処々てくてくテケテケ

HOME   TWITTER   FACEBOOK

1ページ2ページ中

音の芋づる#10 : 君は天然色 / 大滝詠一 >>> Cold, Cold Winter / The Pixies Three

2011.07.29 | ○ 音の芋づる
#1 : Abbey Road / Beatles >>> How Dare You! / 10cc
#2 : Art For Art's Sake / 10cc >>> Skateaway / Dire Straits
#3 : Skateaway / Dire Straits >>> Crawlin' King Snake / John Lee Hooker
#4 : Crawlin' King Snake / John Lee Hooker >>> Any Way The Wind Blows / J.J. Cale
#5 : Any Way The Wind Blows / J.J. Cale >>> A Thousand Kisses Deep / Leonard Cohen
#6 : A Thousand Kisses Deep / Leonard Cohen >>> 遠距離やろ?ウチら / 藤井組
#7 : 遠距離やろ?ウチら / 藤井組 >>> 俺ら東京さ行ぐだ / 吉幾三
#8 : 俺ら東京さ行ぐだ / 吉幾三 >>> Are You Ready For The Country / Neil Young

・・・
#9 : Are You Ready For The Country / Neil Young >>> 君は天然色 / 大滝詠一


          



ウォール・オブ・サウンド 」 「 スペクター・サウンド と言えば、

泣く子も黙る'60 年代 サウンドの一翼を担った音です。

 ○ Google 検索 - ウォール・オブ・サウンド

全世界に地下茎を伸ばしたその 「 ウォール・オブ・サウンド 」 は、
ご多分に漏れずここ日本でもしっかりと根を張り巡らし、
耳をすませば今日の音楽のそこかしこに顔を覗かせてもいます。
・・・
日本での第一人者が、大滝詠一氏であることに議論の余地は無いと思いますが、
「 君は天然色 」 を含むアルバム「 A Long Vacation 」 が30年前、1981年作だったとは。

 - CD になって聴きまくった印象が強いからか '90 年辺りのアルバムの感覚だった。

時々小節マットレスから言葉の足がこぼれ墜ちるのが気になりますが、
なるほど未だ日本社会に 「 リゾート 」 の 「 リ 」 の字もない時代のこと、致し方ありません。

・・・・・・
・・・・・・

しかしながら、シャンシャンシャンシャン とクリスマスイメージだった 「 ウォール・オブ・サウンド 」 を、

 ○ Wikipedia - フィル・スペクター

   Christmas Gift for You From Phil SpectorChristmas Gift for You From Phil Spector
1963 - Phil Spector

曲名リスト
1. White Christmas - Darlene Love
2. Frosty The Snowman - Ronettes
3. The Bells Of St. Mary - Bob B. Soxx And The Blue Jeans
4. Santa Claus Is Coming To Town - Crystals
5. Sleigh Ride - Ronettes
6. Marshmallow World - Darlene Love
7. I Saw Mommy Kissing Santa Claus - Ronettes
8. Rudolph The Red-Nosed Reindeer - Crystals
9. Winter Wonderland - Darlene Love
10. Parade Of The Wooden Soldiers - Crystals
11. Christmas (Baby Please Come Home) - Darlene Love
12. Here Comes Santa Claus - Bob B. Soxx And The Blue Jeans
13. Silent Night - Phil Spector And Artists

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


事もあろうに、・・・

夏のリゾートのイメージに作り変えてしまった とは実にアッパレです。

 - ここにも これぞ日本人の為せる技 を垣間見ることができます。
 - ・・・
 - 比べるでもないですが、あのスペクター・フリークのロイ・ウッドでさえ、
 - 「 I Wish It Could Be Christmas Everyday - もしも毎日がクリスマスだったら 」
 - なんて調子。季節を否定しつつもクリスマスから離れられない優柔不断さなんですもん。
 - 
 -          




とは言え、世界的には類型的観念に支配されていますから、

 - 「 リゾート 」 の 「 リ 」 の字を書く間もなく瓦解した日本リゾート以外で、

ガラパゴス的リゾート・サウンドがこの先青い海原に響き渡るかどうかは遺憾ながら不明です。



 


The Pixies ThreeThe Very Best Of
The Pixies Three

曲名リスト
1. 442 Glenwood Avenue
2. Birthday Party
3. House Party
4. 16 Candles
5. Happy, Happy Birthday Baby
6. Party, Party, Party
7. After The Party
8. Something Beautiful
9. Brand New Boy
10. Orphan Boy
11. Welcome To The Party
12. Summertime USA
13. Love Walked In
14. That's Why I Love My Guy
15. Our Love
16. Your Way
17. Party Lights
18. Our Love
19. The Hootch
20. Gee 2:23
21. Cold, Cold Winter - 1963
22. I'm Torn
23. Love Me, Love Me

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

A Day - DaliDali - in the Life

2011.07.27 | ○ A Day in the Life

ダリダリと空気が the heatfalling 溶けていく。


HeatFalling
※クリックで拡大
*ist DS + Helios 40-2 85mm / F1.5  - F1.5 縦位置、上下をカット


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

壁紙:2011:8月(葉月)のカレンダー

2011.07.21 | ★ Calendar
なでしこ のアメリカ戦 「 おしんサッカー 」 の余韻はなかなかのもんです。

 - なんて書いた私、実は 「 おしん 」 って見たことないんで、そこは脳内ですけれど。

不屈の日本人魂 みたいなものがあるんであれば、それに火が点いてくれるとよかよね。

 - つい笑ってしまったのは我が首相にも感化波及したらしいことで、これには虚を突かれた。

んでも、そんな余韻のひとっかけらであるフジTVの夕方ニュースで、
やたら繰り返して流す、あのがなり立てわめき散らしのゴールシーン実況アナウンスにゃ、
フジの中継を見た奴 「 よくあんなクソ実況に耐えたねぇ 」 と感心します。

 - この十数年、がなりたてりゃOK実況の TBS は避けて来たけれど、
 - フジももはや似たもん同士だね。 酷さなんて真似なくていいのに。

多分、ここでも 日本人の我慢強さ が発揮されたんだろうな、きっと。

・・・・・・
・・・・・・

そりゃそうと ・・・ 今年は東だけじゃなくて全国どっこも節電。
昼過ぎの猛暑は堪んないよ、特に名古屋の蒸し暑さって半端じゃないからね。
節電エアコン停止であの茹だるような暑さの中ミ〜ンミ〜ンミンとやられたらね、
「 こりゃ仕事にならん 」 と普通は考えますでしょ?
・・・
でも、心配は要らないんだよね。
蝉も、んっとに暑い時はあまり鳴かないんですよ、これが。

2011:8月(葉月)
  ※ クリックで拡大:1280 * 850pxl


  - 2011:8月(葉月)
  -   ※ クリックで拡大:1130 * 750pxl

  - 2011:8月(葉月)
  -   ※ クリックで拡大:980 * 650pxl



ところで、意表を突かれてFMでのTV音声の放送も今週でなくなるんだそうで、
ちょくちょく聞いていたそのフジの夕方ニュースも、聞けるのは明日が最後だそう。
・・・
聞き処は何と言っても 「 安藤 - 木村 」 コンビによるボケツッコミの掛け合いで、
特に安藤優子氏の少しピントを外したボケに、木村太郎氏の斜の切り反し。
それを受けていつもムニョムニョフェイドアウトの安藤さん、間髪入れずCMへ。

 - この一連の流れるような毎度のグダグダ落ちは、
 - バラエティのフジだけあって、ここばかりは面目躍如だ。追随許さず。

ま、そんな安藤優子氏は疑う余地など無く、完璧な 「 天然 」 ですわね。
もう二度と聞けないんだなぁ、残念。 時事で笑いたい人は 17:55 。

・・・・・・
・・・・・・

いつもはトイレの壁に掛けてある長谷川ジェット君の 「 イるカ 」 。
・・・
そのピンクの空を真っ青の空に溶かしてみようと持ち出した。
「 イるカ 」 が飛んだ。 うん、夏!

 - ジェット君から展覧会の案内が来ていた。時間のある方は是非。
 - ○ 小杉放菴記念日光美術館 - 夏休み特別企画 美術館は動物園展


2011:8月(葉月) 
  ※ クリックで拡大:1280 * 850pxl


  - 2011:8月(葉月) 
  -   ※ クリックで拡大:1130 * 750pxl

  - 2011:8月(葉月) 
  -   ※ クリックで拡大:980 * 650pxl



「 なでしこ 」 は 英語で 「 Pink 」 だ。

 - そういやぁ、「 菜の花 」 は 「 Rape 」 だったね。

彼の国の人たちもどういう頭の回路を持ってんでしょうねぇ? 不思議。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

A Day - SquereCut - in the Life

2011.07.15 | ○ A Day in the Life

暑い日差し、日陰に朝顔。


SquereCut
※クリックで拡大
*ist DS + Sigma10-20mm/F4-5.6 - 11mm F6.3 縦位置、下1/3をカット


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

酔っ払い運転の助手席 ・・・ Oh Yes I Can

奈落の底に落とされたと云うのに、我が国日本の 酔っ払い政治 は止まらない。
・・・
兎にも角にも、管を捲いてお山の天辺にしがみついての我が管首相の 酔っ払い運転 振りは、
ハード・ランディングこそ我が運転の証 とばかりの傍迷惑さ。

 - やってる 感はかなりあるだろう、御本人は。

人生の先輩である David Crosby にでも教えを請いに行ってきたらどうでしょね?

● Drive My Car - David Crosby

It was one of those nights when you drive
Right by your own street
And you wonder who's running
Your hands and your feet

And your car becomes a capsule
Sometimes you can hide
Last night I just needed
I needed to ride

  I wanted to drive my car didn't really care how far
  I wanted to roam alone
  I wanted to drive my car didn't really care how far
  I wanted to roam alone

I was not out looking for honeys
Oh, I noticed them like usual but not as strong
And the distance between me and my pavement
Seemed to get a hundred yards long

I still feel the wind on my elbow
But I'm driving by the seat of my pants
I keep on tryin' to tune in, tune in on the radio
Trying to tune me out of my trance

  I needed to drive my car didn't really care how far
  I wanted to roam alone
  I wanted to drive my car didn't really care how far
  I wanted to roam alone

< interlude >

At least a car goes where you steer it
Sometimes that's the only thing that does
So I get in it and I drive it just to hear it
And remember this feeling that there was

  I needed to drive my car didn't really care how far
  I wanted to roam alone
  I wanted to drive my car, I <drive, drive, drive>
  I wanted to roam alone
  
  I wanted to drive my car I don't care how far
  I wanted to roam alone


 


音圧もう一つ。なので、ライブ・バージョンも。


 


時は 1989 年、日本社会バブル真っ只中。
ビヨン・ボルグの白シャツ(笑)とこの再起 David Crosby の CD を西武大津で買った。
・・・
ハード・ランディング処方によって日本社会がズブズブと沈んでいくまでに残り2年。

・・・・・・
・・・・・・

ブランドさえあるのかどうかの白シャツは当の昔に行方不明だが、CDはまだ手元にある。

 - Oh Yes I Can.



Oh Yes I CanOh Yes I Can
1989 - David Crosby

曲名リスト
1. Drive My Car
2. Melody
3. Monkey And The Underdog
4. In The Wide Ruin
5. Tracks In The Dust
6. Drop Down Mama
7. Lady Of The Harbor
8. Distances
9. Flying Man
10. Oh Yes I Can
11. My Country 'Tis Of Thee

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

QLOOKアクセス解析