処々てくてくテケテケ

HOME   TWITTER   FACEBOOK

ペンタックス付属ソフトで楽しむ 「銀残し」 ・・・ その弐


♂ × ♀

♂×♀-000
K10D + FA77mm Limited / F1.8 - F3.2
Jpeg / ナチュラル ; 彩度・シャープネス・コントラスト設定は全て±0
撮影時露出補正 : - 0.3

***
※ 全ての写真はクリックで拡大します


以前にも書いたことがあるんだけれど、私のお気に入りは Kodachrome だった。
その Kodachrome 二年余り前に製造が中止になり、
と言うか、既に現像の不便さはその数年前からのことで時代は確実に変化していた。
そして最近ニュースなどで散見する様に Kodak そのものが終焉を迎えそうである。
・・・
カメラ情報サイトを覗くことが殆どなくなったのでそちらでの情報は持たないのだが、
むしろこういった記事の方が私には面白く読めたので、リンクを貼っておきたい。

 ○ J.B.Press - 瀕死のコダックと飛躍する富士フイルム (12.01.18 The Economist)

既に Sakura (Konica) もないしなぁ、お世話になっただけに何ともやるせない。
・・・
でも、ここんところすっかりフィルムに戻ったのではあるけれど、ほぼモノクロ。
なので、やるせないのは確かだが感傷に浸る時期などとうに過ぎているのも現実だ。

※ 120120 追記 : 結局、コダックは破産申請したそう。大変だ、お大事に。


・・・・・・
・・・・・・


ところでリバーサルフィルムはネガフィルムより露出にシビアであったから、
いやぁ露出補正についちゃこれでもかと勉強させられた。
・・・
故にカメラがデジタルになったからと言って、
どう出るか判らぬ評価測光などより中央重点測光で露出補正の方が余程信頼に足る。
ポートレイトを撮る時だけは、中央重点とスポットとで半々位かな。
・・・
当り前だが、このやり方でこれまで何らの不都合を感じたことはない。
と、わざわざ断るのも、キャノンであろうがニコンであろうが各社の評価測光などより、
中央重点測光で露出補正の方が理屈的にも腑に落ちるし、結果も確実なのね。

・・・

そこでですね、まだカメラ初心者の方々など、
撮った写真が明るくなったり暗くなったりと訳もわからず悶々としている人は、
被写体の色や明るさによってどの程度の露出補正を掛ければよいか
を理解できれば、3日で飛び級。

悶々と評価測光なんかで過す日々を思えば安いもん。
この本なんかは、1,260円だ。



HMV - よくわかる一眼レフ露出のテクニック

・・・

Amazon では目次だけだが中が覗ける。○ よくわかる一眼レフ露出のテクニック

よくわかる一眼レフ露出のテクニック
※ Amazon の本中身紹介ページをキャプチャ
花だとか風景だとか人物だとか被写体毎に
+か−か、どの程度の露出補正をすればよいかが細かに記してある。


・・・・・・
・・・・・・


これは敷地境界を示すの杭。直横にパックリと口を開いた団栗が転がっている。
をそっと置いてみた。さて芽を出すかな?


♂×♀-none
銀残し : Filter - None


前回と同様に PENTAX Digital Camera Utility 4 ( PDCU4 ) で 「 銀残し 」
カラーフィルターはデフォルトが 「グリ−ン」 のようだが、まずは 「なし」 で。
・・・
今回も、各カラーフィルターを掛けたものを順番に掲げておこう。
前回と違って、寒色系のものの方が艶かしくて興奮しちゃうよね。


♂×♀-green
銀残し : Filter - Green



♂×♀-cyan
銀残し : Filter - Cyan



♂×♀-blue
銀残し : Filter - Blue



♂×♀-perple
銀残し : Filter - Purple



♂×♀-magenta
銀残し : Filter - Magenta



♂×♀-red
銀残し : Filter - Red



♂×♀-orange
銀残し : Filter - Orange



♂×♀-yellow
銀残し : Filter - Yellow



・・・・・・
・・・・・・

・・・・・・
・・・・・・

・・・・・・
・・・・・・


● When A Man Loves A Woman - Calvin Lewis / Andrew Wright

When a man loves a woman
Can't keep his mind on nothing else
He'll trade the world
For the good thing he's found

If she's bad he can't see it
She can do no wrong
Turn his back on his best friend
If he put her down

When a man loves a woman
Spend his very last dime
Tryin' to hold on to what he needs

He'd give up all his comfort
Sleep out in the rain
If she said that's the way it ought to be

- Well, this man loves a woman -
- I gave you everything I had -
- Tryin' to hold on to your precious love -
- Baby, please don't treat me bad -

When a man loves a woman
Down deep in his soul
She can bring him such misery

If she plays him for a fool
He's the last one to know
Lovin' eyes can't ever see

When a man loves a woman
He can do no wrong
He can never own some other girl

Yes when a man loves a woman
I know exactly how he feels
'Cause baby, baby, baby, you're my world

When a man loves a woman ・・・





1966年の愛は盲目、痘痕も笑窪、金よりも君。
そして針は千本。あ、いい意味でね ・・・ いや違うな、45年も経てば。

・・・

出来れば HMV でアルバムの紹介をしたいのだが、売っているのにリンクを拾えない。
HMV さん、国内版のリンクが拾えないように感じます。しっかりして下さい。


で、これがディープサザンソウルの名盤の一枚、Percy Sledge の 2nd 。

男が女を愛する時男が女を愛する時
パーシー・スレッジ

曲名リスト
1. 男が女を愛する時
2. マイ・アドラブル・ワン
3. ひとかけらの愛
4. ラヴ・ミー・オール・ザ・ウェイ
5. 彼女の手がふれる時
6. 泣きっつらにハチ
7. 夜の盗賊
8. ユー・フールド・ミー
9. 愛のひろがり
10. サクセス
11. ラヴ・ミー・ライク・ユー・ミーン・イット

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この位の大御所ならベスト盤の方がと言う人はこれなんか。

Platinum CollectionPlatinum Collection
Percy Sledge

曲名リスト
1. When A Man Loves A Woman
2. Warm And Tender Love
3. It Tears Me Up
4. Try A Little Tenderness
5. The Dark End Of The Street
6. Take Time To Know Her
7. True Love Travels On A Gravel Road
8. Stop The World Tonight
9. It's All Wrong But It's Alright
10. Out Of Left Field
11. Cover Me
12. Put A Little Lovin' On Me
13. Love Me Like You Mean It
14. I'm Hanging Up My Heart For You
15. Bless Your Sweet Little Soul
16. Sudden Stop
17. Drown In My Own Tears
18. Kind Woman
19. Push Mr. Pride Aside
20. It Can't Be Stopped
21. Love Me Tender
22. Rainbow Road

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



さてこの1年後の 1967年に爆発的ヒットとなり、
今日に至るまであっちこっちそっちどっちと流れて来るのが、





● A Whiter Shade of Pale        
          - Gary Brooker & Matthew Fisher / Keith Reid

< Intro - Organ Solo >

We skipped the light fandango
turned cartwheels 'cross the floor
I was feeling kinda seasick
but the crowd called out for more
The room was humming harder
as the ceiling flew away
When we called out for another drink
the waiter brought a tray

And so it was that later
as the miller told his tale
that her face, at first just ghostly,
turned a whiter shade of pale

< Interlude - Organ Solo >

She said, 'There is no reason
and the truth is plain to see.'
But I wandered through my playing cards
and would not let her be
one of sixteen vestal virgins
who were leaving for the coast
and although my eyes were open
they might have just as well've been closed

And so it was that later
as the miller told his tale
that her face, at first just ghostly,
turned a whiter shade of pale

< Interlude - Organ Solo >

And so it was that later
as the miller ・・・


まぁなんのかんの言ったって、これは誰かれ問わずに
Matthew Fisher のオルガンの音が頭蓋骨の中を反響しまくるんでしょうね。
最初の一音を聴いてしまった途端に体が固まってしまいます。
・・・
そんな事実もあって、つい近年に醜い争いがあったようで、
ソロになってからの Gary Brooker も Matthew Fisher も好きだったので悲しいわ。

○ 「青い影」を巡る裁判 - Wikipedia

歌詞はブリティッシュロックで時たま出くわす叙事詩の類で、
実際にどんな出来事について謳ったかが判ると糸が解れスッキリするんだが、
そこまで調べる気力もないのでよう判らんですね。


青い影+4(K2HD/紙ジャケット仕様)青い影+4(K2HD/紙ジャケット仕様)
プロコル・ハルム

曲名リスト
1. 青い影
2. 征服者
3. シー・ワンダード
4. フォローイング・ミー
5. メイベル
6. セルデス
7. クリスマス・キャメル
8. 万華鏡
9. サラダ・デイズ
10. グッド・キャプテン・クラック
11. ヴァルプルギスの後悔
12. ライム・ストリート・ブルース
13. ホンバーグ
14. ムッシュ・アーマンド
15. ブルース・オール・ザ・タイム

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



タイトルの 「 A Whiter Shade of Pale 」 は文脈から推察するに、
「 だんだんと血の気が引いていく 」 てなところかな。
・・・
ドンヨリとしたイギリスの海の情景だけは厳しく眼の前に拡がって来るわね。


♂×♀-pale
DxO Optics Pro で露出・彩度・コントラストを調整


新年からそんな寒々しさではドングリから芽が生えてきそうもない。
・・・
それじゃぁいかん。
よってだね、プックリと割れたドングリに出来得る限りの温もり(赤味)を注入したわけさ。



 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURLはこちら
QLOOKアクセス解析