○ Photo⇔Music
まるで何かのモニュメントであるかの如く
そこにはいくつもの十字架が立ち並んでいた。

*istDS + APO-LANTHAR 90mm F3.5 SL Under The Falling Sky

水面は空と共に立ち並ぶ十字架をもユラユラと映し続けている。

その日はとても穏やかな夕暮れで、
ヨワヨワと吹く風が水面にサザザザザ〜と細かな波を立てる様子を
私は飽きもせずに眺めていたのである。


ジャクソン・ブラウン・ファースト
ジャクソン・ブラウン・ファースト
1972 - ジャクソン・ブラウン

● Jackson Browne - Doctor My Eyes

Doctor, my eyes have seen the years
And the slow parade of fears without crying
Now i want to understand

I have done all that i could
To see the evil and the good without hiding
You must help me if you can

Doctor, my eyes
Tell me what is wrong
Was i unwise to leave them open for so long

'cause i have wandered through this world
And as each moment has unfurled
I've been waiting to awaken from these dreams
People go just where there will
I never noticed them until i got this feeling
That it's later than it seems

Doctor, my eyes
Tell me what you see
I hear their cries
Just say if it's too late for me

Doctor, my eyes
Cannot see the sky
Is this the prize for having learned how not to cry


● Jackson Browne - Rock Me On The Water

Oh people, look around you
The signs are everywhere
You've left it for somebody other than you
To be the one to care
You're lost inside your houses
There's no time to find you now
Your walls are burning and your towers are turning
I'm going to leave you here and try to get down to the sea somehow

The road is filled with homeless souls
Every woman, child and man
Who have no idea where they will go
But they'll help you if they can
Now everyone must have some thought
That's going to pull them through somehow
Well the fires are raging hotter and hotter
But the sisters of the sun are going to rock me on the water now

Rock me on the water
Sister will you soothe my fevered brow
Rock me on the water
I'll get down to the sea somehow

Oh people, look among you
It's there your hope must lie
There's a sea bird above you
Gliding in one place like jesus in the sky
We all must do the best we can
And then hang on to that gospel plow
When my life is over, i'm going to stand before the father
But the sisters of the sun are going to rock me on the water now

Rock me on the water
Sister will you soothe my fevered brow
Rock me on the water, maybe i'll remember
Maybe i'll remember how
Rock me on the water
The wind is with me now
So rock me on the water
I'll get down to the sea somehow
原曲でないとジェシのギターが聴けないので、これを。
Doctor My Eyes



Jackson Browne ROCK ME ON THE WATER MARYLAND 77



ゆるやかにピアノのイントロが流れ、
そしてまるで垂れ込めた曇り空の中にいるような
そんなくぐもった声が歌いだす。

「うんうん、腰を落ち着けて聴きましょ」


思春期・・・
直に接するこの社会への戸惑い。

己の規範がある・・・
盲目的に信じているうちは、世界は自分のものだ。

が、たかだか数年足らずで築いただけの代物である。
迂闊に勘が働いて、その一人相撲に気付いてしまったならば、
絶対的な自信は脆くも崩れ、
否、寧ろ自己を傷つける怖さとなって返ってくる。


「Doctor My Eyes」はこのアルバムの白眉だろう。
それは、中でも Jesse Ed Davis の節々ったギターソロに尽きる。
この社会にある姿、形等ハッキリせぬものへの
そう・・・苛立ちとか、もがきとかを浮かびあがらせる様だ、Bravo!


その昔、「肩の力を抜け」とはよく言われた事だが・・・
一人相撲に気付いてしまうのに併せ、
否その前に、力の抜き加減も身に付けねばならぬ。

何でもかんでも近視眼的にものを見つめるでなしに
遥かに、そして又雄大に横たわっている自然のさまざまを見つめる事は、
果たしてその為の一つの手段である。

しかし、だ。年を取ってしまった今・・・
力の抜き方がどうのこうのよりも、
あれまっ! 「力の入れ方を忘れたのではあるまいか」
と、気付いてショックを受けるだらしなさ。
ああ、身も蓋もなし。


さて、晴れた日を待って
日を置いてそこを訪れたのだが、
残念な事にそこは既に工事が始まっていて、
十字架のモニュメントはおろか、あの豊かな水さえもが無くなっている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

QLOOKアクセス解析