処々てくてくテケテケ

HOME   TWITTER   FACEBOOK

1ページ1ページ中

肩こり?・・・なら、パタパタ

2007.05.31 | ○ Photo⇔Music
私の周りにも、肩凝り人間 がウヨウヨ・・・である。

*istDS + Tamron 272E 90mm/F2.8 そう、あれとそれ・・・かな?

と言う私も、以前は 「何のことやら」 だったのに、それもまた昔。

・・・・・・
・・・・・・

ところで、「肩凝り」って肩が凝っているわけではないんだな、これが!

そこがまた人間の体の不思議なところで、
生命維持のために血液中に一定量保持しているカルシウムが足りなくなると、
ドバドバッと 骨からカルシウムを補給する らしく・・・

○ 全薬工業-カルシウムをとろう | 健康一番
○ 万有製薬-メルクマニュアル家庭版:カルシウム155章 ミネラルと電解質

・・・ なるほど、エンジェルやペガサスの如く背に翼を持つ、その体の不思議は、
進化の仕組みがそんな所にも働いていたのか!と気付かされる。

余分に溶け出したカルシウムが (フムフム)
最も補給されるべき場所で、密かに・・・ (あいやぁ)
そう密かに日々 翼を作ろうと働いている という事!!! (あれまぁ)
そりゃぁ、肩が疼くのも当たり前。

が、これぞ 生命の不思議 と言わずして何と言おう。

それは、つまり ・・・
あなたが 「 肩が凝ったなぁ 」 と肩をグリグリしている時、
実は、密かに生えかけた ちっちゃなちっちゃな翼がパタパタ していたという訳だ。

*istDS + Tamron 272E 90mm/F2.8 パタパタ・・・パタパタ・・・

それは動物に限らず、全ての生命に備わっているはずで、
即ち、私の眼の前に咲いている花も・・・
数多い花弁の、その中のどれか2つは翼(羽根)である可能性が。

そしてまた、これは今さら蛇足であろうが ・・・
例えばイカは8本の足と2本の触腕を持っている事は、きっとご存知のはず!

○ ヤマカ食品:いろいろイカのお話
○ WEB版 原色世界イカ類図鑑
 と、これは魚のイラストが楽しいサイトをおまけ
 ○ グラバー図譜(日本西部及び南部魚類図譜)

はい、ご名答! イカがもし海に住んでいなかったら、
8本の足をブラブラさせながら、
2つの翼で空をパタパタしていただろうはず、きっと!

○ Little Wing - Jimi Hendrix

Well she's walking, through the clouds
With a circus mind that's running wild
Butterflies and zebras
And moonbeams and a fairy tales
That's all she ever thinks about
Riding with the wind

When i'm sad she comes to me
With a thousand smiles she gives to me free
It's alright she says, it's alright
Take anything you want from me
Anything

Fly on little wing
Yeah, yeah, Fly on little wing

- ジミ・ヘンと言えば、当時やたらとラジオで流れていた
- 爆音凄まじくフリーキーな「アメリカ国歌」に
- 聴く耳を閉じた人の多かったのも事実であって、残念だったけれど。

コード感を保ちながらの パタパタ の清涼感と、
それに続く シャキィ〜〜ン と滑空していく爽快さの、
そこに漂う瑞々しく透明感溢れる命。



鉄弦を弾いている、その事実を感じ取れて、
そして何よりもその 擦れる音の質感 がいい。

が ・・・ その命は余りにも短く、2分半も持たず に消えていく。
何とも美しくて儚い。

- おっと、この曲を有名にした功労者 Derek and the Dominos も忘れちゃいけない。
- Layla and Other Assorted Love Songs
  Layla and Other Assorted Love Songs
  1970 - Derek and the Dominos
- (勿論、文句なしの名盤!ではある)
- が、ベビー・ベッドの上でジャラァ〜ン、ジャラァ〜ンと回転し始めた
- メリー・ゴーランド(五円玉)催眠術の如きこのイントロだけは頂けない。
- ここは、やはり手品師の如く軽いいなしで眼の前にポンッの元歌に分がある。

Axis: Bold As Love
Axis: Bold As Love
1967 - The Jimi Hendrix Experience

これもついでに ○ HMV - Axis Bold As Love

儚いのは曲ばかりではなくて、本人の命も実に儚かった。
私達が生きている「 空飛ぶイカ 」 (ホント凄かったよねぇ!)を見たのは、
1970年が最後である。

・・・・・・
・・・・・・

・・・・・・と言う事で、

頑張りすぎて、ちょっと肩が凝ったかなと感じたら、
グリグリする前に、
気持ちを、そう気持ちを肩に集中させて・・・パタパタ すればいい ・・・ んじゃないかな!
「 はいっ、パタパタッ 」 うん、そうね最低2分半!

(あっ、吹聴してもいいけれど、自己責任で。)


おまけ:コピーいろいろあれど ・・・ Best Fantastic Little Wing is ...
 ( で、こちらは、10分のパタパタ )
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

ソウル・ボサノヴァ - ♪ オイシイッ!

例えば・・・

- 深夜に眠さを堪えて欠伸などしつつハンドルを握り、
- 到底手の届かないところに車を止めてしまっちゃったよぉ・・・エヘッ
- ( あぁ、もうそれ以上運転続けないほうがいいんじゃないかな! )

とか、・・・

- 昨今、社会に蔓延する詐欺グループの密談風景を、
- フィルム・ノワール的手法で白々しく再現したしそこなった
- ( ま、私は今のところ髪の心配をする必要もないけどな! )

など・・・

元々テレビを愛聴する方ではないのだが、
偶に見てしまうとそれはそれ、
眼に飛び込んでくるものに一々反応してしまう・・・まいったなぁ。

なので、・・・

テレビがウダウダ流れている横で、タラタラ本を読んでいると、
絶妙の 合の手 「 おいしいっ 」 が耳に飛び込んできた。

- 絶妙の合の手と言えば、
- 暫く前にネット上で話題になった「 中村屋 」を思い出したりするが・・・
- 
- 知らない人は、「 中村屋 祝辞 」で検索するといいだろう。 
- ○ Google 検索 - 「 中村屋 祝辞 」
- 言わずもがなだが、「 なかむらや しゅく  」 だ。
- 「 なかむらや しゅく  」と打ち間違えなきよう!
- ○ Google 検索 - 「 中村屋 祝儀 」
- ( どうにもこうにも、私は世襲披露なんてものに縁がないからなぁ! )

あっ、そうそう・・・

その後、合の手 「 おいしいっ 」 は、ポテトチップスのCMであることが判明。
「 よっ、コイケヤッ 」  ○ コイケヤ ポテトチップス


ところで ・・・

音楽でも「合の手」奏法(!)が気持ちよく決まる曲が多々あって、
真っ先に思い出したのは、・・・じゃなくて、偶々聞こえてきたんだけど、
( こりゃ、テレビ見ないと言いつつ、俺もテレビ漬けじゃねぇか・・・まったく 

ウン、それは・・・

クインシー・ジョーンズの「 ソウル・ボサノヴァ:Soul Bossa Nova 」

ちなみに、アサヒビールのCMで( いっつもどこかで使われているような )
○ アサヒビール:CM情報
映像と「合の手」は全くシンクロしていなくて、正直CM自体は「 オイシクナイッ! 」のが残念だが、
フルートのよる(耳馴染みの)フレーズを金管が「合の手」で受けていく形は・・・
これが決まりだすと、アドレナリン分泌倍増の代物だ ( ん?俺だけか )

それでは、どうぞっ ・・・

♪ (♯)  ド ド ラ ラ - ♪ オイシイッ!
♪ (♯)  ド ド ラ ラ - ♪ オイシイィ〜!
♪ (♯)  ド ド ラ ラ - ♪ オイシイッ!
♪ (♯)  ド ド ラ ラ - ♪ オイシイィ〜!

♪ (♯)  ド ド ラ ラ - ♪ オイシイッ!
♪ (♯)  ド ド ラ ラ - ♪ オイシイィ〜!
♪ (♯)  ド ド ラ ラ - ♪ オイシイッ!
♪ (♯)  ド ド ラ ラ - ♪ オイシイィ〜!

♪ (♯) ド ド ラ ド ド  ド ド ラ ド ド  ド ド ド ラッ


Quincy Jones - Soul Bossa Nova



Big Band Bossa Nova
Big Band Bossa Nova
1964 - Quincy Jones

Amazon のアフェリエイトは(ジャケ紹介等)便利でいいのだが、
最近 HMV の方が、品揃え並びにCDの値段はいいんだよな。
○ HMV - Big Band Bossa Nova

「よっ、エイチ・エム・ヴイっ!」 ( あいたっ、言いにくいぜっ )
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

壁紙:6月のカレンダー

2007.05.22 | ★ Calendar
日毎に暖かさを増し、
木々の緑や草花もその陽の光を充分に堪能している様子。

道端で見かける花々も、その花びら一枚一枚が、
まるで 「宇宙戦艦ヤマト」の
波動砲に エネルギーが満ちていく ような具合に輝いている。

・・・てな具合だから、
これからの 「梅雨〜夏」 に向けて エネルギー充填 を!

2007 June 2007 6月カレンダー
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

想い足取り、初恋トボトボ

2007.05.21 | ○ Photo⇔Music
男の方が失恋の痛みを引き摺ると言われる。

*istDS + Helios 40-2 85mm / F1.5 「うん、まぁ・・・元気だせよ」

あぁ、こりゃ相当きてる様子。
頭を支えきれなくなるほどのガックリ具合だ。

それもそのはずなのは ・・・ ○ Wikipedia - 脳:機能〜容積
容積
・・・、男性の脳は女性よりも大きく重い。・・・成人では、男性は1350〜1500グラム、女性では1200〜1250グラムであり、これは体重の約2%にあたる。
・・・
上記 Wikipedia 記事より
失恋のやるせない想いが、脳味噌をパンパンにしてしまうのはご存知の通り。
だが、その時に 脳味噌の僅かな重さの違い が
ボディブローのようにジワジワと効いてくる事を知らなければならないのである。

いろいろな場面で「あぁ、もう限界っ」てなことを、私たちは知っている。
それまで全く平気だったものでも、ある一点(一線)を越えたとたん・・・
・・・アリャアリャ、てな事を!

はいそうです、僅かに重くなけりゃ・・・
頭も垂れないし、重い想いも引き摺らないはずなのだ (おそらく、多分、きっと)

・・・・・・
・・・・・・

まぁ、でも、「実るほど頭を垂れる〜」とも言うし、これも勉強、勉強!

● Learning How To Love You - John Hiatt

I'm 34 years old now
And i've come to you
Baby i don't even know how
I got through

From the first kiss in the schoolyard
Til the last heart broke in two
I didn't know it would be so hard
Learning how to love you
There was a life that i was living
In some cracked rearview
Where no future was given
To a heart untrue

Still i thought that i was so strong
That my will could force me through
I didn't know it would be so long
Learning how to love you

 I might have never realized
 The courage in your kiss
 And the sweet forgiveness in your eyes

Babe i know you've walked a mile
In someone else's shoes
Maybe you've left some faces smiling
Walking off your blues

And i don't pretend to know how
You ever saw it through
'cause i only got to where i am now
Learning how to love you

John Hiatt & The Goners - Learning How To Love You



私が始めてジョン・ハイアットを知ったアルバム、の〆の曲。

80年代に入ると洋楽への関心は徐々に醒めていったのだが、
それでもまだ プロデューサー買い とか ミュージシャン買い とか続けてはおり・・・
このアルバムは、ライ・クーダー買い の一枚であった。

Ry Cooder ギター、、Nick Lowe ベース、そして Jim Keltner ドラムス。
本人入れて四人のみ、シンプル・パワフル!

- 5年後に同じ四人体勢で、
- こちらはグループ「 Little Village 」としてアルバム一枚出すのだが、
- そこには、手元でグッと伸びてくるような球威は・・・もう感じられず。
- ま、気楽に楽しんでもこれだけやれまっせ、という余裕綽々振りは感じられるんだが。
- もし、もう一枚なら、「誰だ、このスライドは?・・・はい、Sonny Landreth です」だった、
- 次作「 Slow Turning 」だ。

にしても、この時期のジョン・ハイアットのバラッドは、
「ちょっとだけだけど、脳味噌重いんだぜっ! フッフッフッ」 と絶好調だ。
気を付けておかないと、聴いているうちに頭が垂れている・・・危ない、危ない!

Bring the Family
Bring the Family
Bring the Family
1987 - John Hiat

流石に 「こりゃ傑作だぜ!」 で、SACD も出てる(ヨシヨシ)
Bring the Family [Hybrid SACD]
Bring the Family
Bring the Family
1987 - John Hiatt
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

皐月、夕暮れの・・・ツンドク

2007.05.13 | ○ Teku*-Kasha*
私の仕事机の右後には1メートル四方のテーブルがあって、
一段落した仕事の手を休め、ふとそこに眼をやると・・・
K10D + smc 200mm / F2.5
このところ買っては読まずに、買っては読まずに (ハハハ) 積まれっ放しの本や雑誌が、
本当にキラキラと、それはまるで 「♪ 掌を太陽にぃ〜 」と歌っているような

ツンドク の風景なのでした。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

K10D + smc 200mm / F2.5
K10D + smc 200mm / F2.5
K10D + smc 200mm / F2.5
K10D + smc 200mm / F2.5

K10D + smc 200mm / F2.5
K10D + smc 200mm / F2.5
K10D + smc 200mm / F2.5
K10D + smc 200mm / F2.5

※ K10D + smc 200mm / F2.5  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

陽が沈むまでのたかだか十数分間ですが、
ピントを合わせる所を変えるだけでも様々な表情に。

手前の小口の時はまだ写真の態をなしますが、
奥の小口にピントを合わせる時、小口は線だけ・・・
これはもうまるでCGの絵です(笑)

はい、結構遊べていい息抜きです。

K10D + smc 200mm / F2.5 ゼンマイバネ!?!

一枚一枚重なった紙の束というか塊が、
光線の具合によって鈍く光る様子は、
薄い鋼の束ねられたゼンマイバネのようにも見えてくる。

なるほど、私はそれらの文章の中に
「 ゼンマイバネ 」を探しているのかもしれません。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*istDS + Helios 40-2 85mm / F1.5
*istDS + Helios 40-2 85mm / F1.5
*istDS + Helios 40-2 85mm / F1.5
*istDS + Helios 40-2 85mm / F1.5
*istDS + Helios 40-2 85mm / F1.5

※ *istDS + Helios 40-2 85mm / F1.5
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

QLOOKアクセス解析