処々てくてくテケテケ

HOME   TWITTER   FACEBOOK

1ページ1ページ中

壁紙:5月のカレンダー

2008.04.30 | ★ Calendar
天高く馬はまだまだ肥えぬ五月ではあるけれども、
秋にも況して爽快な青い空に気持ちもハレバレ。
・・・
何しろ Sa-Tsu-Ki という言葉の響きにも
何となく爽やかさが感じられるのが不思議だ。

・・・・・・
・・・・・・

「 Sa-Tsu-Ki 」 は 皐月 と書くのが本来なのだろうけど、
他月と違って 五月 だけが 「 Sa-Tsu-Ki 」 とスンナリ読めるのも
何とは無く不思議だ。
・・・
一体誰がいつ何故に 「 五 」 を 「 Sa 」 と読み始めたんだろぅ?

2008−5月カレンダー 2008-5月カレンダー #1


2008−5月カレンダー 2008-5月カレンダー #2
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

母子殺害事件:もしやの耳元ヒソヒソ

この世で大罪を犯したとしよう。
・・・ 疑うべくもなく 最も救われる教えは キリスト教 のように思う。

・・・・・・
・・・・・・

大罪は 1999年4月14日 になされた。

 - 2000年3月22日 山口地方裁判所:無期懲役判決
 - 2002年3月14日 広島高等裁判所:検察控訴棄却 (=無期懲役
 - 2006年6月20日 最高裁判所   :広島高裁判決破棄、審理差戻し

大罪を犯したその者は、・・・
広島高裁判決後 ( =検察上告後 )暫くして キリスト教に帰依 したと言う。

 - 神により創造されし者は、
 - その事実!により 絶対的な人権 が付与される。
 - 人は皆、<神の元に>平等 である。
 - ・・・
 - つまり人間は神の元に於いてはたかだか等価な存在に過ぎず、
 - 神から与えられし命(基本的人権)は、
 - 自らも、況してや他人からも奪われる事などあってはならない

私の様に漂う中でタダタダ・・・唯!人としての生を受けている思念からすると、
それは遥かに懸け離れた概念と言える。

 - そのような宗教的背景を基に成立しているものを
 - 丸ごと輸入した近代日本の司法システムが、
 - 更には ・・・  来年度からこれまた丸々陪審員制度を導入するという
 - そこでの 文化的なずれ は幾程の事かと危惧せずにはいられない。

私達は否応無く、文化的な(宗教的な)対立 の渦の中に
来年から巻き込まれることになるのだろうか。

 - 神道の家に育ってしまった私にはかなり憂鬱である。

・・・・・・
・・・・・・

処で、絶対的な神により創造された者なれど 大罪を犯してしまうのは
何故だろう? ・・・ 悪魔が、そう悪魔が耳元で囁く からだ ( らしい )。
・・・
元来、原罪を背負って生まれてきたキリスト教信者は、
現世にあっても油断すれば悪魔が寄り添う ( らしい )。

 - 故に、暢気にこの生を生きている私辺りが、
 - 「 ドラエモン・パワー 」 とやらを一笑に付するのは簡単だが、
 - そう簡単に笑い飛ばせる問題ではなさそうである。
 - ・・・
 - が、・・・ 残念ながら今の私には理解不能だ。

大罪を犯した 被告人の主張は差戻し控訴審に於いて豹変 した。
・・・
おそらくは 21人の悪魔が彼の耳元で囁いた のだろう。

 「 そうだよ、死姦したのは蘇生儀式だったはずさ 」
 「 そうだよ、赤ちゃんとはままごとしていただけなんだよ 」
 「 そうだよ、手紙文は強がってしまっただけのことさ 」
 「 そうだよ、・・・ 」
 「 そうだよ、・・・ 」


● Crossroads - Robert Johnson

I went down to the crossroads, fell down on my knees.
I went down to the crossroads, fell down on my knees.
Asked the lord above for mercy, "save me if you please."

I went down to the crossroads, tried to flag a ride.
I went down to the crossroads, tried to flag a ride.
Nobody seemed to know me, everybody passed me by.

I'm going down to rosedale, take my rider by my side.
I'm going down to rosedale, take my rider by my side.
You can still barrelhouse, baby, on the riverside.

You can run, you can run, tell my friend-boy willie brown.
You can run, you can run, tell my friend-boy willie brown.
And i'm standing at the crossroads, believe i'm sinking down.

Cream - Crossroads



十字路で ・・・ へたりこんでるさ 「 神さま、どうかお助け下さい 」
十字路で ・・・ ヒッチハイクしようにも誰も停まっちゃくれない。
十字路で ・・・ 誰か俺を乗っけてってくれよ。
十字路で ・・・ 俺は落ち込んじまって、ずっと突っ立ったまんまさ。
十字路で ・・・ そんなら、誰か W.B.に知らせてくれよ、それ位いいだろう!


クリームの素晴らしき世界
クリームの素晴らしき世界
1968 - Cream


大した奴じゃ無かったのに、ある時から急にギターの腕が上がったと言う。
そんなサン・ハウスの ( 違ったかな ) の言に
何時の間にやら尾ひれが付いて、・・・
「 ある日クロスロードに出かけて行って、ギターの腕と引換えに悪魔に魂を売った 」
の伝説を生む。

Google maps をキャプチャー Rosedale
○ Google Maps : Rosedale

Robert Johnson のことだ。

Robert Johnson- Crossroad



コンプリート・レコーディングス
コンプリート・レコーディングス
1936-1937 - Robert Johnson (CD Release 1990)

・・・・・・
・・・・・・

この世で大罪を犯したとしよう。
・・・ 
立ち竦む、へたり込む。 「 強がる 」 ような余裕 があるはずもない。

○ Google ニュース検索:光市母子殺害事件
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

桜・爛爛、タラタラダラダラ

2008.04.17 | ○ Photo⇔Music
K10D + FA31mm Limited/F1.8
 K10D + FA31mm Limited/F1.8

梅並木にしろ木蓮並木にしろ、これまで全く耳にした事がないのだが、
桜並木
になると、これは誰しもが聞き慣れた言葉だ。
・・・
それほどに日本国中のあちらこちらに桜が植えられているという事の証か。

都会に住んでいようが、田舎に住んでいようが、
近所をフラフラと散歩するだけで、
春の日差しを満身に受けている桜に出会える。
・・・
いよいよ暖かさが身近になる。


*istDS + Helios 40-2 85mm/F1.5
 *istDS + Helios 40-2 85mm/F1.5

順光で見る桜は 「 見て見て、私サクラよっ! 」 なので、
近年は専ら逆光で - ちっちゃな白いお花の塊 - の春を楽しむことを覚えた。

そんな逆光に光る白い塊と、
そこに併せて映り込む人々や風景のハーモニクスが、
あちらこちらで触れ合う桜ならではの醍醐味かなと思っている。


*istDS + Helios 40-2 85mm/F1.5
 *istDS + Helios 40-2 85mm/F1.5

*istDS + Helios 40-2 85mm/F1.5
 *istDS + Helios 40-2 85mm/F1.5

        - *istDS + Helios 40-2 85mm/F1.5 - 70%Crop
        -  *istDS + Helios 40-2 85mm/F1.5 - 70%Crop

えへへ、タラタラダラダラな画だなぁ。

 - このレンズは開放でしか使わない事にしてるからね。

けれども 「 絵筆代りのカメラ 」 なる大義名分が
私の写真をやり始めたきっかけとも言えるし、
ファイルをPCで開いてこういう画が出てくると、
えへへ、素直にむっちゃ嬉しい。

相性が合うってぇのかな、えへへだな。

 - 開放だとピンは薄いし周辺はダラダラと流れる。
 - 加えてボケはグルグルだ。
 - 然るにピンがきてるのは中央のみ、そこに逆光の桜。
 - ・・・ とても楽しい。


Pat Metheny - Paul Wertico - Follow Me ( live )


 - 映像を見る限り、
 - ちゃんと Pat Metheny Group の面子は揃っているみたい。
 - * Lyle Mays:Keyboards
 - * Steve Rodby:Bass
 - * Paul Wertico:Drums
 - ・・・
 - でもこの映像の音はしょぼいなぁ。我慢。

ハーモニクスが印象的な曲だ。
と言うか、これがなきゃ曲として成立したかどうか。
・・・
言い変えよう、これはハーモニクスあっての曲だ、えへへ
・・・ とても楽しい。

 - ハーモニクス?
 - 知らない人は次のサイトがわかりやすいのでどうぞ。
 - ○ 平均律と倍音 ( 小野測器 > なかにわ > 身近な計測 )
 - ○ フラジオレット - Wikipedia
 - ・・・
 - ギターのピッキングにしても
 - カリカリ、キリリ、シャッキリ、スッキリ、パキンパキン
 - ばかりじゃないんだと、こりゃもはや自己暗示だ。

それにしても、
初めて見たメセニーのハーモニクス演奏ジェスチャーは、
近所の自動車工場が朝やっているラジオ体操みたいにタラタラで、
・・・ えへへだなぁ。


B000002NIEImaginary Day
1997 - Pat Metheny Group

おすすめ平均 star
starPMGらしくありませんが、好きな作品です
star想像の世界にひたる
starぐわぁ〜ん。さいこうですぅ。
star完成度が高い作品
star凄みのある濃密な暗さ

曲名リスト
1. Imaginary Day
2. Follow Me
3. Into the Dream
4. Story Within the Story
5. Heat of the Day
6. Across the Sky
7. Roots of Coincidence
8. Too Soon Tomorrow
9. Awakening

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

・・・・・・
・・・・・・

*istDS + Helios 40-2 85mm/F1.5
 *istDS + Helios 40-2 85mm/F1.5
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

春はモクレンでポタポタ

2008.04.09 | ○ Photo⇔Music
*istDS + ULTRON40mm/F2 SL
 *istDS + ULTRON40mm/F2 SL

幼い頃に住んでいた家は、
袋小路の先にある小学校のすぐ横にあって、
家の門横に一本だけモクレンが鎮座していた。
・・・
春になって新学期の真新しい匂いが表の道に弾ける頃、
ブスッと蹲っていたそのモクレンも一斉に花をつける。

暫くすると、小学生のウキウキをよそに、
無数に咲いていたと思っていた花は
何時の間にやらあっけなく散ってしまっていたが、
幼い心に 春はモクレン だった。
 - 鎮座していたのは、写真と違って・・・(紫)木蓮だったけれど。

○ モクレン - Wikipedia
○ モクレン属 - Wikipedia

・・・・・・
・・・・・・

既に桜の散る姿もアチコチで眼にしているけれど、
遅ればせながら、桜の前に花開いたモクレンの春を想う。

*istDS + ULTRON40mm/F2 SL
 *istDS + ULTRON40mm/F2 SL

● Sweet Magnolia (and The Travelling Salesman)
                           - Daniel Fogelberg

Two hearts
Throwing off sparks
Young and in love with our freedom
Moonlight,
Those soft, southern nights
We were both ripe to fall.

I was
Out on my own
Playing for all who would listen
You were
As free as a bird
Flying from nest to nest.

  But somewhere our eyes met
  And our hands reached out
  And we felt a kindred spirit
  And as our faces touched
  I could feel the fire
  And needed so to just be near it.

Oh, lord
Those moments we soared
Borne on the wings of our passion
It seemed then
Like they'd never end
But times like that always must.

  'cause then one day i flew
  Far away from you
  I never knew how i'd regret it
  My sweet magnolia belle
  You know i've loved you well
  Even if i never said it.

< interlude verse >

  Magnolia, now i see
  That freedom isn't free
  And love's the only true redeemer
  And when this journey's through
  I'll be coming back for you
  If you'll have this foolish dreamer.

I spend
A night now and then
Passing through town on my travels
But someday
I'm gonna come back to stay
Magnolia, i'm coming home.



 - ビデオの内容はさっぱり?なのだが、
 - 他にこの歌のビデオが YouTube に見当たらない。


男は終わった恋に恋慕する、これもそんな歌だ。
・・・
家から離れた土地に来て、
転々とあちこちの街を渡り歩いている女と出会う。

「 マグノリア 」 と唄う位だから春に出会ったのだろうか、
 - 遭った瞬間から燃え上がったのに、
 - 永久に続くと(誰しも一緒か!)思っていたのに、
その秋に何の気為しに彼女の元から離れてしまう。
・・・
後悔は時を置いてやって来るものだ。
「 やってしまった! 」 男は、・・・
・・・ 事件現場に戻る位しか打つ手を思いつかない (笑) (泣)

Windows & Walls
Windows & Walls
1984 - Dan Fogelberg

関連商品
High Country Snows Phoenix Twin Sons of Different Mothers Netherlands イノセント・エイジ
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
曲名リスト



春を告げる・・・梅も、桜も、このモクレンも、
木全体の枝と言う枝に一斉に花を付け、そして一斉に散る。
・・・
多くの日本人の思う に当たるのが、
アメリカでは モクレン : Magnolia なのかもな。

*istDS + ULTRON40mm/F2 SL
 *istDS + ULTRON40mm/F2 SL

K10D + Helios 40-2 85mm/F1.5
 K10D + Helios 40-2 85mm/F1.5
● Magnolia - J.J.Cale

Whippoorwill's singing
Soft summer breeze
Makes me think of my baby
I left down in new orleans
I left down in new orleans

Magnolia, you sweet thing
You're driving me mad
Got to get back to you, babe
You're the best i ever had
You're the best i ever had

You whisper "good morning"
So gently in my ear
I'm coming home to you, babe
I'll soon be there
I'll soon be there
JJ Cale - Magnolia


これもひと時の恋の歌。
・・・
愛しい人のような気分にさせてくれたのは、
ニューオーリンズでの一夜。
気持ちよかったぜ、お前は最高だよ。
直ぐにまた会いに行くぜ! ってなところか。

 - 「 Whippoorwill 」 は、訳せば 「 ヨタカ 」。
 - 「 ヨタカ 」 と言えば ・・・モゴモゴモゴ・・・ 「 夜鷹 」 だ。
 - ・・・
 - 「 Whippoorwill 」 にそんな直な意味があるかどうかは?だけど、
 - 「 Nighthawk 」 には夜動き回る奴の意があるから、
 - 当たらずとも遠からずだろうというか、結局そうだろうて。


Naturally/Really
Naturally/Really
J.J. Cale

関連商品
Troubador Okie Really ザ・ロード・トゥ・エスコンディード 5
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
曲名リスト


トツトツトツトツ ・・・
と、トツトツな歌がトツトツと続く。
すると30分程でアルバムが終わる。
・・・
んだからまたヒョイヒョイと最初から
トツトツトツトツ ・・・

 - クラプトンがカバーして一躍有名に。
 - 「 Cocaine 」 とか 「 I'll Make LoveTo You Anymore 」 とか
 - ・・・
 - カバーされるだけの、と言うより感化させるだけの
 - トツトツパワーに溢れている、これはその最初のアルバム。


K10D + Helios 40-2 85mm/F1.5
 K10D + Helios 40-2 85mm/F1.5

K10D + Helios 40-2 85mm/F1.5
 K10D + Helios 40-2 85mm/F1.5


捜せば 「 Magnolia 」 に題材を取った歌って結構あるもんだ。
・・・
けれども、「 マグノリア 」 と聞けば、
映画 「 マグノリアの花たち : 1989 」 を思い出さずにはいられない。

マグノリアの花たち コレクターズエディション [DVD]マグノリアの花たち コレクターズエディション [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2010-08-25
売り上げランキング : 8048

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


シャーリー・マクレーンが出ているということで、
これは観ておきゃなきゃと観た作品。
・・・
原題は 「 Steel magnolias 」 だから 「 鋼鉄のモクレンたち 」 の意になる。

 - magnolia は、ルイジアナの州花らしい。
 - ○ Louisiana.gov - Culture
 - 説明によると常緑とあるから、
 - 私たちの見ているモクレンとは別もののようだけれど。
 - ・・・
 - そうだ、 J.J.Cale の唄うニューオーリンズもルイジアナ州だね。
ルイジアナ州の小さな町に住む6人の女性たちの悲喜こもごもの人生。信仰嫌いの嫌われ者の老女、不治の病に苦しみながらも出産を決意する若い主婦、そんな娘を見守る母親など、誰もが悩みをかかえ、苦しみながら、ささえあいあながら、一生懸命に生きる姿を温かく映し出した感動作。
小さな町のささやかな暮らしの中のドラマを丁寧につづった脚本、演じる女優たちの演技など、すべてがハイ・クォリティ。まだスター女優になる前のジュリア・ロバーツが、不治の病に苦しむ女性を熱演。シャーリー・マクレーン、サリー・フィールドなどベテラン女優相手に一歩も引けをとらない存在感を見せ、大器の片鱗を見せた作品だ。演出はハーバード・ロス。ロス監督の傑作『愛と喝采の日々』と双璧をなす、女性ドラマの秀作といえよう。(斎藤 香)

※ Amazon.co.jp - 商品の説明より
映画はしょっぱなから、どうにもドタドタとけたたましい。
画面の中にやたらと人が写りこんでくるし、
しゃべくりがまるっと舞台じみている。
・・・
ので、「 これは失敗したな、何時席を立とうか 」 と
スクリーンを観て眺めていた記憶がある。

が、そのうちに6人其々の絞り込んで尖らせた個性描写の魔術に
ジワジワと引き込まれてしまった。
うん、芸達者揃い。

 - なるほどそうだったのか、の舞台リメイク作品らしい。
 - 舞台、映画共、脚本は Robert Harling だ、なるほど。
 - ○ Steel Magnolias - Wikipedia (English)

シャーリー・マクレーンとオリンピア・デュカキスの掛け合いを始として、
お互い言いたい事をズケズケ言いつつも、
ほんのりと他人への思いやりが匂い立ってきて、気分も晴れる。




ところで、モクレンの花言葉は
自然への愛 」「 持続性
なんだそうな。
・・・
垢の付き放題の己の心に手を当てながらそれを聞くと、
なかなか意味深な言葉だ。・・・ 面食らうなぁ。

*istDS + smc 200mm/F2.5 + inBodySoftFilter
 *istDS + smc 200mm/F2.5 + inBodySoftFilter



木蘭の涙




SOLASOLA
1993 - スターダスト・レビュー

曲名リスト
1. 木蘭の涙
2. Lovers In The Sky
3. 翼にのせて
4. 午後のロマンス
5. Rock’n Roll Blues
6. 少年
7. もう一度抱きしめて
8. 想い出にたりない
9. Dreaming Again
10. Simple Song 他

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[Single]

木蘭の涙木蘭の涙
山田ひろし スターダスト・レビュー

曲名リスト
1. 木蘭の涙 ~アコースティック・ヴァージョン
2. 何やってんだろう ~アコースティック・ヴァージョン
3. Thank You ~アコースティック・ヴァージョン
4. シュガーはお年頃 ~アコースティック・ヴァージョン

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


・・・・・・
・・・・・・

*istDS + ULTRON40mm/F2 SL
 *istDS + ULTRON40mm/F2 SL
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

民主党にも・・・ムカムカ

尽く色々なものが値上がりする中で、
紆余曲折の末 ( してないか ) ガソリンが値下がり した。
・・・
そもそもは 道路特定財源の暫定税率 の是非に起因する。
○ 国土交通省道路局 | 道路特定財源とは?
○ 道路特定財源制度
    :暫定税率及び一般財源化に関する議論について - Wikipedia


この財源で甘い汁を吸ってきたいる国交省の役人を別にすれば、
道路特定財源の全額一般財源化
に反対する国民はいないのではないだろうか。

しかし私は今回の自民党、そして 民主党の対応にも ・・・ ムカムカ している。
私は元々リベラルな考え方を支持したいので、
社会党〜新進党〜民主党と票を投じてきたのだけれど、・・・

 - 何故? ・・・ あまりにも社会への混乱が多いじゃないか。
 - 事前に予想されたことがそのまま現実となった。

昨年のカレー基準法の改正改悪といい
○ 「 カレー基準法 」 改正のヘトヘト
昨今の 政治は実社会をおもちゃにしている のは明らかだ。
弱者的立場の人間に ( 国民だ ) に平気で無理と負担
を強いている。

・・・・・・
・・・・・・

今回の問題は早くからテレビ番組での討論等も含め議論されていたので、
日曜日の午前はそれらの番組を結構ハシゴした。
思うにこれは 地方格差の問題 に行き着くように思う。

反対派の急先鋒となったのは、御存知宮崎県東子配る国原知事。
・・・
知事の言い分は大凡こうである。
これまでの国の道路行政で未遂に終わっている地方の道路は、
 一般財源化によってどのように担保されるのか?


さて、この問いに対する 民主党代議士 の言は、残念ながら ・・・
どの討論のどの代議士にあっても何も 明快な返答は無かった
そこで繰り返されたのは国交省の怠慢行政への言及のみ、
議論ははぐらかされ棚上げされ続けた。

 - そんなこたぁわかってる! ・・・ 問題はその先だ。
 - その先が民主党からなかなか出てこない。

・・・・・・
・・・・・・

私も名古屋に住んでいるからわかる。
持てる者は一般財源化に無頓着に賛成
だろうと思う。

 - もう持っているからね。
 - ・・・
 - 持てる者は 持たざる者の事などどうでもいい か、
 - 身の回りにあるものが日本全国一律にあるものと考える 節がある。

持たざる者は気が気でない。

ところで、この問題の是非を、
次の総選挙での国民の意思で決着させようとの意見もあるようだ。
・・・
ところが、国民の大多数は持てる者の地域に住んでいる んだぜ。

 - やたらと世論調査で賛否を問うが、そこに真実はあるの?
 - ・・・
 - そう言えば、宮崎県の位置を知らぬ高校生が6割だそうだ。
 - ○ Google ニュース検索 : 宮崎県 高校生



結局、弱者がより弱者の立場に追い込まれていく

 - これが政治のやることかと、
 - ムカムカがジワジワの新年度の幕明け。

・・・・・・
・・・・・・

一般財源化よし!
但し、その先の青写真を描けなければ、民主党に票は入れられない
● Gimme Some Truth - John Lennon

I'm sick and tired of hearing things
From uptight - short sighted - narrow minded hypocritics
All i want is the truth
Just gimme some truth

I've had enough of reading things
By neurotic - psychotic - pig headed politicians
All i want is the truth
Just gimme some truth

  No, short haired - yellow bellied son of tricky dicky
   is gonna mother hubbard soft soap me
   with just a pocketful of hope

  Money for dope
  Money for rope

< Guiter Solo >

  No, short haired - yellow bellied son of tricky dicky
   is gonna mother hubbard soft soap me
   with just a pocketful of hope

  Money for dope
  Money for rope

I'm sick to death of seeing things
From tight lipped - condescending - mommies little chauvinists
All i want is the truth
Just gimme some truth now

I've had enough of watching scenes
Of schizophrenic - ego centric - paranoiac - prima donnas
All i want is the truth now
Just gimme some truth

  No, short haired - yellow bellied son of tricky dicky
   is gonna mother hubbard soft soap me
   with just a pocketful of hope

  Money for dope
  Money for rope

Ah, i'm sick and tired of hearing things
From uptight - short sighted - narrow minded hypocritics
All i want is the truth now
Just gimme some truth now

I've had enough of reading things
By neurotic - psychotic - pig headed politicians
All i want is the truth now
Just gimme some truth now

All i want is the truth
Just gimme some truth
Gimme Some Truth (Music Video)



歌詞を聴けば解るように、
先日書いたCCR曲と同様にベトナム反戦歌ではあるけれど・・・

下に書き出そうと思うが、売り言葉「こてんぱん」連発曲。
では、ムカムカの現・民主党へ捧げよう。

 - 「 From uptight - short sighted - narrow minded hypocritics
 -  「 神経質だわ、視野は狭いわ、狭小だわの偽善者 のせいで 」
 - 
 - 「 By neurotic - psychotic - pig headed politicians
 -  「 神経症だわ、精神病だわ、つむじ曲がりだわの政治家 のせいで 」
 - 
 - 「 From tight lipped - condescending - mommies little chauvinists
 -  「 口をへの字にしてるわ、恩着せがましいわの
         根っからのけちな国粋主義者 のせいで 」
 - 
 - 「 Of schizophrenic - ego centric - paranoiac - prima donnas
 -  「 分裂症だわ、自己中だわ、変質狂だわの自惚れや の 」
 - 
 - 「 short haired - yellow bellied son of tricky dicky
 -    is gonna mother hubbard soft soap me
 -              with just a pocketful of hope

 -   「 刈上げた頭にでっ腹の tricky dicky の奴が
 -      期待ふくらませた温かなガウンで俺にゴマをする 」
 - ・・・
 - Tricky Dicky は、当時の大統領リチャード・ニクソンの蔑称。
 - Mother Hubbard は、婦人が着ていた体全体を覆うガウン ( らしい )
 - ○ Mother Hubbard dress - Wikipedia (English)

LPではB面一曲目。
サビはワンコード、う〜んこりゃジョンだ。
・・・
ムカムカ具合を思いっきり叩きつけるジョンの声も、
短いながら間奏での、こんな音色出した事無いジョージのスライドもいい。
おそらくジョンの指示かも、と勘ぐっている。

 - 正直に申しあげて、この「 Imagine 」 というアルバムは、
 - ( あくまでも私個人的だが ) あまり好きじゃない。
 - 「 ジョンの魂 ( この邦題は傑作 ) 」 への思い入れの方が百倍はある。
 - ・・・
 - ジョンのナヨナヨがまんまナヨナヨと音に現れたA-2、3が特にダメ。
 - 見たくも無い(聴きたくも無い)己の恥部を強いられている気分になる。
 - 私は、Mじゃない (笑)
 - 無理やり聴かされるなら、B面だけにしてくれ!

Imagine
Imagine
1971 - John Lennon


ビートルズ・セッション時の録音があった。
「 Oh Darlin 」 は、言わずもがなの 「 Abbey Road 」 収録曲だ。
「 Let It Down 」 は、ジョージのソロ作 「 All Things Must Pass 」 で収録される。

The Beatles - Oh Darlin/ Gimme some truth/ let it down



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

QLOOKアクセス解析