処々てくてくテケテケ

HOME   TWITTER   FACEBOOK

1ページ2ページ中

壁紙:2013:2月(如月)のカレンダー

2013.01.28 | ★ Calendar
ん? いつの間にやら皆乗せられちゃって!
チョコレート といい、恵方巻 といい、この月の業界仕掛けは華々しい。
・・・
昨年は?と壁紙カレンダーを見返してみれば、ピーナッツ
そうそう、そうだった延々とピーナッツを食っていた。

・・・・・・
・・・・・・

今年はそうですねぇ、豆食う代わりにその 恵方巻 にかぶりつきましょうかね。
ピーナッツ でも聴きながら。


2013:2月(如月) 
※ クリックで拡大:1280 * 850pxl



2013:2月(如月) 
※ クリックで拡大:1130 * 750pxl


2013:2月(如月) 
※ クリックで拡大:980 * 650pxl



そうしましょ。
今年は、「 耳からピーナッツ、口から恵方巻 」
・・・
これは長さが10分余、丁度いい長さじゃなかろうか。








デュオに関しちゃ、後にも先にもこのザ・ピーナッツに比肩する人達は見当たりませんねぇ。

日本だけじゃなく、世界を見回しても。

そんな私もちゃんと聴いたのは、80年代半ばのこと。
彼女達の引退から既に10年余り経っていたけれど、
それから更に25年余の今 ・・・ やはり素晴らしいなぁ、息も出来ない位に。



ザ・ピーナッツ ベストアルバムザ・ピーナッツ ベストアルバム
ザ・ピーナッツ

曲名リスト
1. 南京豆売り(THE PEANUTS VENDOR)
2. 可愛い花(PETITE FLEUR)
3. 悲しき16才(HEARTACHES AT SWEET SIXTEEN)
4. 恋のバカンス
5. 心の窓にともし灯を
6. 情熱の花(PASSION FLOWER)
7. 乙女の祈り(MAIDEN’S PRAYER)
8. 月影のナポリ(TINTARELLA DI LUNA)
9. ふりむかないで
10. ヘロー・メリー・ルー(HELLO,MARY LOU)
11. マイ・ホーム・タウン(MY HOME TOWN)
12. ルナ・ナポリターナ(LUNA NAPOLETANA)
13. 愛のフィナーレ
14. ウナ・セラ・ディ東京
15. レモンのキッス(LIKE I DO)
16. ジューン・ブライド
17. 銀色の道
18. ローマの雨
19. 恋のフーガ
20. 恋のオフェリア
21. 東京の女(ひと)
22. 大阪の女(ひと)
23. なんの気なしに
24. 指輪のあとに
25. スター・ダスト(STAR DUST)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

・・・・・・
・・・・・・

ところで、月が改まっても3日なんてアッという間に過ぎてしまう。
賞味期間の短いカレンダーに為りかねないのが少々気掛かりだ。
なので、汎用性に神経質な人向けに、この源氏-ハート-パイ・バージョン。
はい、ハートピカリンっ!の目出度い御利益付き。


2013:2月(如月) 
※ クリックで拡大:1280 * 850pxl



2013:2月(如月) 
※ クリックで拡大:1130 * 750pxl



2013:2月(如月) 
※ クリックで拡大:980 * 650pxl


・・・・・・
・・・・・・

おっと、いけない。言い忘れるところ。
今年の恵方は 「 」 だ。

「 南南東 」 と喧伝しているけれど間違っちゃいけない。「 」 だ。

どうせだから、昼前11時にかぶり付くことにするかな。



平成25年 恵方.jpg


名古屋からは、丁度渥美半島の先っちょ辺りに見当を付ければよさそうだ。

・・・・・・
・・・・・・

・・・・・・
・・・・・・

・・・・・・
・・・・・・

見えねぇよ。



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

smc FA★ 24mm F2 AL - #3

2013.01.18 | ○ Teku*-Kasha*

Teku*-Kasha*
「 smc FA★ 24mm F2 AL - #3 」




Seesaa - smc FA★ 24mm F2 AL - #3

※写真をクリックすると別室ブログのページを開きます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


白い車が直ぐ横の角を曲った際、グラフィカルな模様が一瞬浮かび上がったのです。
・・・
一度は通り過ぎたんですけどね、脳味噌に焼きついた残像に呼び戻されました。
柔らかな日差しの中に、リアフェンダーについた傷は一時だけ艶かしい顔を覗かせます。



カバンの中にあるクリアファイルなりノートなりをレフ代わりにフェンダー側面に当てて撮影。
これ以上ない無理な格好で撮っている。他人には見れれたくないものだ。
・・・
私もその一人なのだが、「 FA★24mm F2 AL 」 については皆が叩き過ぎ(笑)の感もありで、
となると、今更ではあるけれども必要以上の叩き過ぎには反発もしたくもなろうというもの。
またしばしば 「 開放での写り具合 」 を聞かれたりもするので、ここに新たなページを設けることにしたわけである。






続きは、別室ブログページ 「 smc FA★ 24mm F2 AL - #3 」 へどうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

A Day - White Bear - in the Life

2013.01.09 | ○ A Day in the Life

White Bear


White Bear
※クリックで拡大 1100*1100pxl
K20D + M50mm/F1.4 - F2.4 上下をカット


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この寒さはしろくま君には恩恵だろうけど、
そもそも日本なんかの、それも檻に囲われての生活なんて苦痛だろうなぁ。
同情する。

遠い過去の北極世界の夢を見たりはするんだろうか?

しかし、私を睨むその眼の怖さったりゃありゃしない。やめて。





White Bear 」 と言えば、
John Manning のこのアルバムを思い出さずにはいられない。
・・・
まだ学生だった頃に復刻盤シリーズの一枚として出されたのが出会いであったが、
CD時代に入って長いことお蔵入り。
やっと出たのが丁度10年前のことだ。
・・・
勝手にその音から今の今までカナダ人と信じきっていた。
CD,そして件のLPのジャケやインナー解説のどこにもそんな記述がない。

・・・・・・
・・・・・・

勘違いとは面白いもんだ。
針を落として流れてきた岩に染入るような生ギターを聴いたその時から
今日久しぶりにプレイヤーにCDをセットするまでのおよそ30年間。

しんしんと降る積もる雪国で外出もままならぬ山小屋の中で、
春が芽吹くのをじっと忍耐強く待っている。 ・・・な、42分半だもの。


静寂に満ちた家の中で自分達の息遣いだけが聴こえてくる。
音数の少ないサウンドはその甲斐あって人の温もりを実感させることになる。
この際、心に向き合い春を待とうじゃないの。
と、私なんか聴くたびに思う。・・・んだけどね。
・・・
同時代のSSWに見られるウディ・ガスリー気配も無ければ、
フライング・ブリトゥやバッファロー辺りのカントリー臭もなし。
特異な人だ。


ホワイト・ベアホワイト・ベア
1971 - ジョン・マニング

曲名リスト
1. リーヴィング・ホーム・アゲイン
2. テーマ・フロム・H+2
3. フリー・クリニック・ソング
4. ウォーム・インサイド
5. ミュージック・ビロングス・トゥ・ザ・ピープル
6. ハード・オン・ザ・ロード・トゥ・ニュー・メキシコ
7. マザー・アース
8. ザ・ホール・ソング
9. ダウン・インサイド・ザ・ジャングル

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本家はLPも、そしてさも当り前の如くCDも未発売。
このアルバムを思い出したように再発してくれるのは、この日本くらいのもんだ。

・・・・・・
・・・・・・

そもそもは Dennis Hopper 「 The American Dreamer 」 に
曲を提供したのがアルバム製作の切っ掛けのよう。

そうだなどうせだから、そのサントラの曲目リストを書いておこうかな。

The American Dreamer - Sound Truck
------------------------------------------
A1 American Dreamer - Gene Clark
A2 Pass Me By - Hello People
A3 Whole Song - John Manning
A4 Outlaw Song - Gene Clark
A5 Easy Rider,1970 - Chris Sikelianos

B1 The Screaming Metaphysical Blues - John Buck Wilkin
B2 Hard Road To New Mexico - John Manning
B3 Look At Me, Mama - John Buck Wilkin
B4 Sun,Moon and Stars - John Buck Wilkin
B5 The Other Side Of This Life - Abbey Road Singers

ついでに、その 「 The American Dreamer 」 そのものを観たい人のために
○ YouTube - The American Dreamer (1971 Dennis Hopper documentary)
まるまる90分完全版だ。

・・・・・・
・・・・・・

Hard Road To New Mexico 」 だなんて、
こりゃもう 「 Easy-Rider 」 を思い起こさない人なんていませんわね。





でもなんで 「 White Bear 」 なんてタイトルなんだろ?
さっぱり判んないけど、何となく判りそうな気だけはしている。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

音の芋づる#15 : Without You / Nilsson >>> Should I do it / Pointer Sisters

2013.01.08 | ○ 音の芋づる
#1 : Abbey Road / Beatles >>> How Dare You! / 10cc
#2 : Art For Art's Sake / 10cc >>> Skateaway / Dire Straits
#3 : Skateaway / Dire Straits >>> Crawlin' King Snake / John Lee Hooker
#4 : Crawlin' King Snake / John Lee Hooker >>> Any Way The Wind Blows / J.J. Cale
#5 : Any Way The Wind Blows / J.J. Cale >>> A Thousand Kisses Deep / Leonard Cohen
#6 : A Thousand Kisses Deep / Leonard Cohen >>> 遠距離やろ?ウチら / 藤井組
#7 : 遠距離やろ?ウチら / 藤井組 >>> 俺ら東京さ行ぐだ / 吉幾三
#8 : 俺ら東京さ行ぐだ / 吉幾三 >>> Are You Ready For The Country / Neil Young
#9 : Are You Ready For The Country / Neil Young >>> 君は天然色 / 大滝詠一
#10 : 君は天然色 / 大滝詠一 >>> Cold, Cold Winter / The Pixies Three
#11 : Cold, Cold Winter / The Pixies Three >>> Jingle Bells / Michael Buble & The Puppini Sisters
#12 : Jingle Bells / Michael Buble & The Puppini Sisters >>> I'm Gonna Make You Love Me / Diana Ross & the Supremes Join the Temptations
#13 : I'm Gonna Make You Love Me / Diana Ross & the Supremes Join the Temptations >>> Reach Out / 彩恵津子

・・・
#14 : Reach Out / 彩恵津子 >>> Without You / Nilsson






アルバム 「 Nilsson Schmilsson 」 と次作 「 Son Of Schmilsson 」 の
プロデューサーは Richard Perry

とは言え 「 Son Of Schmilsson 」 は、
ベースの Klaus Vormann を残して他は総入替えの様。
皆、あちらへこちらへと忙しかったんだろう。


リチャード・ペリーは'60年代後半に
Fat's DominoElla Fitzgerald の再起作でそこそこ当てたらしいのだが、
その名を確実にしたのは Barbra Streisand
'71作 「 Stoney End 」 と 「 Barbra Joan Streisand 」 の成功だろう。
・・・
勿論 Nilsson も。そぅしてあの Carly Simon'72年作 「 No Secrets 」 と続くわけだ。

バーバラ・ストライザンドとニルソンの繋がりが?だが、
これはおそらく Randy Newman 繋がりだろうし、
カーリー・サイモンへはニルソン人脈のように思える。


・・・・・・
・・・・・・

カーリー・サイモンの 「 You're So Vain 」 は
ミック・ジャガーがコーラスで参加とプロデュース力も見せ付けるが、
ドラムが Jim Gordon にベースが Klaus Voormann と
「 Nilsson Schmilsson 」 のリズム隊横滑りなのはフフフではある。
・・・
では、「 You're So Vain : うつろな愛 」 をどうぞ。
・・・と行きたいところなんだけど、昔に一度書いているんでパス。

ゴリゴリ'ドイツ人だなぁ'ベースのクラウス・フォアマンの
ゴロゴロなイントロがとっても印象的!なのでこちらでどうぞ。

○ 貴方はノラ猫 ・・・ ゴロゴロスリスリ

その後も何作かカーリー・サイモンをプロデュースすると同時に、
Ringo StarrArt Garfunkel の諸作は彼がやっていたと記憶する。
・・・
お気づきのように、ヴォーカルものに力を発揮する人である。
他もあるんだろうが、そうこうしているうちに私の鬼門'80年代へと突入し、
私のレコード棚から彼の名が消える最後のアルバムの一曲がこれだった。






● Should I Do It - Layng Martine,Jr.

I swore when he hurt me so
I wouldn't see him anymore
But today he called my name
Oh, I could feel the same old flame

Should I do it, should I fall?
Should I do it after all?
Is it crazy, is it right?
I really wanna love him tonight

Should I do it, should I play?
Can I help it anyway?
When I feel him hold me tight
I'm gonna turn on like a light


I know when we're in his car
I couldn't go just so far
I wanna give him everything
So when I hear the telephone ring, yeah

Should I do it, should I fall?
Should I do it after all?
Is it crazy, is it right?
I really wanna love him tonight

Should I do it, should I play?
Can I help it anyway?
When I feel him hold me tight
I'm gonna turn on like a light


Oh, I'm so lonely and he's so fine
Maybe I should swallow my pride
Just one, one, one more time, yeah

< Interlude >

I really got to know
Should I do it, should I fall?
Should I do it after all?
Is it crazy, is it right?
I really wanna love him tonight

Should I do it, should I play?
Can I help it anyway?
When I feel him hold me tight
I'm gonna turn on like a light

Should I do it? Should I do it?
Should I do it? Should I do it?
Should I do it? Should I do it?
Should I do it? Should I do it?

曲もそうだが、髪や服装もまんま'80s ですな。


Priority/Black & WhitePriority / Black & White
1979 & 1981 - The Pointer Sisters

曲名リスト
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

'80年作を抜かして'79と'81の 2in1。
・・・
私にとってポインター・シスターズは、'70年代だ。特に前半に尽きる。
'79年作 「 Priority 」 はまだ R&B色を濃くしているんだけれど、
'81年作に至るともはや当時の 「 Black Contemporary 」そのもの、
日本で飛び交っていた言葉 「 ブラコン 」 と口に出せばピッタリの
くたくたぺたぺたリズムとピーヒョロロなシンセ音が耳に付き始める。

・・・・・・
・・・・・・

アルバムの曲リストが無いので書いておこう。
ついでに作者も書いておいた。両アルバムの色の違いが明確になるはずだ。
・・・
Priority
1 Who Do You Love - Ian Hunter
2 All Your Love - Bob Seger
3 Dreaming as One - David Palmer / William D."Smitty" Smith
4 Turned Up Too Late - Graham Parker
5 Happy - Mick Jagger / Keith Richards
6 Blind Faith - Joe Egan / Gerry Rafferty
7 Don't Let a Thief Steal into Your Heart - Richard Thompson
8 (She's Got) The Fever - Bruce Springsteen
9 The Shape I'm In - Robbie Robertson
・・・Bonus Truck・・・
10 Nothin' But a Heartache - Michael McDonald

Black & White
1 Sweet Lover Man (Now) - Jerry Ragovoy / Lenny Roberts
2 Someday We'll Be Together - Russ Ballard
3 Take My Heart, Take My Soul - Micky Denne / Ken Gold
4 Slow Hand - John Bettis / Michael Clark
5 We're Gonna Make It - Anita Pointer / June Pointer
6 What a Surprise - Trevor Lawrence / Anita Pointer / June Pointer
7 Got to Find Love - David Lasley / Willie Wilcox
8 Fall in Love Again - Rev. Patrick Henderson / Wornell Jones
9 Should I Do It - Layng Martine, Jr.
・・・Bonus Truck・・・
10 Holdin' Out for Love - Tom Snow / Cynthia Weil
11 What a Surprise - Trevor Lawrence / Anita Pointer / June Pointer

・・・・・・
・・・・・・

一応ベスト盤も手元にあるので聴いてはみたのだが、
いやはや'80年代以降のポインター・シスターズは地獄の責め苦であった。
つくづく私は'80年代洋モノとの相性が悪いのを再確認した。
・・・
いっとき「よく'80年代をやり過ごせたもんだ」と頭を捻っていたのだが、
'80年代の音は邦モノの方が上だったから何の不思議でもないのであった。

・・・

元々仕込んだまま放っておいたのもここまで。
さてと、この後どこへ芋づるかな。



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

音の芋づる#14 : Reach Out / 彩恵津子 >>> Without You / Nilsson

2013.01.06 | ○ 音の芋づる
#1 : Abbey Road / Beatles >>> How Dare You! / 10cc
#2 : Art For Art's Sake / 10cc >>> Skateaway / Dire Straits
#3 : Skateaway / Dire Straits >>> Crawlin' King Snake / John Lee Hooker
#4 : Crawlin' King Snake / John Lee Hooker >>> Any Way The Wind Blows / J.J. Cale
#5 : Any Way The Wind Blows / J.J. Cale >>> A Thousand Kisses Deep / Leonard Cohen
#6 : A Thousand Kisses Deep / Leonard Cohen >>> 遠距離やろ?ウチら / 藤井組
#7 : 遠距離やろ?ウチら / 藤井組 >>> 俺ら東京さ行ぐだ / 吉幾三
#8 : 俺ら東京さ行ぐだ / 吉幾三 >>> Are You Ready For The Country / Neil Young
#9 : Are You Ready For The Country / Neil Young >>> 君は天然色 / 大滝詠一
#10 : 君は天然色 / 大滝詠一 >>> Cold, Cold Winter / The Pixies Three
#11 : Cold, Cold Winter / The Pixies Three >>> Jingle Bells / Michael Buble & The Puppini Sisters
#12 : Jingle Bells / Michael Buble & The Puppini Sisters >>> I'm Gonna Make You Love Me / Diana Ross & the Supremes Join the Temptations

・・・
#13 : I'm Gonna Make You Love Me / Diana Ross & the Supremes Join the Temptations >>> Reach Out / 彩恵津子






日本語は全てに母音 「 あ、い、う、え、お 」 が含まれていますから、
この母音の発声が美しいことこそは本当に大事だと改めて感じます。

例えば、
私が、一時代に誰彼となく賛美していたあのユーミンを苦手なのはそのせいです。
特に小節の最後は母音を伸ばして曲を成り立たせますが、
その母音が濁りに濁って強調されるのには閉口するばかりです。
彼女ほど母音の汚い歌い手もいねぇなぁ、と。
・・・
こんなこと飲み屋じゃ大っぴらにゃ言えません。
なんてったて大勢の敵を作ってしまいますからね。


フェイドアウトしながらスゥ〜と大気の中に溶け込んでいく歌声、
♪ Without Love, Without You 〜
いつまでも心地よく耳元に美しい 「 母音 」 が纏います。

・・・・・・
・・・・・・

♪ Without You

「 Without You 」 か ・・・ あぁ、もうこれしか浮ばない!





● Without You - Tom Evans / Pete Ham

I can't forget this evening
Or your face as you were leaving
But I guess that's just the way the story goes
You always smile but in your eyes your sorrow shows
Yes, it shows

No, I can't forget tomorrow
When I think of all my sorrow
When I had you there but then I let you go
And now it's only fair that I should let you know
What you should know

I can't live if living is without you
I can't live, I can't give any more
I can't live if living is without you
I can't give, I can't give any more


No, I can't forget this evening
Or your face as you were leaving
But I guess that's just the way the story goes
You always smile but in your eyes your sorrow shows
Yes, it shows

I can't live if living is without you
I can't live, I can't give anymore
I can't live if living is without you
I can't live, I can't give anymore

当時はまわりに洋楽を聴く奴なんて殆どいなかったから、
最初にラジオで聴いた時はてっきり女の人だと思ったんだよなぁ。
・・・
で、隣の組のK君がシングル盤を買って来て、おやまぁ!

えぇ正に、上の YouTube の写真のね。

ちなみにその頃私が買ったシングルは 「 Badfinger : Day After Day

・・・・・・
・・・・・・

ニルソンは 「 Everybody's Talkin' / 噂の男 」 なんてヒット曲でも有名だったのだが、
当時の私にそんな知識はない、「 ウィザウチュー、いい歌だなぁ 」 と思うのみ。
・・・
の、「 ウィザウチュー 」 はニルソン自作ではなく実は他人曲のカバーなんだな。
けど、「 ♪ 〜 he story goes 」 の 「 story 〜 goes 」 がオリジナルの一音上がりに対し、
ニルソンは二音上がりで唄っている。

例えば、「 ド〜レ 」 が 「 ド〜ミ 」 に。

これでサビへの繋がりが一段とスムーズになっているし、
更にそのサビに於いては1オクターブ上を唄うというとんでもなさで、
悴んでいた歌が手の平を太陽に力いっぱい差し出したような拡がりを見せている。
・・・
ニルソンのアレンジ力によって名曲の仲間入りをしたといっても過言じゃあない。
まぁ歌唱力なり声域の広さあってのアレンジなのだが、アッパレだ。


Nilsson SchmilssonNilsson Schmilsson
1971 - Harry Nilsson

曲名リスト
1. Gotta Get Up
2. Driving Along
3. Early in the Morning
4. The Moonbeam Song
5. Down
6. Without You
7. Coconut
8. Let the Good Times Roll
9. Jump into the Fire
10. I'll Never Leave
11. Si No Estas Tu (Spanish Version of "Without You")
12. How Can I Be Sure of You
13. The Moonbeam Song (Demo Version)
14. Lamaze
15. Old Forgotten Soldier (Demo Version)
16. Gotta Get Up (Demo Version)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ミュージシャンのクレジットを見てみれば、
Drums が Jim Gordon に Jim Keltner 、bass が Klaus Voorman に Herbie Flowers、
Guiter にChris Speding、Piano に Gary Wright 等と
こりゃ当時のジョン、ジョージ人脈と丸被りで、思わず笑みがこぼれる。
・・・
声質からも察せられるのだが、
その声量に合せたアルバムに於ける少々過剰なサウンドプロダクションを思うと、
彼は結構ミュージカル好きなんだろうな。
ランディ・ニューマンほどひねくれちゃいないが似た質感がある。
いっそのことアルバム一枚、ランディ・ニューマンづくしでもやりゃよかっ・・・
・・・
あ、前の年に作ってたか。

・・・・・・
・・・・・・

私の買った 「 Badfinger : Day After Day 」 も非常に美しい曲で、
殊更シンプルなジョージのスライドのフレーズが
流れるようなメロディをより高みに昇華させるスパイスとなり、聴き惚れの一品。
・・・
Without You 」 ももう少し練りこめば、自分たちで高みに行けただろうになぁ。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


追記:例の安価5枚組みも出ておりますね。今見てみたら、¥1,867円。安っ!
「 Nilsson Sings Newman 」 は外れてるけど。

Harry Nilsson (Original Album Classics)Harry Nilsson (Original Album Classics)
Harry Nilsson

曲名リスト
1. Gotta Get Up - Nilsson Schmilsson
2. Driving Along - Nilsson Schmilsson
3. Early In The Morning - Nilsson Schmilsson
4. The Moonbeam Song - Nilsson Schmilsson
5. Down - Nilsson Schmilsson
6. Without You - Nilsson Schmilsson
7. Coconut - Nilsson Schmilsson
8. Let The Good Times Roll - Nilsson Schmilsson
9. Jump Into The Fire - Nilsson Schmilsson
10. I'll Never Leave You - Nilsson Schmilsson
11. Si No Estas Tu - Nilsson Schmilsson
12. How Can I Be Sure Of You * - Nilsson Schmilsson
13. The Moonbeam Song * - Nilsson Schmilsson
14. Lamaze * - Nilsson Schmilsson
15. Old Forgotten Soldier * - Nilsson Schmilsson
16. Gotta Get Up * - Nilsson Schmilsson

1. Lazy Moon - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
2. For Me And My Gal - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
3. It Had To Be You - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
4. Always - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
5. Makin' Whoopee! - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
6. You Made Me Love You - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
7. Lullaby In Ragtime - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
8. I Wonder Who's Kissing Her Now - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
9. What'll I Do - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
10. Nevertheless (I'm In Love With You) - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
11. This Is All I Ask - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
12. As Time Goes By - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
13. I'm Always Chasing Rainbows * - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
14. Make Believe * - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
15. Trust In Me * - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
16. It's Only A Paper Moon * - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
17. Thanks For The Memory * - A Little Touch Of Schmilsson In The Night
18. Over The Rainbow * - A Little Touch Of Schmilsson In The Night

1. Daddy's Song - Aerial Ballet
2. Good Old Desk - Aerial Ballet
3. Don't Leave Me - Aerial Ballet
4. Mr. Richland's Favorite Song - Aerial Ballet
5. Little Cowboy - Aerial Ballet
6. Together - Aerial Ballet
7. Everbody's Talkin' (From "Midnight Cowboy") - Aerial Ballet
8. I Said Goodbye To Me - Aerial Ballet
9. Little Cowboy - Aerial Ballet
10. Mr. Tinker - Aerial Ballet
11. One - Aerial Ballet
12. The Waiting Of The Willow - Aerial Ballet
13. Bath - Aerial Ballet
14. Sister Marie * - Aerial Ballet
15. Miss Butter's Lament * - Aerial Ballet
16. Girlfriend * - Aerial Ballet

1. The Puppy Song - Harry
2. Nobody Cares About The Railroads Anymore - Harry
3. Open Your Window - Harry
4. Mother Nature's Son - Harry
5. Fairfax Rag - Harry
6. City Life - Harry
7. Mournin' Glory Story - Harry
8. Maybe - Harry
9. Marchin' Down Broadway - Harry
10. I Guess The Lord Must Be In New York City - Harry
11. Rainmaker - Harry
12. Mr. Bojangles - Harry
13. Simon Smith And The Amazing Dancing Bear - Harry
14. Waiting (Non-LP Single Version) * - Harry
15. Rainmaker (Mono Version) * - Harry
16. Wasting My Time * - Harry

1. Take 54 - Son Of Schmilsson
2. Remember (Christmas) - Son Of Schmilsson
3. Joy - Son Of Schmilsson
4. Turn On Your Radio - Son Of Schmilsson
5. You're Breakin' My Heart - Son Of Schmilsson
6. Spaceman - Son Of Schmilsson
7. The Lottery Song - Son Of Schmilsson
8. At My Front Door - Son Of Schmilsson
9. Ambush - Son Of Schmilsson
10. I'd Rather Be Dead - Son Of Schmilsson
11. The Most Beautiful World In The World - Son Of Schmilsson
12. What's Your Sign? * - Son Of Schmilsson
13. Take 54 * - Son Of Schmilsson
14. Campo De Encino * - Son Of Schmilsson
15. Daybreak (Single Version) * - Son Of Schmilsson
16. It Had To Be You (Jam Session) * - Son Of Schmilsson
17. * Bonus Track not on original album

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 

QLOOKアクセス解析