処々てくてくテケテケ

HOME   TWITTER   FACEBOOK

smc FA 50mm F1.4 - #1

2013.02.16 | ○ Teku*-Kasha*

Teku*-Kasha*
「 smc FA 50mm F1.4 - #1 」




Seesaa - smc FA 50mm F1.4 - #1

※写真をクリックすると別室ブログのページを開きます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


スナップも被写体を斜に捕らえてばかりしていると、
ついつい気も緩んで、
その挙句焦点の定まらない締まりのない画ばかりを量産なんてことにもなりますから、
折りあらば自らへの戒めも兼ね、
初心を思い出して水平垂直を意識し被写体に正対するわけです。

・・・

新川を渡る名鉄列車はすぐ横にある駅を発車したばかり。まだスピードはのっていません。
橋の中央に設けられたメンテ用のハシゴに狙いを定めます。

今こうやって見返すと、
コンマ数秒遅らせて乗務員用ドアにハシゴが合えば面白かったよなぁとも反省。



「 水平を取る 」 ことを 「 陸を取る 」 とも言う。古来よりの大工用語である。
「 陸 」 は 「 ろく 」 と読み、つまり 「 ろくをとる 」 と言う。
時に、この 「 陸も取れない 」 こと・ものが 「 ろくでなし 」 と不良品、惹いては不良者と蔑まされることとなる。
・・・
珠にはいいもんである。
モニターに映し出した時に 「 水平がバシッと取れていた写真 」 を見るだけでも気分がよくなる。
スナップは撮る時にダラダラと時間は掛けちゃダメ。正面に来たと感じたら被写体に正対、
そしてファインダーを覗く。

もちろん 「 構えたら水平!だった 」 が理想だ。






続きは、別室ブログページ 「 smc FA 50mm F1.4 - #1 」 へどうぞ。


 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURLはこちら
QLOOKアクセス解析