処々てくてくテケテケ

HOME   TWITTER   FACEBOOK

1ページ2ページ中

壁紙:2009-7月カレンダー

2009.06.30 | ★ Calendar
あらら、今年も半分過ぎた んだなぁ。
まだ梅雨も明けていないし、これから暑い暑い夏を迎えようとしているからか、
生まれてこのかた一年の折り返し点なんていう感覚を持った記憶もないんだけれど、
他の皆さんはどうなんでしょうね。

 - 感覚的には、一年の真ん中と言ったらお盆でしょうかね。

しかしこの折り返し日、曇っているのに既に真夏のような蒸し暑さ。
私は気温の高さよりも湿度の高さに弱いことを今更だけれど痛感。
ちょっと歩いただけで汗が流れ落ちる。
・・・
蒸し暑いのはつくづく嫌になる。風ぐらい吹けよ!
あぁそうか!それよりは ・・・ 裸になって空でも滑空したい! の7月です。

2009 - July  850*850 pxl


   - 2009 - July  750*750 pxl

   - 2009 - July  650*650 pxl


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

大竹まこと氏の空かしっ屁話術ビービーピーピー

先週のいつだっただろうか、どこかの民放テレビで、
死刑制度 について話していた。
今日とても惹かれるテーマなので、立ち止まってテレビに向き合った。

 - 「 死刑 」 なる行為には時を経ても賛否両論が渦巻いていて、
 - この時も肯定論者と否定論者のそれぞれ数名のコメントVTRが流され、
 - その後番組は場をスタジオに移して話は続いていたのだが ・・・

・・・・・・
・・・・・・

暫く番組見ていて、ある発言にどうにも押えきれない怒りが沸いた。
・・・
それはスタジオに場を移してからのこと、
 「 冤罪可能性がある限り、死刑制度は適当ではない
的趣旨の発言が続いた後で、司会の辛坊氏 ( と言う事は読売TVだ ) が呈した
 「 殺人の現行犯等明らかに冤罪可能性のない場合においてはどうですか?
の質問に対し、否定論者ということらしい 大竹まこと 氏が間髪無く言い放った一言だ。

 「 そんなことより、税金投入が無駄とはなんなんだよ 」

 - 一言一句正確ではないが、内容は間違っていない。
 - ・・・
 - 頭のVTR映像で或る肯定論者 ( 勝谷氏だったかな ) の
 - 「 死刑に相当する犯罪者が懲役刑になった場合の終身迄面倒みる税金投入は無駄 」
 - とする趣旨の発言があった。
 - ・・・
 - 様々な考え方があることは承知しているし、私自身も頑として譲れない一線もある。
 - が、それは異なる考え方に怒りを覚えるというものとは異なる。

繰り返すが、そんなことより ですよ、そんなことより

 - これは当該質問に 「 そんなのどうでもいいことだ 」 と言ったに等しい
 - ・・・
 - まるでそ知らぬ顔で 空かしっ屁 を、
 - 況してやそれを得意げにかます達成感にもご満悦な様子には
 - こちらの堪忍が到底もたない。

つくづく愛想の尽きる発言だ。
これが彼の芸風で、それを視聴者も求めているのかもしれない が、
彼自身は自分のやっていることを理解しているのかねぇ。

 - うんざりだ。見なきゃよかったぜ。

その後は 「 クローズアップ現代 」 を見たので、
 「 殺人の現行犯等明らかに冤罪可能性のない場合においてはどうですか?
に対する具体的な回答があったのかどうかだけは気になっているが(笑)

・・・・・・
・・・・・・

こういう 空かしっ屁話術 は政治家の討論にも多いのは確かだが、
これがお笑いならその空かし具合に可笑しさもあるんだけれど、
真剣な討論での空かしは何の面白みもないし、それ以上に目障りこの上ない

 - 切り替えしと言うことで言えば、・・・
 - 古賀選対委員長に対して放った東国原知事の言動の方が間違いなく切れ味が鋭い。
 - ・・・
 - 知事を辞して国選出馬の話題は別問題だけどね。

● Short People - Randy Newman

Short people got no reason
Short people got no reason
Short people got no reason to live

They got little hands little eyes
They walk around tellin' great big lies
They got little noses and tiny little teeth
They wear platform shoes on their nasty little feet

Well, i don't want no short people
Don't want no short people
Don't want no short people `round here

  Short people are just the same as you and i
  (a fool such as i)
  All men are brothers until the day they die
  (it's a wonderful world)

Short people got nobody
Short people got nobody
Short people got nobody to love

They got little baby legs that stand so low
You got to pick 'em up just to say hello
They got little cars that go beep, beep, beep
They got little voices goin' peep, peep, peep
They got grubby little fingers and dirty little minds
They're gonna get you every time

Well, i don't want no short people
Don't want no short people
Don't want no short people `round here

Randy Newman - Short People


おそらくランディ・ニューマンのシングルで最もヒットした曲。
しかし彼には Three Dog Night がカバーして'70 に No.1 になった
「 Mama Told Me ( Not To Come ) 」 なるヒット曲がある。
・・・
なのだが、・・・ この時期の優良ポップグループ Three Dog Night の楽曲を眺めると、
「 Family of Man 」「 Old Fashioned Love Song 」「 Out In The Country 」
を書いた Paul Williams がいた。

ジョイ・トゥ・ザ・ワールド ~ベスト・オブ・スリー・ドッグ・ナイトジョイ・トゥ・ザ・ワールド ~ベスト・オブ・スリー・ドッグ・ナイト
スリー・ドッグ・ナイト

曲名リスト
1. ジョイ・トゥ・ザ・ワールド
2. ノーバディ
3. イッツ・フォー・ユー
4. トライ・ア・リトル・テンダネス
5. ワン
6. ヘヴン・イズ・イン・ユア・マインド
7. イージー・トゥ・ビー・ハード
8. イーライズ・カミング
9. セレブレイト
10. レイディ・サマンサ
11. ママ・トールド・ミー(ノット・トゥ・カム)
12. アウト・イン・ザ・カントリー
13. ワン・マン・バンド
14. ライアー
15. オールド・ファッションド・ラヴ・ソング
16. ネヴァー・ビーン・トゥ・スペイン
17. ザ・ファミリー・オブ・マン
18. ブラック&ホワイト
19. ピーセス・オブ・エイプリル
20. シャンバラ
21. ザ・ショウ・マスト・ゴー・オン
22. シュア・アズ・アイム・シッティン・ヒア

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


彼にとってポール・ウィリアムスがどういう存在だったかを考えてみれば、
この 「 Short People 」 の曲意も見えて来るというものだ。(嘘だけど)
・・・
FMでこの曲がバンバン流れていた時はアメリカでの日本車バッシングも始まっていて、
こりゃぁ日本人バッシングじゃねえの!なんて噂もあったなぁ。

 - けれど、本国じゃ放送禁止にしたFM局もあったのに日本じゃバンバン流れてた。

Short People はそんなこと気にしちゃ生きていけねぇよっ!ってことかもしれない。
ま、日本テレビじゃ大竹氏も好きにやってくれていいってことだろう。

 - この「 Short 」 が 「 Little 」 じゃ無いので、
 - 身体的「 Short 」 ではなくて 「 気の短い 」 とか 「 無愛想な 」 の意だよ、
 - という逃げ道があるところがこの歌の味噌なところ。
 - ・・・
 - けれど、どう少なく見積もってもダブル・ミーニングは意識してるはず。

勿論だが、ちょっと自虐的に唄うこの「 Short People 」 自体にはうんざりしてませんよ。

Little CriminalsLittle Criminals
1977 - Randy Newman

曲名リスト
1. Short People
2. You Can't Fool the Fat Man
3. Little Criminals
4. Texas Girl at the Funeral of Her Father
5. Jolly Coppers on Parade
6. In Germany Before the War
7. Sigmund Freud's Impersonation of Albert Einstein in American
8. Baltimore
9. I'll Be Home
10. Rider in the Rain
11. Kathleen (Catholicism Made Easier)
12. Old Man on the Farm

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

A Day - 夜店、FA77mm Limited 絶頂 - in the Life

2009.06.28 | ○ A Day in the Life
今年も暑くなりそうです。
どうやって生き延びよう・・・!と思案する毎日。
・・・
そうだっ、祭りに行こう!

お祭り夜店 暑くてもラーメンだ!
  K10D + FA77mm Limited/F1.8 - F2 / iso400 3000K


お祭り夜店 暑くてもたこ焼きだ!
  K10D + FA77mm Limited/F1.8 - F2 / iso400 3000K


お祭りと言ったら、やっぱり夜店をブラブラが気分だよねぇ。
・・・
あぁ、醤油の焼ける香ばしい匂いがする。
ついフラフラとイカの姿焼きに寄って行くのは人間の本能だと思っていたのだが、
皆が皆そうとは限らないと釘を刺された。
まぁ、いいや。・・・ イカは一人で食っちまった。

お祭り夜店 ひとつどうですか?
  K10D + FA77mm Limited/F1.8 - F2 / iso400 3000K


お祭り夜店 二つくらいどうですか?
  K10D + FA77mm Limited/F1.8 - F2 / iso400 3000K


そう言えば、夜店と言ったら金魚すくいだ。
・・・
あぁ、金魚の匂いがする。・・・ ( 嘘 )
で、これは是非ともすくわにゃなるまい。

お祭り夜店 あっ、やぶれちゃった。
  K10D + FA77mm Limited/F1.8 - F2 / iso400 3000K


ところで皆さん、お祭りにゃ空腹にして出かけるべし。
お金は天下で廻さなきゃ意味がありませんっ!

お祭り夜店 ひとつどうですか?
  K10D + FA77mm Limited/F1.8 - F2 / iso400 3000K


お祭り夜店 毎度有難うございます。( あっ、毎度じゃないか )
  K10D + FA77mm Limited/F1.8 - F2 / iso400 3000K


おっと、もうすっかり縁の遠のいたお面も夜店ならでは。
残念ですが大人には似合いません。

お祭り夜店 子供視線の特等席は?
  K10D + FA77mm Limited/F1.8 - F2 / iso400 3000K


子供はお面、でも大人にはこれです!

お祭り夜店 光ってます。
  K10D + FA77mm Limited/F1.8 - F2 / iso400 3000K

あ、違いました。勘違いです。モーター非内蔵のようです。

・・・・・・
・・・・・・

APS-C での FA77mm Limited の使い方 に迷っていたのは以前吐露した通りだけれど、
こんな 夜のスナップ ( 夜のスナップかぁ、フフ ) にはもってこいです。
こそっと自信持って言いますけれど、77 は夜の絶頂絶好調レンズですよ! 
・・・ ね?

※ 訂正追記
当初 K20D と書いてしまいましたが、
K10D でした。
いつものようにスナップ写真は全て Jpeg 撮影。
WBは 3000K の指定値設定。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

A Day -M50mm/F1.4 で新緑撮り- in the Life

2009.06.22 | ○ A Day in the Life
全くの趣味である写真と音楽は別ブログに分ける!と意気込んでやってみたものの、
何だか二重人格者になったみたいで余計にややこしいことになった。
・・・
ので、止めることにした。ワハハだが、一応やってみた結果だ。でもスッキリした。




ひと月半程前に M50mm で撮った 新緑
 - 今更 「 新緑 」 でもないだろうけど、撮った事さえ忘れていたので勘弁してね。

M50mm - 新緑 透けてくる光、緑色。
  K20D + M50mm/F1.4 - F2

今見ても 新緑 の緑っていうのは気分をスキッとさせてくれる。
再び芽吹いている 初夏の光合成 は、
周りの空気までもその清清しさに染めてしまうから不思議なもんだ。

M50mm - 新緑 緑いろいろ。
  K20D + M50mm/F1.4 - F2.4

入梅してだいぶ経つけれど雨上がりに木々を見上げれば、
まだ瑞々しい光合成の息遣いが感じられる。 6月の緑もまだまだ新鮮だ。


 Jerry Douglas - Rain On OliviaTown
 

雷も鳴っていたようだけど、雨も段々と小降りになり、
そしていつの間にやら柔らかな日差しが木々の緑を包んでいる。
・・・ てな感じの音ですねぇ。
2分余りのあっという間の情景でした。空気が旨くなりました。


M50mm - 新緑 春先のとくさ。
  K20D + M50mm/F1.4 - F1.4

満天の若葉は当然のこととしても、
この季節の年季の入った幹たちもキラキラと生気を輝かせているよね。

M50mm - 新緑 緑のかくれんぼ。
  K20D + M50mm/F1.4 - F2.4


 Jerry Douglas - We Hide And Seek
 

カントリー畑の人なのでドブロと言っても当然スクウェア・ネック・ドブロですが、
これがなんと座らずに立ったまま弾くんですよね。
いい子は真似しても左肩が凝るだけかもしれません。

 - 映像は有名どころオンパレードです。
 -  ○Jerry Douglas - Dobro
 -  ○Sam Bush - Mandolin
 -  ○Mark O'Connor - Guitar
 -  ○Stuart Duncan - Fiddle
 -  ○Alison Brown - Banjo
 -  ○Roy Husky, Jr. - Bass


若々しい木々の息吹を体に浴びていると、
土の中からポッと双葉が顔を出すように脳味噌の奥にポロンと転がり出るのが
この Jerry Douglas のドブロの音で、・・・
・・・
それは地盤を鷲掴みするようなブルースではなく、
地面を這いずり回るようなブルーグラスでもなく、
新緑の若葉が風と一緒に遊んでいるかのようなドブロ、初夏の音だ。


Slide RuleSlide Rule
1992 - Jerry Douglas

曲名リスト
1. Ride the Wild Turkey
2. Pearlie Mae
3. When Papa Played the Dobro
4. We Hide & Seek
5. I Don't Believe You've Met My Baby
6. Shoulder to Shoulder [International Bluegrass Music Association Awards
7. Uncle Sam
8. It's a Beautiful Life
9. Rain on Oliviatown
10. Hey Joe
11. New Day Medley
12. Shenandoah Breakdown

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いやもう気分は 「 寝っころがってビール 」 だな。

M50mm - 新緑 ほらっ、ドブロの音 が聴こえてる!
  K20D + M50mm/F1.4 - F2

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

ニール・ヤングのボックスで踏ん切り

2009.06.14 | ○ 雑念-MEMO
久しぶりにCDの Boxset を買った。
Neil Young の Archives Vol.1、'63〜'72 期のものである。

 - ワーナー系は好きな作品が待てど暮らせどリマスターされずだったが、
 - ライ・クーダーも一昨年だったかやっとのリマスター盤、何とも悠長なもの。

私は映像に左程の興味もないせいもあって、CDオンリーのボックス。
この期のCDはなかなかリマスターされずにいたのでようやくである。
・・・ 買わずにいられましょうか。

 - さて、このボックスは本来DVD付のセットだったらしいのだが、やたら高い。
 - コンサートライブの丸ごと映像であれば、ちょっとは気になったかもしれないが。

Neil Young Archives CD8枚組み

 - 箱は二つ折り、閉じると仕込んである磁石で屈強に一体化。
 - 箱裏は「 After The Gold Rush 」 の裏ジャケジーンズの極彩色版。

一般的にリマスター盤になると音圧も高くなる傾向があるけれど、
今回のCDにあまりにそれを期待するとあてが外れるかもしれない。
が、一つ一つの楽器の存在感は大きく増しているので音場は数倍広い。
極めて丁寧な音作りを目指したことが伺える、私は満足。

 - 頭からタラタラと聴いていたのだが、
 - やはり思い入れのある 「 After The Gold Rush 」 と 「 Harvest 」 収録曲に
 - 身は乗り出し、耳は敏感に。もしかして耳ん中充血してるかも。

特にピアノの音、オケの音が自然になって、
「 After The Gold Rush :曲の方ね 」 なんて耳から鱗でしたね。
タイコの音もヌケが良くなってスネアの音が気持ちいいし、
ベースの音はタラタラ聴いていても追っていけるほどだ。
・・・
なんだけど、「 Harvest :アルバムね 」 はあのくぐもったタイコの音で
モワッとした草いきれの満ちた空間に導かれていたことを思うとチョイ残念。
何せその張本曲 「 Out On The Weekend 」 が未収録、かなり残念。

・・・・・・
・・・・・・

と、残念な気持ちがまだ頭の片隅にはあるものの
この ボックスの曲順 はどういうことだ?と眺めていたら、
何とも几帳面な 録音時系列の並び だ。 ・・・ いいコンセプトじゃないの

Neil Young Archives おまけのリーフレット

 - コンセプトを表現?のファイリング画の曲目リストだ。

Neil Young Archives, Vol. 1: 1963-1972Neil Young Archives, Vol. 1: 1963-1972
Neil Young

曲名リスト
1. Aurora (The Squires)
2. The Sultan (The Squires)
3. I Wonder (The Squires)
4. Mustang (The Squires)
5. I'll Love You Forever (The Squires)
6. (I'm A Man And) I Can't Cry (The Squires)
7. Hello Lonely Woman [Previously Unreleased Original Recording]
8. Casting Me Away From You [Previously Unreleased Original Recording]
9. 9. There Goes My Babe [Previously Unreleased Original Recording]
10. Sugar Mountain (Neil Young)
11. Nowadays Clancy Can't Even Sing [Previously Unreleased Original Demo Recording] [Mono]
12. Runaround Babe [Previously Unreleased Original Recording] [Mono]
13. The Ballad Of Peggy Grover [Previously Unreleased Original Recording] [Mono]
14. The Rent Is Always Due [Previously Unreleased Original Recording] [Mono]
15. Extra, Extra [Previously Unreleased Original Recording] [Mono]
16. Flying On The Ground Is Wrong (Neil Young)
17. Burned [Mono]
18. Out Of My Mind [Mono]
19. Down, Down, Down [Previously Unreleased Original Recording]
20. Kahuna Sunset [Mono]
21. Mr. Soul [Mono]
22. Sell Out [Previously Unreleased Song] [Mono]
23. Down To The Wire [Mono]
24. Expecting To Fly (Buffalo Springfield)
25. Slowly Burning [Previously Unreleased Unfinished Recording]
26. One More Sign
27. Broken Arrow (Buffalo Springfield)
28. I Am A Child

1. Everybody Knows This Is Nowhere (Neil Young)
2. The Loner
3. Birds (Neil Young)
4. What Did You Do To My Life? [Previously Unreleased Mix]
5. The Last Trip To Tulsa (Neil Young)
6. Here We Are In The Years
7. I've Been Waiting For You [Previously Unreleased Mix]
8. The Old Laughing Lady (Neil Young)
9. I've Loved Her So Long (Neil Young)
10. Sugar Mountain [Previously Unreleased Stereo Master]
11. Nowadays Clancy Can't Even Sing [Previously Unreleased Live Version]
12. Down By The River (Neil Young with Crazy Horse)
13. Cowgirl In The Sand (Neil Young with Crazy Horse)
14. Everybody Knows This Is Nowhere (Neil Young with Crazy Horse)

1. Sugar Mountain (Neil Young)
2. The Old Laughing Lady
3. Flying On The Ground Is Wrong-live (Neil Young)
4. On The Way Home [Live At The Riverboat 1969] [Previously Limited Release]
5. I've Loved Her So Long-live (Neil Young)
6. I Am A Child [Live At The Riverboat 1969] [Previously Limited Release]
7. 1956 Bubblegum Disaster (Neil Young)
8. The Last Trip To Tulsa [Live At The Riverboat 1969] [Previously Unreleased Live Version]
9. Broken Arrow-live (Neil Young)
10. Whiskey Boot Hill-live (Neil Young)
11. Expecting To Fly-live (Neil Young)

1. Cinnamon Girl (Neil Young with Crazy Horse)
2. Running Dry (Requiem For The Rockets) (Neil Young with Crazy Horse)
3. Round And Round (It Won't Be Long) (Neil Young with Crazy Horse)
4. Oh Lonesome Me (Neil Young with Crazy Horse)
5. Birds [45 RPM Single] [Mono]
6. Everybody's Alone (Neil Young with Crazy Horse)
7. I Believe In You (Neil Young with Crazy Horse)
8. Sea Of Madness (Crosby, Stills, Nash & Young)
9. Dance Dance Dance (Neil Young with Crazy Horse)
10. Country Girl
11. Helpless [Previously Unreleased Mix]
12. It Might Have Been (Neil Young with Crazy Horse)

1. Everybody Knows This Is Nowhere [Live At The Filmore East 1970]
2. Winterlong-live (Neil Young & Crazy Horse)
3. Down By The River-live (Neil Young & Crazy Horse)
4. Wonderin'-live (Neil Young & Crazy Horse)
5. Come On Baby Let's Go Downtown-live (Neil Young & Crazy Horse)
6. Cowgirl In The Sand-live (Neil Young & Crazy Horse)

1. Tell Me Why
2. After The Gold Rush
3. Only Love Can Break Your Heart
4. Wonderin' [Previously Unreleased Version]
5. Don't Let It Bring You Down
6. Cripple Creek Ferry
7. Southern Man
8. Till The Morning Comes
9. When You Dance, I Can Really Love (Neil Young with Crazy Horse)
10. Ohio [Stereo 45 RPM Single]
11. Only Love Can Break Your Heart [Previously Unreleased Live Version]
12. Tell Me Why [Previously Unreleased Live Version]
13. Music Is Love (David Crosby, Graham Nash & Neil Young)
14. See The Sky About To Rain-live (Neil Young)

1. On The Way Home-live (Neil Young)
2. Tell Me Why [Live At Massey Hall 1971]
3. Old Man [Live At Massey Hall 1971]
4. Journey Through The Past-live (Neil Young)
5. Helpless [Live At Massey Hall 1971]
6. Love In Mind [Live At Massey Hall 1971]
7. A Man Needs A Maid/Heart Of Gold [Suite] [Live At Massey Hall 1971]
8. Cowgirl In The Sand [Live At Massey Hall 1971]
9. Don't Let It Bring You Down [Live At Massey Hall 1971]
10. There's A World [Live At Massey Hall 1971]
11. Bad Fog Of Loneliness-live (Neil Young)
12. The Needle And The Damage Done [Live At Massey Hall 1971]
13. Ohio [Live At Massey Hall 1971]
14. See The Sky About To Rain [Live At Massey Hall 1971]
15. Down By The River [Live At Massey Hall 1971]
16. Dance Dance Dance [Live At Massey Hall 1971]
17. I Am A Child-live (Neil Young)

1. Heart Of Gold-live (Neil Young)
2. The Needle And The Damage Done
3. Bad Fog Of Loneliness [Previously Unreleased Version]
4. Old Man (Neil Young with The Stray Gators)
5. Heart Of Gold
6. Dance Dance Dance [Previously Unreleased Version]
7. A Man Needs A Maid [Previously Unreleased Mix]
8. Harvest (Neil Young with The Stray Gators)
9. Journey Through The Past [Previously Unreleased Version]
10. Are You Ready For The Country? (Neil Young with The Stray Gators)
11. Alabama (Neil Young with The Stray Gators)
12. Words (Between The Lines Of Age) (Neil Young with The Stray Gators)
13. Soldier [Previously Unreleased Mix]
14. War Song [45 RPM Single] [Mono]

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ところで、ここからが本題。そもそもこのブログは、
「 備忘録として機能すればいい 」 と割り切って書き始めたもの。

 - 脳味噌は一つなんだけど、
 - その一つの脳味噌であんなことやこんなことやそんなことまで
 - 見境なくグチャグチャと考えているわけで、
 - それらを切がついたものから書きなぐっていけばよかろうと。

だったのだが、暫く前から整理整頓の必要は感じてはいたがズルズルで、
そんな状態の中、このボックス・コンセプト。 ・・・ で、踏ん切りがついた。

・・・・・・
・・・・・・

やっぱり 整理整頓は必要 だわ。
そこで趣味以外の何者でもない 写真や音楽への書きなぐり は、
この後、新たなブログへと移行 させようと決断するに至りました。宜しくお願いします。



と言う事で、・・・

全くの趣味である写真と音楽は別ブログに分ける!と意気込んでやってみたものの、
何だか 二重人格者になったみたいで余計にややこしいことに なった。
・・・
ので、今回の試みは止めることにした。ワハハだが、一応やってみた結果だ。
でもスッキリした。  09/06/22 追記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

QLOOKアクセス解析