処々てくてくテケテケ

HOME   TWITTER   FACEBOOK

1ページ1ページ中

壁紙:2012:1月(睦月)のカレンダー

2011.12.26 | ★ Calendar
金は天下の回りもの と言う言葉がある。 ・・・ 否、あった。
・・・
わざわざ 「あった」 と断ったのは、それが感覚的には前世紀までのことの様だから。
もはや死語と言うか、意図的に葬り去られた感を強く感じられて致し方ない。

・・・・・・
・・・・・・

話は飛ぶ。最近の水族館の目玉の一つに躍り出てきたのがこれだよね。



 



姿形も美しいけれど、その蠢きにはなんとも言えぬ生の力強さを感じてしまう。

・・・

と同時に、実はこの姿に何となく連想してしまうのが、先の 「金は天下の回りもの」 の言葉で、
つまり、正面の水槽の中の渦巻きが 「日本国内で回っているお金」 に見えて見えて。

 - この20年余、日本のGNPは増えもせず減りもせずと言われている。
 - 即ち、この渦巻きは20年間そのまんまの大きさを保ってきたって言ってるわけだ。

現実にこの 正面の水槽の渦はかなりやせ細って来てる 気がするよね。
・・・
でね、その やせ細った分の渦の群れはどこに? と思うじゃない?
ほらっ横見てみたら、右にも左にもでっかい水槽がドド〜ン とあるわけよ。

 - もう当然の様に 右の水槽にも左の水槽にも大きな渦がグルグル と廻っているわね。

20年前から、且つ加速度を増しながら、
正面の水槽から右の、左の水槽へとゴソゴソゴソと渦の一部は移し変えらられて来たの。
・・・
これが何時まで経ってもどうにもこうにも ・・・ どころか、
益々ゴソゴソゴソ、ゴソゴソゴソと動き出す始末で、止まんない。

 - セッセセッセと正面の渦をバケツですくっている輩も後を絶たずだよね。

・・・・・・
・・・・・・

なのに、・・・
日銀や政府が正面の貧弱渦巻きにお構いなし、黙認の態 なのは、

「右にも左にも日の丸背負った大きな渦があるんだから、それらを足しゃぁ相当なもんよ」

と、御満悦だからとしか思えない。

・・・

然るに突如何食わぬ顔でこんな貧弱渦巻きだろうが、「増税」で襲い掛かる腹積もり。

そう、まさしくこんな具合だ。







これは全館見放題の方々にとっちゃ他愛無い正面水槽だけのエンターメントかもしれないが、
「正面水槽だけ」 なんて言う観覧制限のある市井の人間にとっちゃ辛いわね。

 - リーマン・ショックからズルズルと3年余、もはや正面の水槽は酸素不足だ。

来年こそはウルトラマンが正面水槽にシュワッチしてくれることを御祈りしよう。

・・・

はい先生、質問!・・・ ウルトラマンは水の中にもシュワッチできましたか?

・・・・・・
・・・・・・

はい、いい質問ですね。年の初めにお酒を飲めば、もしかしたら大丈夫かもです。
でも、きちんと盃の蛇の目でウズウズをチェックして下さいね。


2012:1月(睦月)
  ※ クリックで拡大:1280 * 850pxl


  - 2012:1月(睦月)
  -   ※ クリックで拡大:1130 * 750pxl

  - 2012:1月(睦月)
  -   ※ クリックで拡大:980 * 650pxl



お祈りも忘れずに!

2012:1月(睦月)
  ※ クリックで拡大:1280 * 850pxl


  - 2012:1月(睦月)
  -   ※ クリックで拡大:1130 * 750pxl

  - 2012:1月(睦月)
  -   ※ クリックで拡大:980 * 650pxl



ヨーロッパの石の細工も凄いけれど、この日本の木・瓦の細工も凄い!
う〜ん、いやぁ凄い!全く凄い!年が変わっても忘れちゃいけないな。肝に命ず。



2012:1月(睦月)
  ※ クリックで拡大:1280 * 850pxl


  - 2012:1月(睦月)
  -   ※ クリックで拡大:1130 * 750pxl

  - 2012:1月(睦月)
  -   ※ クリックで拡大:980 * 650pxl



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

QLOOKアクセス解析