処々てくてくテケテケ

HOME   TWITTER   FACEBOOK

1ページ1ページ中

車とバーガーとユラユラモワモワ

暑いっ!

ところで、テレビCM買いたくない商品を選択するため にある ・・・ よね?
・・・・・・
私がずぅ〜と引っ掛かっていたのは、
マクドナルドの 「 あくびする位眠くても、ドライブ・スルー 」 CM。

・・・・・・
・・・・・・

そんな時(もう大分前だが)、放送された 「 ガイアの夜明け 」 は、
< 消費を眠らせるな!「〜 "深夜" 市場に商機あり〜 」 > なるもの。

そこで語られていた マクドナルドの深夜営業 への取り組み。

 - 注文受けてから商品を出すまでの時間が
 - 深夜は昼間に比べて5秒余計に掛かっているとの事。
 - 「10秒縮めると売上げが0.6%増える」のだそう。

地道な努力の積み重ねに、頭が下がる。
○ 日経スペシャル「ガイアの夜明け」 6月12日放送 第267回
現代人の生活スタイルを敏感に察知し、これまで見過ごされていた「時間」で新たな消費 を生み出す。今、新たな業種が「深夜の時間帯に賭ける」戦略に乗り出した。
※ 上記「ガイアの夜明け」記事より抜出
 - あれっ、マクドナルドに関する部分は、
 - WEB 上から、何故だろう?・・・ゴッソリ抜け落ちています。

これら各社の 深夜時間帯戦略 というもの、
今の社会の スウィート・スポットを射抜いたもの のようにも思え、
これは正に 「 してやったり! 」 の戦略!と、しばし感心。

*istDS + Helios 40-2 85mm / F1.5 One Hand Release

暑いっ!

して、・・・ マクドナルドは一部店舗を除き、
深夜営業は
ドライブ・スルーのみ という。
これは、なんともドライな商売感覚!

・・・・・・
・・・・・・

いや、ほらっ・・・
私は暫く前に「地球温暖化」に目覚めてしまったでしょ。
○ 地球温暖化、空を仰いで・・・ハピィgoラキィ

という事で、取り敢えずマクドナルドの環境対策を読んではみる。
○ 日本マクドナルド - 環境への取り組み
○ マクドナルド CSRレポート 2006

 - マクドナルド CSRレポート 2006 環境に関する計画、目的・目標
 - とか、
 - マクドナルド CSRレポート 2006-P31 CSRレポート 2006-P31
 - とか、
 - マクドナルド CSRレポート 2006-P32 CSRレポート 2006-P32

いや、素晴らしいです。
・・・・・・
けど、夜中に車をブーブーいわせてやって来る客の面倒までは,
・・・ そりゃぁ責任持てねぇよ、なんでしょうねぇ。

・・・・・・
・・・・・・

・・・ そうかぁ? なんか 0.6% 以上の 片手落ち

窓の外には、・・・ そこにはでかくて黄色い 「 の字 」 が回っている。
● Summer In The City
     - Steve Boone / John Sebastian / Mark Sebastian

Hot town, summer in the city
Back of my neck getting dirty and gritty
Been down, isn't it a pity
Doesn't seem to be a shadow in the city

All around, people looking half dead
Walking on the sidewalk, hotter than a match head

  But at night it's a different world
  Go out and find a girl
  Come-on come-on and dance all night
  Despite the heat it'll be alright

  And babe, don't you know it's a pity
  That the days can't be like the nights
  In the summer, in the city
  In the summer, in the city

Cool town, evening in the city
Dressing so fine and looking so pretty
Cool cat, looking for a kitty
Gonna look in every corner of the city

Till I'm wheezing like a bus stop
Running up the stairs, gonna meet you on the rooftop

  But at night it's a different world
  Go out and find a girl
  Come-on come-on and dance all night
  Despite the heat it'll be alright

  And babe, don't you know it's a pity
  That the days can't be like the nights
  In the summer, in the city
  In the summer, in the city

Hot town, summer in the city
Back of my neck getting dirty and gritty
Been down, isn't it a pity
Doesn't seem to be a shadow in the city

All around, people looking half dead
Walking on the sidewalk, hotter than a match head

  But at night it's a different world
  Go out and find a girl
  Come-on come-on and dance all night
  Despite the heat it'll be alright

  And babe, don't you know it's a pity
  That the days can't be like the nights
  In the summer, in the city
  In the summer, in the city

The Lovin' Spoonful - Summer In The City


街ん中、昔っから暑かったらしい。

歩き廻れば、グタァ〜と暑い暑い日中ではあるけれど、
「なんてったって夏の夜は別もんよ!」
 の、
ナンパでバーガー(自分でも意味不明だけど)で、
浮かれキャッチィ、車で徘徊(自分でも意味不明だけど)な
なんと40年前の名曲ではある。
ブッブッ〜!・・・ クラクションの効果音も粋だぜ。

全く古さを感じさせなくて、大好きな唄。
・・・ だったんだけど、ほらっ「地球温暖化」に目覚めてしまったでしょ。

そうね、無闇に車で徘徊するのだけは止めてもらいたいわね。

・・・・・・
・・・・・・

それにしても結局のところ、
< 消費を眠らせるな!「〜 "深夜" 市場に商機あり〜 」 >    は、
この40年間な〜〜んにも変わってはいなかったようで ・・・ チャンチャン。

ん?「 の字 」・・・ 勿論まだ、廻ってるぜ!

Hums of the Lovin' SpoonfulHums of the Lovin' Spoonful
1966 - The Lovin' Spoonful

曲名リスト
1. Lovin' You
2. Bes' Friends
3. Voodoo in My Basement
4. Darlin' Companion
5. Henry Thomas
6. Full Measure
7. Rain on the Roof
8. Coconut Grove
9. Nashville Cats
10. 4 Eyes
11. Summer in the City
12. Rain on the Roof [*][Instrumental]
13. 4 Eyes [Alternative Version][Alternate Take][*]
14. Darlin' Companion [*][Demo Version]
15. Voodoo in My Basement [*][Instrumental]

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

壁紙:8月のカレンダー

2007.07.23 | ★ Calendar
2007 August ぴょんっ!--- おっとっとっと!

しかし、こういった経験で ・・・
いろ〜んなバランス感覚を養われたっけなぁ。
夏休み - 吉田拓郎

麦わら帽子は もう消えた
たんぼの蛙は もう消えた
それでも待ってる 夏休み

姉さん先生 もういない
きれいな先生 もういない
それでも待ってる 夏休み

絵日記つけてた 夏休み
花火を買ってた 夏休み
指おり待ってた 夏休み

畑のとんぼは どこ行った
あの時逃がして あげたのに
ひとりで待ってた 夏休み

すいかを食べてた 夏休み
水まきしたっけ 夏休み
ひまわり 夕立 せみの声
夏休み - 吉田拓郎


子供の頃に、
100%当然のように体に纏わっていたこの 夏休み
・・・・・・
大人になれば二度と味わえません。大切に!


元気です。
元気です。
1972 - よしだたくろう

関連商品
伽草子 LIVE’73 よしだたくろう 人間なんて(紙ジャケット仕様) よしだたくろう 青春の詩(紙ジャケット仕様) よしだたくろう・オン・ステージ!!ともだち
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
曲名リスト
1. 春だったね
2. せんこう花火
3. 加川良の手紙
4. 親切
5. 夏休み
6. 馬
7. たどり着いたらいつも雨降り
8. 高円寺
9. こっちを向いてくれ
10. まにあうかもしれない
11. リンゴ
12. また会おう
13. 旅の宿(アルバム・ヴァージョン)
14. 祭りのあと
15. ガラスの言葉


・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・

ところで、この 「 夏休み 」 は少々纏わり過ぎです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

おいらはノラ猫 ・・・ ゴロゴロニャンニャン

2007.07.18 | ○ Photo⇔Music
ゴロゴロと喉を鳴らすにしても、
まだ微笑ましくもある ゴロゴロ もあれば、
 ○ 貴方はノラ猫 ・・・ ゴロゴロスリスリ

この社会に潜む歪を、否応なく感じてしまう ゴロゴロ もある。
・・・ 見て見ぬ振りだけの確かな現実。

Though it's not illegal なんだよぅ!
● Reno - Bruce Springsteen

She took off her stockings
I held 'em to my face
She had your ankles
I felt filled with grace

"Two hundred dollars straight in
Two-fifty up the ass" she smiled and said
She unbuckled my belt, pulled back her hair
And sat in front of me on the bed

She said, "Honey, how's that feel
Do you want me to go slow?"
My eyes drifted out the window
And down to the road below

I felt my stomach tighten
As the sun bloodied the sky
And sliced through hotel blinds
I closed my eyes

Sunlight on the Amatitlan
Sunlight streaming through your hair
In the Valle de dos Rios
The smell of mock orange filled the air

We rode with the vaqueros
Down into cool rivers of green
I was sure the work
And the smile coming out 'neath your hat
Was all I'll ever need

Somehow all you ever need's
Never quite enough you know
You and I, Maria, we learned it's so

She slipped me out of her mouth
"You're ready," she said
She took off her bra and panties
Wet her fingers, slipped it inside her
And crawled over me on the bed

She bought me another whisky
Said "here's to the best you ever had"
We laughed and made a toast
It wasn't the best I ever had
Not even close
何とも明け透けな性交渉の描写である。

メキシコからの出稼ぎ労働者なのだろう、
この主人公が女を買いに行った時のお話。

歌は、彼の眼前で女がストッキングを脱ぐ場面から始まる。
そして・・・そのストッキングは彼の顔の上にヒラヒラ。

彼は、ストッキングの感触を思い出したはずである。
ストッキングの匂いを感じたはずである。
が、何よりもその時の彼の一時の喜びは ・・・
・・・ その女の足首に故郷に残す彼女の足首を見たことにある。
  > She (女は) had your (彼女の) ankles
    - もう、どいつもこいつも足首フェチである。

そんな至福に包まれたベッドの上で
彼はブロウジョブ ( あっ、フラの事ね ) の奉仕を受けるのだが、
  > And sat in front of me on the bed

ブラインド越しのギラギラの太陽の光を見ながら、
遂に彼は 彼女の元へとフラッシュバックする のである。
  > Sunlight on the Amatitlan
  > Sunlight streaming through your hair
  > 〜
  > 〜

Amatitlan

彼女の髪に透ける太陽の光、
mock orange(バイカウツギ)の花の香の匂い。
 - それは、女の着けていた香水のせいか?
 - ○ ヤサシイエンゲイ - バイカウツギ

グルグルと故郷での情景が走馬灯の如く思い起こされる。
 - ○ ビアヘス東洋メヒカーノ:メキシコ 世界遺産
 -   このページの 「 26 アガベの景観とテキーラの古代産業設備 」に、
 -   アマティトラン・バレー(Amatitlan Valley)とある。
 -   テキーラの一大産地であるらしい。

・・・・・・
・・・・・・

しかし結局は、今ある現実 ( another whisky ) に引き戻されてしまう。
  > She slipped me out of her mouth
  > 〜
  > She bought me another whisky
  > 〜

そう、女から受け取ったのは、テキーラじゃなくてウィスキー

 - クレジットによるとストリングスとホーン以外は、
 - スプリングスティーンのソロ・パフォーマンス。
 - 
 - 線の細いドブロの音が哀愁を誘うように流れていく。
 - 情景は冷徹にタンタンと唄いこまれていく。
 - その方が勿論!歌の力が増すからだ。
 - いつのまにか貴方は・・・スルリと主人公に寄り添っているはずである。



ところで、曲名がなんで 「 Reno 」 なのか?

Reno は、Las Vegas と同じネバダ州にある都市である。
○ Wikipedia - リノ (ネバダ州)
○ Google Maps - Reno
Reno & LasVegas リノとラス・ヴェガスはそことここ

20世紀も半ばになって、
もはや荒涼とした大地が広がるだけの貧乏州ネバダの打ち出した政策が、
ギャンブル
売春 ( 州管理下の:つまり赤線だ ) なのである。
○ Wikipedia(English) - Prostitution in Nevada

しかし、現在「人口40万人以上の都市では禁止」 等の法規制はあるようだ。
( さて2004年7月に法改正されたのか?この記事が書かれたのか? )
As of July 2004, brothels are illegal under county or municipal law in Carson City (which encompasses the entire county), Washoe County (which contains Reno), Clark County (which contains Las Vegas), Douglas County, and Lincoln County.
兎に角、ヴェガスにしろ、リノにしろ、半時間も走って郡境を越えれば ・・・ !!!
と言う事ではあったらしい。
○ Wikipedia - Mustang Ranch
○ Wikipedia - Chicken Ranch

つまり、こういった社会の一面を語る上で、
・・・・・・
エンターテイメント総本山ヴェガスより、
「 The biggest little city in the world 」 のリノ
の方が
より象徴的に場末的空気を醸し出せるのかもしれない。

それは例えば、 ○ STAR CHANNEL - 作品情報:ダイヤモンド・ランチ


デビルズ・アンド・ダストデビルズ・アンド・ダスト
2005 - ブルース・スプリングスティーン

曲名リスト
1. Devils & Dust
2. All The Way Home
3. Reno
4. Long Time Comin'
5. Black Cowboys
6. Maria's Bed
7. Silver Palomino
8. Jesus Was an Only Son
9. Leah
10. The Hitter
11. All I'm Thinkin' About
12. Matamoras Banks

1. Devils & Dust (Acoustic Performance)
2. Long Time Comin' (Acoustic Performance)
3. Reno (Acoustic Performance)
4. All I'm Thinkin' About (Acoustic Performance)
5. Matamoras Banks (Acoustic Performance)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



このところ、私の愛聴盤になっているアルバムではあるのだが、
・・・
ことこの 「 Reno 」 に関しては、
少々お話を美しく作りすぎている感が無きにしも非ず。

最後の
  > It wasn't the best I ever had
  > Not even close          は、完全に余計の一文。

・・・・・・
・・・・・・

このハイビジョン映像の如きスプリングスティーン作品に対して、
粒子感ありありの白黒写真の如き ・・・ もう一つの 「 Reno 」 がある。
● Reno Street Incident - Jesse Ed Davis

A way downtown on Reno Street
Just one block off Broadway
Stands a row of funky shingle shacks
And scarlet lights wait
I heard that jukebox sing and shout
From a half mile the downtown block
And I knew, oh yes I knew
I knew I had to fight my way through
'Cause I know what you've been through
I want you, yes I do


Peepin' into the window
When to my surprise
Looking' back at me from the other side
Was two great big ole eyes
It was better virgils old lady
And she knew just what I want
She took my hand, and I came in the window
She said to keep the front door lock
She said "I know I'm gonna see you through
Honey, I know what you been through
You want to"  I said "yes I do"


Well, she said "my change is here
Honey, how much you got ?"
I said "about 35¢, I think"
She said "that's not exactly what I'm talkin' about
But you go on ahead baby, just put it on out"


"Talk about Fresno troubled water
And you can mention cock power too
But there's just one thing I want you to know
Any joke can do"
I had to fight my way through
And she showed to me what you can do
If you want to
"Honey, you know I surely do
I'm gonna have to stretch a little guts out"
スプリングスティーンはメキシコからの出稼ぎ労働者を主人公に配したが、
ジェシのこの曲は本人の声だ。
・・・・・・
ところで、ジェシ・デイヴィスはネイティブ・アメリカンである。
アメリカの底辺を・・・直に感じ取って生きていたのやもしれぬ。

歳を重ねた一人の男と一人の女。
ここに 「 Reno 」 の様な直截な性表現などないのだが、
孤独を抱えた者通しの他愛無い会話の中に、
半ば諦観したような淀みきった他愛無い性交渉の様子が伺える。

・・・・・・
・・・・・・

 - デビュー・アルバムの、しかもその1曲目にこの唄を置いた事に
 - ジェシ・デイヴィスの崖っぷちのアイデンティティを感じる。
 - 
 - カクカクと膝の関節を鳴らしながら裏通りの小路を歩いていく。
 - 曲はそんな感じのギター捌きで始まる。
 - おそらくベッドの上の腰使いも重けりゃ、
 - 聴こえてくるリズムの重さも只者じゃなくて、
 - ・・・ ベッドもギシッギシッと跳ねている。
 - 
 - とは言え、エンディング間直に
 - とても軽やかなピストン運動ギター・リフをかまして曲は終わる。
 - 最高だ。

ジェシ・デイヴィスの世界ジェシ・デイヴィスの世界
1970 - ジェシ・デイヴィス

曲名リスト
1. リノ・ストリートの出来事
2. タルサ・カウンティ
3. ワシタ・ラヴ・チャイルド
4. エヴリ・ナイト・イズ・サタデイ・ナイト
5. ユー・ベラドンナ・ユー
6. ロックン・ロール・ジプシー
7. 太陽の女神
8. クレイジー・ラヴ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 - レズリー通した音色と時にリズムを引き摺ってしまうギター使いは、
 - いい女が口を半開きにして、そしてまた舌なめずりしてるような
 - そんな扇情さがプンプンしていて、・・・ 勿論、最高だ。

流石にアマゾンもHMVもサンプル音がない!では最後の砦のこのサイトで。
○ allmusic - Jesse Ed Davis:Jesse Davis

と、師弟愛に輝いていたタジ・グループ時代の映像なら

タジに 「 やってくれよ、デイヴィス 」 と声を掛けられるのもいい感じ。


 - '111108 追記
 - ようやくアップされたよう。貼っておくよ。
 - 
 - 


ところで、二つの曲に歌われるような
場末のネチャッと粘りつくベッドの上の ゴロゴロ は、
この社会の胡散臭さの一面を表現するに十分なテーマである。

今の日本にこんな唄は皆無だ。否、歌う奴が皆無なんだろう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

吹けよ風、呼べよ嵐

2007.07.14 | ○ Photo⇔Music
K10D + FA31mm F1.8AL Limited 淀む川、劈く突風

この様子だと、私の故郷は台風の直撃に遭いそうな気配である。

そう言えば、まだガキだった頃、
2、30メートル上空だったであろうか黒〜い瓦が一枚、
ピュゥ〜と飛んでいったのを見たことがある。

それは大きく広げた傘をギシッと握りしめ
突風任せに滑らせていた自転車を、
・・・ 親父に怒鳴られ取上げられた直後の事だった。

台風4号、大事無ければいいけれど。
● One of These Days
   - Gilmour / Mason / Waters / Wright

one of these days
i'm going to cut you into little pieces
これはもう、邦題 「 吹けよ風、呼べよ嵐 」 の突風具合に
ただただ恐れ入るばかり。

Pink Floyd - One of These Days


Pink Floyd - One of These Days (Live - 1988)

 - この曲は、何と言ってもウォーターズ・ベースの脳内刷込みが強烈、
 - ・・・なのだが、
 - このライブ映像は、デイブ・ギルモアのスティール・ギターに焦点。
 - だけど、そうそう繰り返して見るもんでもない。
 - ・・・う〜ぅ〜ん、欲しくなるから!


B000053F51おせっかい
1971 - ピンク・フロイド

おすすめ平均 star
starやはりエコーズ
star《純音楽》的傑作。
star迷ったけれどこれです。
star案内人ロジャー・ウォーターズ
star裏の代表作

曲名リスト
1. 吹けよ風,呼べよ嵐
2. ピロウ・オブ・ウインズ
3. フィアレス
4. サン・トロペ
5. シーマスのブルース
6. エコーズ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

晴天のドシャブリ、霹靂のコウミョウ

暫く居た九州
・・・・・・
気分さえも 頭の先から足の先までスッポリとドンヨリ の土砂降り。
と言って、帰ってきた名古屋の天気も 「 気分はスッキリ 」 には程遠い。

てなことであったので、
朝食の塩ジャケをゴショゴショと啄ばみながら、
ついつい流れているワイド(井戸端)ショーを見てしまったのは、
確か先週の月曜のことである。

*ist DS + smc 200mm / F2.5 + inBody-SoftFilter あぁぁ、雨晒しでビショビショ

そんな一週間以上も前のことを今更ながらなのだが、
どうにも頭から離れぬので致し方ない。記す。

先週の週明けの話題は、件の久間発言でもちきりであった。
○ Google/ニュース検索 - 「 久間 原爆投下 発言 」

さて、この一週間以上のモヤモヤは、この発言への直の感情ではない。
そのグワッと脳内に巣食ってしまった気持ち悪さの発端は、
ワイド(井戸端)ショーで飛び出した一つのコメントにある。

テレビなんか見なきゃよかったんだが、
そうね、「 聞いちゃったもんは仕方ない

・・・・・・
・・・・・・

てっきり裁判ネタをやっているテレビ・タレントだとばかり思っていた
その弁護士さん(一緒にメシを食っていた友人の言による)は、
話の筋の何がどうなったのか
(塩ジャケをゴショゴショしていたので)わからないのだが、

(おそらく久間発言批判に対する反論として)
「 アメリカの 核の傘の下でノホホンとしている日本人がツベコベ言うな
の様な物言いをした。

その番組には他に数名の出演者がいたのであるが、
結局その物言いに全員がぐうの音も出ず総崩れ状態、
アレレレレ〜の ウヤムヤの幕引き と相成った。

- その言そのものには、異なる二つの立場が考えられる。
- 一つ、全くのアメリカ的立場からの意見とも。
- 一つ、戦後日本の脆弱な立ち回りへの叱咤とも。

なるほど一理はあるのだが、どうにもこうにもスッキリしないのである。

するとその時、心の中でムシャクシャと葛藤していた私の耳に、
氏の次の言が飛び込んで来た。
「 それは、<親のスネを齧っている奴ががツベコベ言うな> と言う事 」

・・・・・・
・・・・・・

ありがたい!そこでようやく私の ムシャクシャは氷解 したのである。

「やったなら、やったと認めてください。あいまいな表現はやめて、本当のことを言ってください」
※ ミートホープ社「偽装ミンチ問題」会見席上での(長男である)等取締役の発言
  (2007年6月21日)
いくらスネを齧っていようが、たとえそれが親であろうが、
過去の悪行には 謝罪するよう忠告してこその正義 ってもんだろう。

ところで、「 彼は本当の弁護士なのか? 」
テレビ音痴の私は未だに確信が持てずにいる(笑)
● Shadow in my eye - Jackie Leven

Jailer bring me water
My throat is kinda dry
And I'm lying in this lonely cell
With a shadow in my eye

I was a holy terror
In a bars my fists did fly
And I go that way quite honestly
With a shadow in my eye

Young man riding to the south
Inside an old mail train
Old man walking in the north
With silence in his veins

Now i haunt that old stockyard
And watch the trains go by
Till a flower struggle thru the steel
Send a shadow to my eye
反戦歌でもなければ、況してや核問題を歌ったものでもない。

女は寝取られるは (・・・らしい)
暴漢には襲われて喉を潰されるは (・・・らしい)
で、ついフラフラとヘロイン漬けに (・・・らしい)
・・・・・・・・・ の、ジャッキーの 生還した からこその歌。

その 生還への努力 というものは、なかなか想像し難いのだが、
彼は独自にその活動を行っている (・・・らしい)

「 寄らばヘロインの陰 」 とはよく言ったものだが (エッ!)
生きしもの、己の ・・・ 見る影が無くなっては元も子もない

The Mystery of Love Is Greater
The Mystery of Love Is Greater than the Mystery of Death
1994 - Jackie Leven

残念ながらアマゾンは玉切れ・・・なので、いつものように
○ HMV:Jackie Leven - Mystery Of Love

 - 私は、・・・時に、・・・無性に、映画音楽なるものに惹かれてしまう。
 - 目覚めたのは結構遅い。
 - グリーナウェイの 「 コックと泥棒、その妻と愛人 」 であった。
 - コックと泥棒、その妻と愛人
 - コックと泥棒、その妻と愛人
 - 1989 - Peter Greenaway / Music - Michael Nyman
 - 
 - 980円!!!!!そうですか。
 - ・・・・・・(ま、それはそれとして)
 - 舞台劇のようなカメラワークと、
 - 幕変わり毎にそこにシンクロしていく音楽と起こし言葉的な効果音。
 - にノックアウトされたのであった。


一度は自分の声を失った、
・・・とは信じられぬような張りと潤いのある声。
に加えて「 幕変わり毎にそこにシンクロしていく音楽と起こし言葉的な効果音 」に、
ドド〜〜ン、ダダ〜〜ン、部屋の空気が振動する。

なんてことないベタなカバー曲 「 I Say A Little Prayer :小さな願い 」
も腸に染み渡る (あっ、それはスコッチ13年ものを飲みながら・・・のせいでもあるな)
● I Say A Little Prayer - HAl David / Burt Bacharach

The moment i wake up
Before i put on my make up
I say a little prayer for you
While combing my hair now
And wond'ring what dress to wear now
I say a little prayer for you

Forever, forever you'll stay in my heart
And i will love you
Forever, and ever we never will part
Oh, how i love you
Together, together, that's how it must be.
To live without you
Would only mean heartache for me

I run for the bus now, dear
While riding i think of us dear
I say a little prayer for you
At work i just take time
And all through my coffee break time
I say a little prayer for you

Forever, forever you'll stay in my heart
And i will love you
Forever, and ever we never will part
Oh, how i love you
Together, together, that's how it must be.
To live without you
Would only mean heartache for me

My darling, believe me
For me there is no one but you
Please love me too
I'm in love with you
Answer my prayer
Say you love me too
皮膚で音楽を聴く満足感。Vote!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

QLOOKアクセス解析