処々てくてくテケテケ

HOME   TWITTER   FACEBOOK

1ページ1ページ中

米金融工学「 ノーリスク・ハイリターン 」 の厚顔ヌケヌケ

地雷 は未だ全世界に6000万〜7000万個埋まっていると言う。
 ○ PEACEBOAT - プロジェクト - 地雷廃絶キャンペーン

数年前までは1億1000万〜1億5000万と言われていたが1998年のアメリカ国務省の報告書“Hidden Killers”によると、6000万〜7000万個とされている。

これは、地雷の知識が深まり、より正確と思われる数字がでてきたため、過去の記録から深い分析が進んだためであり地雷除去が進んだというわけではない。
・・・
毎年2万5千人〜2万7千人が被害に遭っている。これは、1日あたり70〜80人、実に22分に1人の割合となる。
・・・
※ 上記PEACEBOAT - 地雷廃絶キャンペーン HPより

また上記HPには、地雷の特徴 が次の様に示されている。
1.無差別性 2.半永久性 3.非人道性 4.安価(製造費) の4点である。
細かな解説はHPを覗いて欲しいが、
敢て私見で地雷の特徴を一言で述べさせてもらうなら、
利を得る為に 無関係の一般人民を(半永久的に)人質に取る
処に最も大きな卑劣さがあるように思う。


 - 例えば、まだまだ全容解明には程遠い 汚染米 問題。
 - 問題発覚当初の管轄者である農林水産省事務次官と担当大臣の発言を引く。
 - ・・・
 - 農林水産省白須敏朗事務次官 は、
「 立入調査がしっかりしてれば防げたという議論はある。調査は不十分だったと申しあげている。 が、それによって現段階でわれわれが責任あるとは考えていない 」「一義的には(不正転売した)企業に責任があると考えている。私どもに責任があると考えているわけではない」
 - と、9/11日に言い放った。
 - 
 - 太田誠一農林水産省大臣
は、
「 低濃度で、人体への影響はないと自信をもって言える。だから、あまりじたばた騒いでいない 」
 - と、9/12日に言い放った。
 - 
 - また 三笠フーズ冬木三男社長古谷幸作財務担当 の発言も同様。
 - 「多くを食べないなら健康に被害が無い 」 と言い放ったのを聞いた。
 - 
 - ・・・・・・
 - ・・・・・・
 - 
 - 汚染でいえば、中国の メラミン牛乳 も恐怖を感じざるを得ない大問題だ。
 -  ○ Google ニュース検索 : 中国 牛乳 メラミン
 - 有害、有毒なものが世界中に密かにばらまかれている。
 - 正にこれらは、 食の地雷 そのものに他ならない。
 - ・・・
 - が、政治にも行政にも危機意識は見当たらず、
 - 貧相な放置プレイ的意識だったことが暴かれてしまった。
 - ・・・
 - その後、大臣、事務次官は早々に首を挿げ替えられたのは御存知のはず。
 - 雲隠れした三笠フーズ社長はそれからどうなったんだっけ。


全世界に 中国発の食の地雷 がばら撒かれている一方で、
アメリカ発の金融地雷 もこれまた世界中にばら撒かれていた。
・・・
この1週間、米金融安定化法案の行末で世界中の株価が乱高下している。
正に日毎の一喜一憂状態である。
 ○ Googleニュース 検索 : 金融安定化法

 - 日本のバブルとほぉ〜んとに同じ。土地神話が不動産神話に摩り替わっただけ。
 - ちょっと考えれば、上手く行く訳ねぇだろの サブプライム・ローン
 - 日本のバブルより遥かに悪根性で、
 - 証券化という眼晦まし手法で毒は薄められ世界中にばら撒かれた。
 - ○ サブプライムローン - Wikipedia
 - ・・・
 - これはメタミドホス米やメラミン牛乳が、
 - 徐々に微細化されながら焼酎や粉ミルクに加工された事実に似る。

・・・・・・
・・・・・・
 
ここ1,2年、その サブプライムローンが焦げ付き 始めた。
いつかは爆発する時限装置付き 地雷がとうとう爆発し始めた わけだ。
それも 世界中で
・・・
金融工学を駆使して作り上げた 地雷は莫大な儲けを製造者にもたらした
が、自らがばら撒いた地雷であっても、一度爆発し出したら最後だ。
とうとう 彼らは地雷の処理を投げ出した から堪らない。もう他人事だ。

 - 今一度言っておこう。彼らが製造していたのは 地雷 である。
 - 何の関わりも無い 一般の人々を担保に(人質に) 取っている商品なのだ。
 - それも自国の国民だけではなく、全世界の人民なのだから性悪だ。

税金投入 ( 金融安定化法 ね ) への米国民怒りは尤も。
が、何せ一般人を人質に取る商品である。
結局、ここに来てそれは強制的に認めさせられるはめになる。

 - 米政府も米行政も、或いは全世界の拝米・拝金主義者も
 - なりふり構わぬ放置プレイ賛美の有様で
 - 「 そぉれ それそぉれ アメリカだぁ〜 」 と謳歌していた。
 - ・・・
 - 全世界のそれに無関係な一般の人々の怒りが、
 - メラメラと燃えていることを彼らは知る必要があるだろう。
 - 
 - ・・・・・・
 - ・・・・・・
 - 
 - でもね、米以外の国民に米大統領、米議員を選ぶ選挙権はないのね。
 - そう言えば、以前も似たようなこと書いたけど。
 - ○ GDP ・・・ 若しやのアッシーメッシー

・・・・・・
・・・・・・

★ さて、私達はこんな社会状況から何かを学ぶことができるだろうか?
・・・
ええ、そうですね ・・・ 商品なんだけど、金融商品で製造者責任は問われない
○ 製造物責任法(PL法) - Wikipedia
○ 製造物責任法(PL法)入門

ここに米金融工学が産み出した ノーリスク・ハイリターン の技術がある。
鍵は、一般人民の生活を担保(人質)に取ること にある。
・・・
これからの日本が 「 陽出ずる国 」 として世界の中で浮上するには
この様な ノーリスク・ハイリターン の技術開発 に専念するべきであろう。

 - 勿論、私のような良心の呵責にすぐ躓くような人間は真っ先に負け組だけど。
 - んっとに、残念だ!

・・・・・・
・・・・・・

雨を唄う歌って結構多い。

 - まだガキの頃、先輩から教えてもらったある事実に衝撃を受ける。
 - それは、ジョン・フォガティ(CCR)の 「 雨を見たかい 」 での
 - 雨がナパーム弾のメタファとして唄われているってこと。
 - ○ 倫理感ぶった切れのキャッキャキャッキャ

なので、雨の歌ってな〜んか裏の意味があるような ・・・ ね。

● I Can't Stand The Rain - Donald Bryant,Ann Peebles,Bernald Miller

I can't stand the rain against my window
Bringing back sweet memories
Hey, window pain, do you remember
How sweet it used to be

  When we were together
  Everything was so grand
  Now that we've parted
  There's one sound that I just can't stand...

I can't stand the rain against my window
Bringing back sweet memories
I can't stand the rain against my window
'Cause he's not here with me

  Woe with the pillow
  Where his head used to lay
  I know you've got some sweet memories
  But like a window you ain't got nothin' to say
  

I can't stand the rain against my window
Bringing back sweet memories
I can't stand the rain against my window
Just keeps on haunting me

  Hey, rain, get off my window
  'Cause he's not here with me

Ann Peebles - I Can't Stand The Rain


 - 私は一応光だけれど、楽にダウンロードされる時とされない時がある。
 - おそらく元々のサーバー具合によるものだろう。
 - なので、ダメな時はポーズ状態にしてダウンロードされてからプレイボタン。


「 しとしとぴっちゃん しとぴっちゃん し〜と〜ぴっちゃん 」 じゃなくて、

♪ しとしと ぴっちゃん ぴっちゃん
♪ しとしと ぴっちゃん ぴっちゃん
♪  アイ キャント スタン ザ レェィン〜 である。

雨だれが打ち付ける窓ガラスは ・・・ 車のフロントウィンドウだ。
唄にからむオルガンの響きは、ワイパーの動きに他ならないでしょう。
・・・
ほら、この雨は天から勝手に降り注いでくる地雷を暗示してる。・・・ ね。
そうです、皆でエイヤッと振り払いましょ。

いくら世界が順風満帆に回っていたように見えても、地雷は地雷!
そんなまやかしの宴、きっぱりと振り切んなさい。

そんなどうしようもない心の葛藤、もがく様を描くメンフィス・サウンドに ・・・
・・・ 完敗、否、乾杯。

アイ・キャント・スタンド・ザ・レイン
アイ・キャント・スタンド・ザ・レイン
1974 - Ann Peebles

 - アルバムは 1974 だけれど、シングルは 1973 にヒット。
 - もしかしたらだけど、本当は雨だれに淡い恋を偲んでいる歌なのかも。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

QLOOKアクセス解析