処々てくてくテケテケ

HOME   TWITTER   FACEBOOK

1ページ2ページ中

壁紙:4月のカレンダー

2008.03.29 | ★ Calendar
梅の花も散り、白木蓮の花も散り始めて、
そしてそろそろ が満開だ。
・・・
ところで、桜(さくら)は何故 [sa-ku-ra] と言うようになったのだろう?

○ 語源由来辞典>さ>サクラ・桜(さくら)
桜の語源は、動詞「咲く(さく)」に接尾語「ら」が付き、名詞になったものとされる。
・・・
桜の「さ」は耕作を意味する古語「さ」、もしくは「神霊」を意味する「さ」を表し、桜の「くら」は「座」を表すといった説もあるが、あまり有力とされていない

※ 上記語源由来辞典から引用

「 咲く(さく) 」 に 「 ら 」? ・・・ 「 ら 」 って 「 等 」 かな?
・・・
それより有力とされていないと言い切られてしまってる
耕作もしくは神霊 」 の 「 」 + 「 」 の 「 くら
の方が私には数段気分がいい。
気分
1 : その人がその時々に持つ、快・不快な総合的な心の状態。
2 : いかにも その環境に身を置いているかののような 心の状態。
2008 - April 天地SAKURA創造
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

倫理感ぶった切れのキャッキャキャッキャ

まあ、私も根っからのながら族なので、
仕事をする横のラジオからは四六時中、音が流れ続けている。

とは言っても、FM番組の騒々しさに我慢できなくなる事もままあり、
そういう時は流石にCDにしたり、
チャンネル(チューニング)をテレビに切り替えたりしている。
 - 手元のFMラジオは、テレビの1ch と3ch だけは聴取が可能で、
 - ここ名古屋では1ch が東海テレビ(フジ系)、3ch がNHKだ。

そういう訳で、昼と夕方のニュースを聴く為に1ch に廻すことも多い。
・・・
さて、そこでのこの2,3日のトップニュースと言えば、
茨城・土浦の8人殺傷事件や岡山の突き落とし事件等
益々エスカレートする無差別殺人の話題である。
○ Google ニュース検索 : 土浦 8人殺傷
○ Google ニュース検索 : 岡山 突き落とし

・・・・・・
・・・・・・

昨夜はバタバタしていて、机の前に座ったのはようやく10時過ぎ。
どうやらずっと1ch にしたままだったらしい。
その後も机の上の整理の為、暫くそのままにしていたのだった。
・・・
何かチャンバラゲームの類なのだろうか、
タレントが キャッキャキャッキャと 「 楽しい楽しい 」 を連発している。
・・・
なんと!!!眼の前に出現する人間をぶった切って遊ぶゲームであった。

 - 今日になって改めて調べてみれば、
 - 「 偉大なる未来図鑑 」 なる番組である事を知る。
 - 人を切って 「 楽しい 」 タレントが誰なのかは知らない。
 - 番組司会は児玉清だったようである。

● Have You Ever Seen The Rain? - John C.Fogerty

Someone told me long ago there's a calm before the storm,
I know ; it's been comin' for some time.
When it's over, so they say, it'll rain a sunny day,
I know ; shinin' down like water.

  I want to know, have you ever seen the rain?
  I want to know, have you ever seen the rain
                comin' down on a sunny day?

Yesterday, and days before, sun is cold and rain is hard,
I know ; been that way for all my time.
'Til forever, on it goes through the circle, fast and slow,
I know ; it can't stop, i wonder.

  I want to know, have you ever seen the rain?
  I want to know, have you ever seen the rain
                comin' down on a sunny day?

Creedence Clearwater Revival - Have you ever seen the rain?


いやもうありきたりなコードだけだし、音も軽快。
ご存知のように日本でも大ヒットしたし ( 邦題:雨をみたかい )
今でもカバーされまくっているので耳にした方も多いだろう。

今年の年明け早々だっただろうか、
ニコニコ笑いながらのカバーを聴いてしまった。
・・・
だけど、そんなニコニコな歌ではないんだよな。

 - 実は、・・・ 何年前になるだろうか、
 - 別のブログで同じ事を書いた覚えがある。

・・・・・・
・・・・・・

鍵は、そう ・・・ サビで唄われる
「 Have you ever seen the rain comin' down on a sunny day? 」
晴れた日に降り注いでくる雨って見たことあるかい? 」

残念ながら 「 狐の嫁入り 」 を唄っているんじゃない。
ここで唄われている雨とは ナパーム弾 のことだ。
○ ナパーム弾 - Wikipedia

 - 晴れた日というのは、空爆するのに見通しが効く。
 - つまり、・・・ 晴れればナパーム弾が降ってくるわけだ。

1970 といえば、アメリカは未だベトナム戦争真っ只中。
○ ベトナム戦争 - Wikipedia
・・・
そんな時代に書かれて、そして唄われた歌である。
「 俺は知りたいんだけどさ、
  あんたはナパーム弾の雨が降ってるのを見たことある(の)かい?

Pendulum
Pendulum
1970 - Creedence Clearwater Revival

 - CDは邦盤の方が頻繁に(笑)リマスターされる。
 - ・・・
 - ペンデュラム
 - クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル

・・・・・・
・・・・・・


「 Rain 」 をキーワードにした歌がもう一曲ある。
● Who'll Stop The Rain - John C.Fogerty

Long as i remember the rain been comin' down.
Clouds of myst'ry pourin' confusion on the ground.
Good men through the ages, tryin' to find the sun;
And i wonder, still i wonder, who'll stop the rain.

I went down virginia, seekin' shelter from the storm.
Caught up in the fable, i watched the tower grow.
Five year plans and new deals, wrapped in golden chains.
And i wonder, still i wonder, who'll stop the rain.

Heard the singers playin', how we cheered for more.
The crowd had rushed together, tryin' to keep warm.
Still the rain kept pourin', fallin' on my ears.
And i wonder, still i wonder, who'll stop the rain.

Creedence Clearwater Revival: Who'll Stop The Rain


「 雨をみたかい 」 と同様に、
ありきたりなコードで軽快な、しかもこれまた4分の4拍子の曲。
但し、実際はこの曲の方が一年早い発表だ。
・・・
この時既に、「 Rain 」 がメタファとして使われているのに気付くだろう。

the rain been comin' down.
  clouds of myst'ry pourin' confusion
「 雨は降り続き、暗雲は混乱(困惑)を撒き散らしている 」

そして唄われるのだ。
「 i wonder, who'll stop the rain
いったい誰がこの雨を止めるっていうんだい?俺にはわかんねえよ 」

Cosmo's Factory
Cosmo's Factory
1970 - Creedence Clearwater Revival

 - コスモズ・ファクトリー
 - クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル

・・・・・・
・・・・・・

だから、ね ・・・ スプリングスティーンがこの歌を
自分のライブで唄い続けているのもわかろうと言うもんさ。

 - ジョン・フォガティにしてもブルース・スプリングスティーンにしても
 - 実に図太い政治的心情を宿したアンちゃん達である。

who'll stop the rain - bruce springsteen 93



そして私はつくづく思った。
・・・
少なくともフジテレビは雨を降り止めさせる気なんてさらさら無えな、と。
ニュース番組で正義感ぶったコメント挟むのはもう止めたらどうだ、と。

・・・・・・
・・・・・・

公共の電波上で人をぶった切るゲームやって 「 楽しい 」 だなんて、
倫理感のかけらもありゃしない。完全に麻痺している。

 - フジテレビ社長は豊田皓という人のようである。

テレビの中に ナパーム弾 降らせてどうするの!

ねえ、そう思わないですかね、豊田皓社長。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

春がいっぱい・・・その四

2008.03.23 | ○ Photo⇔Music
K10D + Voigtlander APO-Lanthar90mmSL/F3.5
 K10D + Voigtlander APO-Lanthar90mmSL/F3.5

残念ながら望遠レンズで鳥を撮る嗜好もないし、
マクロレンズで花を、況してや虫を撮る嗜好もない。
・・・
けれども散策しながら柄にも無く、
「 ちょっとお花でも撮ってみようかしら 」 なんてことは思ったわけで、・・・
とは言っても、わざわざマクロレンズに付替えるなんてことは一切思わない、
その時付けていたレンズで撮るという元来の横着振りではある。

K10D + Voigtlander APO-Lanthar90mmSL/F3.5
 K10D + Voigtlander APO-Lanthar90mmSL/F3.5

 -  K10D + Voigtlander APO-Lanthar90mmSL/F3.5 + inBodySofyFilter
 -   K10D + Voigtlander APO-Lanthar90mmSL/F3.5 + inBodySofyFilter

K10D + Voigtlander APO-Lanthar90mmSL/F3.5
 K10D + Voigtlander APO-Lanthar90mmSL/F3.5

梅と言えば、菅原道真だ。

道真が愛でた梅が、大宰府に左遷された彼の元に一夜にして飛んできた、
の逸話で有名だからご存知だろう。
・・・
これを 「 梅の恩返し 」 と言う。
あ〜、世間一般では 「 飛梅 」 と言うらしいんだけど。
○ 太宰府天満宮:飛梅伝説

東風吹かば にほひおこせよ 梅の花
       あるじなしとて 春な忘るな(春を忘れそ)

             菅原道真 「 拾遺和歌集 」
*istDS + Flektogon35mm/F2.4
 *istDS + Flektogon35mm/F2.4

K10D + Voigtlander APO-Lanthar90mmSL/F3.5
 K10D + Voigtlander APO-Lanthar90mmSL/F3.5


● Listen, Listen - Sandy Denny

The young man rose his pretty face,
All for to feel the salty spray.
When storms are mustering, they say
I'll come and take you all away.

I am a traveller by trade,
I only have what i have made.
A fortune teller too they say,
And i can take you all away.

  Listen listen to him do.
  He is the one who is for you.
  Listen, they say
  He'll come and take us all away.

And over there the young man stayed,
Upon on the rocks so rough and grey.
Watching the boy, watching the day
Thinking of how he came to be.

A young man he, he is so real,
And never more to go astray.
He is of value now they say,
And he can take himself away.

  Listen listen to him do.
  He is the one who is for you.
  Listen, they say
  He'll come and take us all away.

Traveller by train


 - オランダの(殺風景な:失礼)車窓越しに、
 - 「 Listen, Listen 」 と 「 No End 」 が流れている。
 - ・・・
 - 誰もいなければ未だに窓ガラスに顔を貼り付けたい私としては、
 - これはこれで楽しい車窓風景。

・・・・・・
・・・・・・

サビに入っての 「 Listen listen to him do 」 が肝だ。
・・・
愛しい人に抱きしめられたような、
或いは敬っている人が肩に手を置いてくれたような、
そんな唱声、特に最後の 「 do 」 の余韻に心は揺れる。

 - 炎は赤く燃える部分よりも青い部分の方が温度が高い。
 - 彼女の唱声は・・・まるで青く燃え続ける蝋燭のようだったが、
 - 不慮の事故で短い生涯に消えた。
 - ・・・
 - サンディ・デニーの名を知らぬ人も多いだろう。
 - Led Zeppelin 4th 「 The Battle Of Evermore 」 で、
 - 絶頂ロバート・プラントに 〜 ヒラリフワリガツン 〜 と
 - デュエットバトルを決めていたと言えば頷く人もいるだろうか。

久しぶりに聴いた。涙が流れる。
歳とともにに大分涙腺が緩んできたらしい。
・・・
いつのまにか、飲んでいたウィスキーの氷も溶けている。

SandySandy
Sandy Denny

Fontana Int'l 2005-06-07
売り上げランキング : 3221

関連商品
The North Star Grassman and the Ravens Like an Old Fashioned Waltz Unhalfbricking Rendezvous Liege & Lief
おすすめ平均 star
star内容では1枚目以上

曲名リスト
1. It'll Take A Long Time
2. Sweet Rosemary
3. For Nobody To Hear
4. Tomorrow Is A Long Time
5. Quiet Joys Of Brotherhood
6. Listen, Listen
7. The Lady
8. Bushes And Briars
9. It Suits Me Well
10. The Music Weaver
11. Here In Silence (Bonus Track)
12. Man Of Iron (Bonus Track)
13. Sweet Rosemary (Bonus Track)
14. Ecoute, Ecoute (Bonus Track)
15. It'll Take A Long Time (Bonus Track)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



YouTube を視ていたら、かなりのサンディ・デニー好きなのだろう、
かわいい女の子がカバーしている。
・・・
未だ私の涙腺を緩めるには至らないが、
私の心を 〜よろめかせる〜 には十分である。

Listen Listen - Sandy Denny



それより、え〜とね、情けない事に、・・・
私の元へはなかなか梅が飛んで来てくれないのも事実である。
・・・
多分、私の横着さが災いしているのだろうと思う _ (×_×) _

*istDS + Flektogon35mm/F2.4
 *istDS + Flektogon35mm/F2.4

 -  *istDS + Flektogon35mm/F2.4 + inBodySoftFilter
 -   *istDS + Flektogon35mm/F2.4 + inBodySoftFilter

*istDS + Flektogon35mm/F2.4
 *istDS + Flektogon35mm/F2.4

 -  *istDS + Flektogon35mm/F2.4 + inBodySoftFilter
 -   *istDS + Flektogon35mm/F2.4 + inBodySoftFilter

〜 Listen listen to him do 〜
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

春がいっぱい・・・その参

2008.03.19 | ○ Photo⇔Music
「 しだれ梅 」 も 枝垂れ梅 と漢字で書けば、
誰もがすんなりとその姿かたちを思い描けるだろう。
・・・
これを 「 SU 」 などと書く輩はまさかいないとは思うが、
皆が皆阿って 「 KY 」 だとか
J ( A,B,C,D.E,F,G,H,I,J,K,L,M,N,O,P,Q,R,S,T,U,V,W,X,Y,Z ) 」
のような記号の羅列が洒落てると考える社会に投げ込まれていれば、
・・・
ふと眼にする 枝垂れ梅 みたいな言葉にホッと息をつく。

*istDS + Helios 40-2 85mm/F1.5
 *istDS + Helios 40-2 85mm/F1.5 -  F1.5

そんな訳だから ・・・ 
枝垂れと地面 (天と地) の挟間に垣間見える
花を愛でている人達の口元綻んだ様子に安堵する。
・・・
花そのものもいいんだけれど、天と地の間に佇む人達に惹かれてしまう。

K10D + FA77mm Limited/F1.8
 K10D + FA77mm Limited/F1.8 -  F6.3

K10D + FA77mm Limited/F1.8
 K10D + FA77mm Limited/F1.8 -  F1.8

K10D + FA77mm Limited/F1.8
 K10D + FA77mm Limited/F1.8 -  F2.4

 - デジタルなって便利だと実感するのがトリミング。
 - 例えば 50%、100%(原寸)表示にして、
 - 元と同じ 3:2 のフォーマットで切り取ってみる。
 -  K10D + FA77mm Limited/F1.8 - 50%Crop
 -   K10D + FA77mm Limited/F1.8 - 50%Crop

 -  K10D + FA77mm Limited/F1.8 - 100%Crop
 -   K10D + FA77mm Limited/F1.8 - 100%(原寸)Crop


そうそう、枝垂れ梅 を味わうのは大人だけじゃない。
ほらっ御覧の通り。
・・・
みんなで仲良く深呼吸できたら素敵なこと ・・・ じゃない?

*istDS + SMC Takumar55mm/F1.8
 *istDS + SMC Takumar55mm/F1.8 -  F4

*istDS + SMC Takumar55mm/F1.8
 *istDS + SMC Takumar55mm/F1.8 -  F4

 - そんなしだれ梅にも
 - 誰にも愛でられずに密かに頑張っている時期がある。
 - ・・・
 - これは、今から半年前の姿。
 - 春の華やかさはないが、これも美しい 緑の枝垂れ だと思う。
 -  *istDS + Helios 40-2 85mm/F1.5
 -   *istDS + Helios 40-2 85mm/F1.5 -  F1.5
 -  
 -  *istDS + Helios 40-2 85mm/F1.5
 -   *istDS + Helios 40-2 85mm/F1.5 -  F1.5


そうやって今ここに、人と人が集う挟間が生まれる。「 こんにちは 」

K10D + Voigtlander APO-Lanthar90mmSL/F3.5
 K10D + Voigtlander APO-Lanthar90mmSL/F3.5

● I Feel The Earth Move - Carole King

I feel the earth move under my feet
I feel the sky tumbling down
I feel my heart start to trembling
Whenever you're around

 Oh, baby, when I see your face
 Mellow as the month of May
 Oh, darling, I can't stand it
 When you look at me that way

I feel the earth move under my feet
I feel the sky tumbling down
I feel my heart start to trembling
Whenever you're around

< interlude >

 Oh, darling, when you're near me
 And you tenderly call my name
 I know that my emotions
 Are something that I just can't tame
 I've just got to have you, baby

I feel the earth move under my feet
I feel the sky tumbling down, tumbling down
I feel the earth move under my feet
I feel the sky tumbling down, tumbling down

I just lose control
Down to my very soul
I get hot and cold all over

I feel the earth move under my feet
I feel the sky tumbling down
Tumbling down
Tumbling down
Tumbling down
Tumbling down

私生活の中にも春が訪れたならば、
天と地さえもその春を愛でてくれる。

天(sky)はしだれる花々に身を代えて
こぼれ落ちるように(tumbling down)私達に降り注ぐ。
・・・
密になったその挟間は、より一層の蜜実を与えてくれる。

i feel the earth move (live) - carole king


いきなりAメロからフックを効かせての情景心象描写、
そしてメロウなサビで心の中のメロメロを唄う。

かなり考えられた構成。が、それ以上に巧妙なのは ・・・
間奏が2番のサビ前に入ってくるその捻り具合。
・・・
天と地、どちらが天であろうが地であろうが、
あとはただそこに現れた子宮の中を漂えばよい。

 - このライブ演奏はスタジオ版よりテンポが速い。
 - ・・・
 - うん、それは致し方ないのだ。
 - テンポは心臓の鼓動に密接に関わっている。
 - 年を取るとちょっと動いただけで、脈が速くなってしまうのだから!
 - そう、それは致し方ないのだ。

つづれおり(紙ジャケット仕様)つづれおり(紙ジャケット仕様)
1971 - キャロル・キング

曲名リスト
1. アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ
2. ソー・ファー・アウェイ
3. イッツ・トゥー・レイト
4. ホーム・アゲイン
5. ビューティフル
6. ウェイ・オーヴァー・ヨンダー
7. 君の友だち
8. 地の果てまでも
9. ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー
10. スマックウォーター・ジャック
11. つづれおり
12. ナチュラル・ウーマン
13. アウト・イン・ザ・コールド (ボーナス・トラック)
14. スマックウォーター・ジャック(ライブ) (ボーナス・トラック)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


全米15週連続1位、しかも302週連続チャートイン(ベスト100)。
よって今更「このアルバムは〜」を言うのも野暮。
・・・
これを子守唄替りに育った人も多かろうの超名盤。

・・・・・・
・・・・・・

そう言えば子守歌ではないが、私が未だに造花の桜
( 商店街にぶら下がっているやつね、梅じゃないけれど )
に心惹かれるのも、
赤ん坊の頃のの愉快な記憶が脳味噌のどこかに残っているからに違いない。

 - 私の頃はしだれ梅じゃない、あれも桜だったか、・・・
 - 
 -  
くまのプーさん ICメリー 8005 D/B
くまのプーさん ICメリー 8005 D/B
ローヤル 2003-03-01
売り上げランキング : 178502


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



が、どうも私だけではないらしい。
・・・
顔の上でクルクル廻っていたピンク色のしだれが、
皆の脳味噌にも確かに仕舞い込まれているように見える。

K10D + FA77mm Limited/F1.8
 K10D + FA77mm Limited/F1.8 -  F2.8

 -  K10D + FA77mm Limited/F1.8 - 50%Crop
 -   K10D + FA77mm Limited/F1.8 - 50%Crop


そうだよ、きっとみんなもしだれのまえではあかちゃんになってるはずだよ。

K10D + Voigtlander APO-Lanthar90mmSL/F3.5
 K10D + Voigtlander APO-Lanthar90mmSL/F3.5

 -  K10D + Voigtlander APO-Lanthar90mmSL/F3.5 + inBodySoftFilter
 -   K10D + Voigtlander APO-Lanthar90mmSL/F3.5 + inBodySoftFilter
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

春がいっぱい・・・その弐

2008.03.17 | ○ Photo⇔Music
日毎に暖かさが増していく、先週はそんな一週間だった。

K10D + FA31mm Limited/F1.8 + inBodySoftFilter
 K10D + FA31mm Limited/F1.8 WB:太陽光 + inBodySoftFilter

名古屋市農業センターのしだれ梅の種類は十種を越える。
・・・と言う。 はい、園内にある説明を読んだからね。
でも注意しながら観察していたにも関わらず、
違いが判ったのはせいぜいがその半数。

それらの中で 「 いかにもしだれ! 」 なのはこの種だろうか。
K10D + FA31mm Limited/F1.8
 K10D + FA31mm Limited/F1.8 WB:太陽光

 -  K10D + FA31mm Limited/F1.8 + inBodySoftFilter
 -   K10D + FA31mm Limited/F1.8 WB:太陽光 + inBodySoftFilter


紅梅と白梅・・・程よく混ぜて植えられているのだが、
如何せん紅梅の色気にやられてしまう。
・・・
そりゃ春だもの、致し方ない。
*istDS + Flektogon35mm/F2.4
 *istDS + Flektogon35mm/F2.4 WB:曇天

*istDS + SMC Takumar55mm/F1.8
 *istDS + SMC Takumar55mm/F1.8 WB:曇天


ところで、紅白 が何故目出度いかの定説はないのだそうだが、
生まれて此の方幾度となく刷込まれ続けられたせいなのか、
見れば瞬間的に ああ、こりゃ目出度い となるのは自分でも不思議。

案外、春も一番に・・・逸早く咲き綻ぶ紅白の梅にでも引掛けているやも、
などと思い耽りながら散策する。
K10D + Voigtlander APO-Lanthar90mmSL/F3.5
 K10D + Voigtlander APO-Lanthar90mmSL/F3.5 WB:太陽光

 -  K10D + Voigtlander APO-Lanthar90mmSL/F3.5 + inBodySoftFilter
 -   K10D + Voigtlander APO-Lanthar90mmSL/F3.5 WB:太陽光 + inBodySoftFilter

● 花 〜すべての人の心に花を〜 - 喜納 昌吉

川は流れて どこどこ行くの
人も流れて どこどこ行くの
そんな流れが つくころには 
花として 花として 咲かせてあげたい

  泣きなさい 笑いなさい
  いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ
  泣きなさい 笑いなさい
  いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ


涙流れて どこどこ行くの
愛も流れて どこどこ行くの
そんな流れを この胸(うち)に           
花として 花として 迎えてあげたい

  泣きなさい 笑いなさい
  いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ
  泣きなさい 笑いなさい
  いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ


花は花として 笑いもできる
人は人として 涙も流す
それが自然の 歌なのさ
心の中に 心の中に 花を咲かそうよ

  泣きなさい 笑いなさい
  いついつまでも いついつまでも 花を掴もうよ

 ※ オリジナル歌詞聞き取り

喜納昌吉&チャンプルーズ 1990年 花〜ハイサイおじさん


花を謳った曲の中でも特上のものだと思う。
・・・
時に聞きたくないもない他人の私生活の断片を吐露されることもない。
同じ生きし物として大らかに見つめ合う優しさに溢れている。

今、私が見ているのは 「 梅 」 だ。
・・・
季節が異なり違う花を見ていれば、
そこは気分も変わるのかもしれないけれど、
「 梅 」 を見ている今の私には、
アルバム・オリジナルでの「 花 」に勝るものはない。

針を落とす、音が鳴る、一聴 ・・・ はい、ライ・クーダーである。
音を紡いでいくようなライのエレアコに喜納友子の唱がそよぐ。
間奏のふくよかなスライドもいい。
気分は「 梅 」 である :-)

・・・・・・
・・・・・・

そこでの音の紡ぎ方は、当然ながら前年'79 に出たライの 「 Bop Till You Drop 」での
「 Go Home,Girl 」「 I Think It's Going To Work Out Fine 」 や、
'82 のサントラへの単発 「 Across The Borderline 」

 - 手元にある'82 邦盤LP「スライド天国」には
 - 他に 「 Big City 」 と2曲おまけで収録されている。
 - アルバム収録は'87「 Get Rhythm 」 に別録で。

辺りに近い。
・・・
当時は「 花(オリジナル) 」と
ライのこれらの曲をカセットに纏め、繰り返し聴いていたなぁ。
また作るか?


BLOOD LINEBLOOD LINE
1980 - 喜納昌吉&チャンプルーズ

曲名リスト
1. じんじん
2. アキサミヨー
3. 花のカジマヤ
4. ニライ カナイ
5. イヤーホイ
6. すべての人の心に花を
7. ミミチリ坊主~ダンジュ カリユシ
8. クレージー カチャーシー
9. ヤンバル

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「 しだれ梅まつり 」 と銘打った催事は昨日で終わったようなのだが、
梅そのものは彼岸に併せてあと暫くは咲いているはずだ。
・・・
週間天気予報では曇りマークがチラホラ見えているが、
人出が少なくなるようなら今週は狙い時なのかもしれない。
*istDS + DA16-45mm/F4 + inBodySoftFilter
 *istDS + DA16-45mm/F4 WB:Manual + inBodySoftFilter


その日の天気や見る時間にも左右されるが、
純白に輝いている白梅も・・・紛う方無い素敵な春を感じさせてくれる。
*istDS + DA16-45mm/F4
 *istDS + DA16-45mm/F4 + Flash WB:太陽光

 -  =
 -   *istDS + DA16-45mm/F4 + Flash WB:太陽光 + inBodySoftFilter

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

QLOOKアクセス解析